武田塾 金町校
大学受験予備校・個別指導塾

金町校・校舎情報

武田塾生の1日

合格体験記

校舎情報・金町校

住所
〒125-0041
東京都葛飾区東金町1-37-2
立川ビル5階
受入学生
既卒生 高校3年生 高校2年生 高校1年生 中学生
TEL
電話受付時間

水曜日13:00~22:00

その他の曜日・祝日はこちら

木曜日13:00~22:00
金曜日13:00~22:00
土曜日13:00~22:00
日曜日13:00~19:00
月曜日13:00~22:00
火曜日13:00~22:00
祝日--:00~--:00

自習室利用時間

水曜日13:00~22:00

その他の曜日・祝日はこちら

木曜日13:00~22:00
金曜日13:00~22:00
土曜日13:00~22:00
日曜日13:00~19:00
月曜日13:00~22:00
火曜日13:00~22:00
祝日--:00~--:00

最寄り駅
JR金町駅 徒歩1分
京成金町駅 徒歩2分
近隣エリア
葛飾区、足立区、江戸川区、松戸市、三郷市
備考
~ 武田塾金町校 SNSアカウント ~
facebook『武田塾金町校』はこちら!
Twitter『武田塾金町校』はこちら!
LINE@『武田塾金町校』はこちらから!

金町校校舎長挨拶

こんにちは!武田塾金町校の稲泉です!
「頑張っている人を応援したい!」という思いから、校舎長になりました。

私は高校生のときに、とある予備校へ通っていました。個性的な先生や東大卒の優秀な先生の授業がおもしろく、サボらずに通っていたのですが、成績がなかなか上がらなくて悩みました。ところが自分で参考書を使って勉強する時間を増やしたら、偏差値が急に上がったんです!この私自身の経験から、自学自習を大切にする武田塾の勉強方法は自信をもっておすすめできます!

自学自習の力は、大学生や社会人になっても必ず役に立ちます。テストに向けて勉強したり、自分で考えて学んだりすることは、人生のあらゆる場面で必要なのです。

武田塾金町校は、アットホームな雰囲気が魅力の校舎です。塾生の皆さんがのびのびと勉強し、自分で考えて積極的に行動できるような人に成長していくことを願っています。
あなたの夢を叶えるために、全力でサポートします!

まずはお気軽にお問い合わせください。

金町校講師紹介

  • 林田智博(千葉大学)

    みなさんこんにちは! 武田塾金町校で講師をしている林田智博です! 私は現在、千葉大学法政経学部法政経学科法学コースに所属しており、法律を中心に学んでいます。 自己紹介の欄ですが私が受験生時代の得意科目であった“日本史”について少し説明していきたいと思います。 皆さんは日本史をどのような科目だと思っていますか? 「暗記することが多くて大変」、「世界史よりは楽かも」、「藤原氏が多くて難しい」といった感想をもっているかもしれませんね笑 私が思う日本史を学ぶことの重要性とは、自分が生まれ育った国がどのようにしてできあがっているのかを知ることであると思います。 そして歴史科目のすべてに言えることですが過去の失敗を繰り返さないために、歴史を学ぶことが重要であると思います。 日本史を受験科目に選ばなかった学生の皆さんもぜひ教養としての日本史を学んでほしいと思います。マンガで学習するのもおすすめです。みんなで日本史を学んでいきましょう!!

  • 山本龍之介(立教大学)

    初めまして、こんにちは!立教大学現代心理学部映像身体学科1年の山本龍之介です。高校2年の夏から高校3年の冬まで武田塾生として在籍していました。 自分は推薦入試と一般入試を並行して進めていて、一般入試の勉強のリズムを武田塾がしっかり管理してくれたので、安心して推薦入試に挑むことができ、何とか第一志望の大学に合格することができました。 愛用していた参考書は「ターゲット1900」という英単語帳です。入塾してから受験が終わるまでずっと愛用していて、その知識が英語外部試験などにも役立ち、推薦入試でも良い評価をもらえたと思います。元塾生という立場だからこそ、生徒のみなさんに寄り添えるような講師を目指しています。一緒に頑張りましょう。

