【九州工業大学 工学部】河野 凌大さん 合格体験記 

宮崎校・

九州工業大学 工学部 合格

 

今回は、見事、九州工業大学に合格した、河野君の合格体験記を紹介します!

 

もし、今この記事を見ている生徒さんや保護者の皆さまで、受験に対してお悩みや不安等がございましたら、下記バナーもしくはお電話にてお気軽にお問い合わせください♪

悩みを解消しスッキリとした気分で受験勉強に集中して志望校合格を勝ち取りましょう!!

無料受験相談

電話番号:0985-72-5052

 

 

入塾時期・成績

入塾時期

高校3年の11月

入塾時の成績

数学・物理・化学が本当にできませんでした。

特に物理はちんぷんかんぷんで、「自分ほど物理が理解できない人間はいないんじゃないか」と本気で思うほどにできませんでした。

模試ごとの偏差値は、

物理 36.9→38.4→41.1 ...

数学 37.3→42.1→45.4 ...

化学 44.0→44.9→48.1 ...

と理系科目が壊滅的でした。

ただ英語が少しだけ得意だったので、偏差値は58.7→62.9→62.8 ...ありました。

校舎長コメント

理系で理系科目が苦手。
入試まで直前期。
しかし目標に向けてまっすぐでブレない心を持っている生徒だなと感じました!

素直さは成績を上げるのに実はとても大事な要素です。

 

武田塾に入ったきっかけ

高校の友達が武田塾のティッシュを見せてきたことがきっかけです。2人で無料受験相談に行きました。

そこで初めて、武田塾が「授業をしない塾」であることを知り、さっぱり分からないのにどんどん進む高校の授業にうんざりしていた私は、「自分のペースで基礎から理解することが大切だ」ということに気づき、入塾を決めました。

ちなみに、私は中学3年から高校3年までの4年間、毎日9時間の授業を受けていました。夏休み、冬休みも全員参加型の補習のため授業漬けの日々で、中学1年からの6年間、夏休みは10日ほどでした。

理解力の乏しかった私は授業についていけるはずもなく、中高一貫校の利点を何ひとつとして活かせないまま、当たり前のように前期試験も後期試験も落ち、浪人生活へと突入しました。

 

武田塾に入ってから勉強法や成績がどのように変わりましたか?

浪人生活に入ってからは、圧倒的に豊富な時間を使って、じっくりじっくり勉強しました

例えば、数学では「基礎問題精講」という問題集を使っていましたが、「なぜこの一文が必要なのか」「解答の一行目がここから始まっているのは、問題文のどこに注目しているからなのか」に注意して勉強するようにしていました。

また、物理は、「物理のエッセンス」という参考書や教科書に書かれていることでさえ、何ひとつとして理解できていなかったので、まずは索引に書かれている物理用語の定義を全てノートにまとめ、暗記していました。

これをしただけで、「物理のエッセンス」や教科書は読めるようになっていました。

このように基礎をガチガチに固めた後、「Can Pass シリーズ」、「良問の風」、「重要問題シリーズ」、「入試の核心」といった問題集を解きました。

成績は、偏差値で見ると、最高で

数学61.3  物理65.7  化学65.3

となっていました。

本当に苦手だったこの3教科全てで、

偏差値が20上がり、センター試験の得点では166点も上がりました。

校舎長コメント

偏差値20UP。

その背景には圧倒的な努力がありました。

毎日自習室に来ていましたし、居眠りした姿を見たことはありません。

苦手を得意に変えることができたのは校舎長のお蔭…では無く彼の努力の賜物です!

 

担当の先生はどうでしたか?

担当のS先生は、2つ上とは思えないほど大人っぽい方でした。

S先生の話はためになるものが多かったので、手帳にメモをとるようにしていました。

また、本当に話していて楽しい方で、よく笑わせて頂きました。

不調に陥った時には相談に乗って頂きました。「お前頑張ってるよ」と声をかけて頂いた時には一気に涙が溢れ出て、皆のいる特訓室で大泣きしたのを覚えています(笑)。

塾長の栗山先生とは、よく数学の話をしました。

目が合えば、数列、整数の話をしていた気がします(笑)。

笑いながら数学について語れることに自分の成長を感じていました。

担当のS先生の紹介記事はコチラ

 

武田塾の思い出を教えてください!

思い出は本当にたくさんあります。濃い一年でした。

常に上手くいっていたわけではありません。

挫折も経験しましたが、それを乗り越えたことで、これから大人になる上で大切なことを学ぶことができた1年でした。

結果として、私は前期試験で横浜国立大学に合格することはできませんでした。

ですが、強がりでもなんでもなく、本当に後悔はありませんでした。

全力でやり切る、とはこういうことなのだろうなあと思いました。

後期試験で九州工業大学の合格を頂けたので、そちらに進学することになりました。自分のやりたいことが存分にできる大学なので、とてもワクワクしています。

現役時代E判定の大学に後期試験で合格することができたので、自分のやってきたことは無駄ではなかったと確信できました。

この1年で学んだことを十二分に発揮して、大学でもしっかり勉強します!

 

好きな参考書ランキング ベスト3

入試の核心(数学)

解答・解説がとにかく見やすいので好きでした。

「process」を読んで、思考の流れを身につけると良いです!

IMG_3614

 

重要問題集(物理)

問題は中々難しいですが、その分完答できた時の快感はたまりません...!

IMG_3611

 

重要問題集(化学)

化学自体好きになったので10周はしました。

構造式決定がパズルみたいで好きでした。

IMG_3610

 

来年度以降の受験生にメッセージ

勉強ができなくても、やることをしっかりやれば成績は必ず上がります!

頑張ってください!

 

無料受験相談

このようにどの生徒もまずは無料受験相談から全て始めます。

人が変われば、そして志望校が変われば、やるべきことは変化します。

無料受験相談では、個別に、具体的に目標達成するためにどうすればよいかをお答えします。

下記バナーよりお申込みいただけますと、改めてお電話によりご案内致しますので、お気軽にお問合せ下さい♪

無料受験相談

 

また、下記に他の生徒さんの合格体験記もありますので、ぜひご覧ください!

青山学院大学に逆転合格!の記事はコチラ

九州大学にAO入試で合格!の記事はコチラ

西南学院大学に逆転合格!の記事はコチラ

津田塾大学に逆転合格!の記事はコチラ

東京海洋大学に逆転合格!の記事はコチラ

福山大学に逆転合格!の記事はコチラ

宮崎大学にAO入試で合格!の記事はコチラ

関連記事

thumbnail

こんにちは! 武田塾宮崎校 校舎長の栗山です。 さて、今回の記事は実際に武田塾宮崎校に入塾し偏差値がどう変わったのか、一年前の模試の結果と今の模試の結果のbefore afterをお見せします! また…

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 宮崎校へ