  • 山本哲平(東京理科大学)

    東京理科大学4年の山本哲平です。武田塾金町校で講師を始めて3年目になりますが、主に数学、物理、化学、英語を担当しています。趣味はサッカー、映画鑑賞、ポーカーです。 僕は1年間浪人をして大学に進学しましたが,浪人中は現役生と比べて勉強する時間が多くとれました。したがって、早いうちから数多くの大学の赤本をゴリゴリ解いて実践力をつけることができました。一方で模試や過去問の間違い直しや復習をあまり丁寧にすることができていなかったため、効率的な学習の定着がうまく図れませんでした。 実は武田塾で講師を始める前の研修で、武田塾独特の学習方法を学び、基礎の重要性や参考書を基礎から1冊ずつ完璧にすることの大切さに改めて気付きました。武田塾では一通りの知識を身に着けた上で過去問に挑戦し、苦手な分野を浮き彫りにし徹底的に苦手分野を克服する学習法を取り入れています。なるほど効率的です。 僕は自分の経験を活かし、生徒のみなさんの力になりたいと考えています。ぜひご一緒に武田塾金町校で勉強しましょう。

  • 大瀧瑞起(東京理科大学)

    東京理科大学工学部情報工学科1年 東京理科大学工学部情報工学科1年の大瀧瑞起です。今年の6月から武田塾で講師を始めたばかりですが、やる気満々の新人です。数学、物理、化学、英語を担当しています。趣味はDTM、ギターです。 僕は1年間宅浪をしたのち大学進学しました。たくさんの参考書をやってきたので、武田塾の「参考書、1冊ずつを完璧に」のフレーズに強く共感を覚えました。その経験を活かして自学自習の大切さ、参考書の正しい使い方などのアドバイスを的確にしようと思います。 ちなみに好きだった参考書は「システム英単語」、「関正夫の英文解釈」、「化学Doシリーズ」、「原点からの化学」、「ハイレベル数学3の完全攻略」、「新数学演習」、「物理・解法研究」です。 ぜひ武田塾金町校で、一緒に志望校合格を勝ち取りましょう!

  • 松本風見(獨協大学)

    初めまして。武田塾金町校、講師の松本です。大学では、英語やフランス語などの外国語、観光学、社会学、文化人類学などを学んでいます。武田塾では、主に英語を担当しているのですが、大学で英語について学んだことや、考え方を応用し、特訓に役立てています。 受験生へアドバイス 受験勉強で大事なことは、受験当日までに、どれだけ「間違いと復習を繰り返せるか」だと思います。頭に入れた知識を活かし、演習で多くの問題を解き、できないところを探し続ける。そして、できるようになるまで復習することです。当たり前のように見えて、意外に難しいことだと思います。 受験生へのエール 大学は非常に面白い場所です。今はこのように言われても、ピンと来ないかもしれません。しかし、大学で学ぶすべてのことは、今皆さんが生活している社会すべてに繋がっています。なぜ、自分はこのテレビ番組を面白いと思うのか? 「普通」とは何か? 様々なことを知り、学べば学ぶほど、自分の興味や世界は広がっていきます。また、大学受験のために学んだ知識は、自分が想像もしなかった分野で役に立ちます。皆さんは今、その途中にいます。大学で学び、そして将来を面白くするために、今、大学に入るための勉強をしましょう。私たちはみなさんを応援しています。

  • 葛西智喜(東京理科大学)

    葛西智基です。東京理科大学大学院修士1年、専攻は機械工学です。趣味はバスケットボールとランニングです。得意科目は数学、物理、英語です。 勉強に対する僕のモットーは「Now or Never」です。これは受験当時も大学院生になった今も変わりません。「今やらないと一生それをやることはない」という意味ですが、これこそ僕の受験生時代に最も自分の支えになってくれた言葉だと思います。受験生のみなさんも既に経験されているように、日々の課題は多く、くじけそうになることもあるでしょうが、そんな時思い浮かべてください「Now or Never」、今やらなければ将来後悔するのは自分自身であることを。僕は今でも、やるべきことに対しては全力でかつ迅速に取り組むことを心掛けています。自分の受験当時を振り返ってみても、志望大学合格に向けてのやるべき課題を日々先延ばしせずに全力で取り組んで来たという自負があるので、全く後悔の無い受験期を送ることができました。こんな僕と武田塾金町校で一緒に勉強してみませんか?

  • 村井大慈(慶応義塾大学)

    慶應義塾大学経済学部1年の村井大慈と申します。私は現役浪人を含めて国立医学部を第一志望にしていましたが、現在は慶應義塾大学の経済学部に通っています。困っている人を救いたいという思いがあり医学部を志していましたが、医師以外でも人を救う道があると気づき今があります。 そこで私は受験成功談ではなく医学部を目指していた頃の失敗談を紹介したいと思います。それは基礎を疎かにしてしまったことです。当時、英語の成績が伸び悩んでいたのですが、無理に長文や難しい英作文ばかりをやっていて単語や文法などの基礎ができていませんでした。過去問演習をしていてもわからない単語があって解けない問題がたくさん出てきました。 そこで三カ月間、英語は単語と文法だけを勉強したところ、何とかそのスランプを抜け出すことができました。そのような教訓も踏まえて、みなさんの悩みにも真摯に対応し、お役に立てるよう頑張ります。

  • K.F.(東京理科大学)

    東京理科大学4年のK.F.です。武田塾金町校では3年目になり、数学、英語、物理、化学を担当しています。趣味は映画鑑賞です。 私自身浪人したのですが、浪人生活では参考書を中心に勉強し、参考書を完璧にやり込むことで偏差値をあげることができました。自学自習を重んじる武田塾において、参考書による勉強を経験した私が伝えられることは多いと思います。 私が好きな参考書は数学「1対1対応の演習 数学Ⅲ微分積分」、英語「ポレポレ英文読解プロセス50」、物理「名門の森」、化学「化学重要問題集」です。 私は分かりやすく、かつ親身な授業を心がけています。ぜひ武田塾で一緒に志望校合格を掴み取りましょう!

  • K.O.(東京大学)

    東京大学3年のイニシャルK.O.です。私は受験期には本番を想定した練習を徹底しました。例えば、数学では東大の過去問と模擬試験の過去問を用いて、本番と同じ試験時間150分で目標の60/120点をとる練習をセンター試験後から二次試験の期間で約30回行いました。また、寒いときは腹痛になり、暑いときは計算などの正確性が落ちてしまう傾向があったので、自習室でも温度の管理を行う練習をしていました。その他にも大学によって問題用紙の余白や机の大きさが異なることがあります。他にもわからないことや知りたいことがあれば、遠慮なく聞きに来てください。

  • 小野鼓太郎(早稲田大学)

    はじめまして。早稲田大学文学部の小野鼓太郎です。14年間駅伝に打ち込んでいます。自分のために、仲間のために、襷に想いを込めて走り続けてきました。武田塾金町校の講師の一員として、生徒のみなさんと想いを一つに、みなさんの合格に向けて全力疾走します。 かく言う私も、かつては武田塾の生徒でした。高校2年生の夏、定期試験でクラス最下位の私が「何とか大学に行きたい!でも部活も辞めたくない!」というわがままな気持ちを胸に訪ねた武田塾の無料受験相談。親身になって相談にのってくれた先生方に惹かれ入塾。 毎日夜8時まで部活、夏は1カ月の合宿。その合間を縫うように塾に通いました。急な時間変更、FAXでの英作文添削まで対応していただいた先生の助力なしでは、到底受験を乗り越えることはできませんでした。 合格発表の日、結果報告すると自分のことのように喜んでくださった先生の笑顔が今でも思い出されます。担当生徒を親身に、全力で応援する。講師として、私もこの姿勢で取り組む所存です。

新着情報(金町校)

金町校ブログ

ブログ一覧へ

塾生の声(金町校)

塾生の声一覧へ

金町校にお問い合わせ・無料受験相談

CLOSE

武田塾 金町校
へのアクセス

CLOSE