【名古屋大学合格体験記】講師の受験勉強体験記 ストイック版

瀬戸校・

こんにちは! 

武田塾講師の金子です。

 

今日は、今年度大学受験を控えた受験生に向けて受験について自分の経験からいくつかの観点から書いていこうと思います!!

私の個人的な意見ですのであまり参考にはならないことや、いろいろな意見があるかと思いますが、ご了承ください><

 

PAK86_testderuzo20141123172553_TP_V

 

 

 

受験勉強 暗記が苦手だとやっぱり不利なの?

 

まず、受験は「暗記」である。

 

特に理系科目は受験問題に関する知識がどれだけあるかに尽きると言えます。

 

文系科目は暗記、理系科目は理解というように言われたりするが、実は大きな間違いで別の意見も存在しているのです。

文系科目より理系科目の方が圧倒的に暗記しなければならない量は多いと受験生の時感じました。

 

 

よく、理系科目の先生が「暗記をしていてはいけない。理解しろ」というかもしれません。

しかし、「理解する」と「暗記する」の違いがどこにあるのかははっきり言って私にはよく分からないときもありました。

「理解する」とは「考え方を暗記する」ということ。

室は授業で公式を習っただけで初見の応用問題をすらすら解けるような天才はごくわずかであると思います。

 

 

① まずは問題集に載っている問題を暗記する。

考え方、式などをすべてにおいてそれでよいと感じたこともよくあります。

 

結果的に「問題集に載っている問題しか解けない」というのは逆に言えば「問題集に載っている問題なら解ける」ということであるのですから。

JUN19333P2A3241_TP_V4

 

 

問題集の問題を「暗記」し終わったら、典型的な入試問題を解き、(おそらく最初は解けないであろうから)その考え方を暗記しましょう!!

そうしているうちに、少し難しい問題にあたったときに頭の中にある問題集の問題にストックから似た問題を引き出し、または組み合わせ、なんとか式を作ってみる。

 

いくつか試行錯誤した結果、式や図に今まで見た問題と同じ形が現れればしめたものです。

 

 

満点じゃないと合格出来ない大学はないのでご安心を!

 

もし、どうしても頭の中から煮た問題が引っ張り出せないとなったらその問題はお手上げかもしれません。

 

潔く諦めて別の問題に行っていまいましょう!!

満点を取れなければ受からない入試はないのですから(^^)

 

大半は6割前後が合格ラインになってきます。

したがって、その問題が「解けないことが分かった」だけでも大きな収穫だと考えましょうね!

 

ポイント① 解ける問題と解けない問題を仕分けする

入試本番で「解ける」問題と「解けない」問題を判別するのは非常に難しいと思います。

「解けない」問題なのに「なんとかしたい」と思って今まで作ったこともない式を立てた結果、時間ばかりが過ぎていって結局「解ける」問題も時間が足らなかったということはよくあります。

 

入試では、「自分の実力を超えそうなことはしない方が無難」です。

どこまでが自分の実力かということになるが、それは「どこまで頭の中に類似問題が入っているか」とほぼ同義であると言えます。

入ってない問題、または入っているかも知れないが思いつかない問題は自分の「管轄外」としていったんは諦め、「実力」で得点が稼げる問題をまず解くのが一般的でしょう。

 

 

ここまでの結論としては、とにかく多くの問題を解く!

 

入試本番でのストックの量は、受験勉強の際に暗記してきた問題量に比例でしょう。

多ければ多いほどよいのです。軽く解説を読んだだけでも頭の片隅に残っている場合もあります。よって、より問題を解くのに多く時間を割いた方が合格率は上がってくるはずです。

 

 

問題の解き方としては、まずは基本的な問題集を問題を見ただけで解けるようになるまで何度も解きます。

それが完璧になったら少しずつ応用問題にも手を出していき、ここで難しいのが「どこまでを暗記するのか」ということです。

ec8bcd972b791475f24ae64d5a79e619_s

 

 

がんばっても解けそうにない問題は…

 

ときどき解説を読んで「分かったけど、これは無理だな」という問題を見かけると思います。

このようなとき、果たしてその問題を暗記する必要があるのかということになってきます。

ここから先は個人の裁量によりますが、私が行った方法は「1度目はスルーして、再度別の問題で同じタイプを見つけたら暗記する」というものです。

 

 

このような問題の多くはその大学独特の問題であり、類似問題が少ない可能性が高いのです。

しかし、たまたまストックになかっただけで実は頻出だった、ということもあります。頻出ならば、解けないことでほかの受験生と差がついてしまうため、覚えておかなければならないです。

その判断基準が、「二回目に同じタイプが出るか」ということだと(私は)考えていました。

 

【合格するための生活習慣】 受験勉強に全てをささげた。

 

ここからは合格するための生活習慣についてお話していきましょう。

本当に合格したいのであれば、この1年ぐらいは受験に専念するべきであると私は考えています。

たまには息抜きも必要ですが、その息抜きは勉強の疲れを取るためだけであって、ほかの意味合いを持ってはならないと思います。

 

ストイック ストイック ストイック

私がよく心がけていたのは、「三度の食事と風呂を合わせて1時間」というものです。

受験生にとって食事や風呂の時間ははっきり言ってロスタイムです。

ここに時間を割くぐらいなら問題を1問でも多く解いていた方がいいわけです。

また、食事の間はずっと英語をかけていた。無意識のうちに入ってくる英語がリスニング力をつけるのに意味があるかどうかは疑問であるが、少なくとも「しないよりはいいだろう」と考えたわけです。

 

食事などもロスなのだから、家の手伝いなども家族に協力してもらっちゃいましょう!

家庭のルールもあるだろうがこの1年ぐらいは家族にも協力してもらい、受験に専念する必要があるとも言えます。

 

もちろん頑張る姿を見せることにより家族にこのことを理解してもらわなくてはなりません。

 

 

また、睡眠時間であるが、これは人それぞれだと思います。

4時間寝れば十分何とも射れば、6時間は寝ないと計算ミスが多くなったり眠くて効率が上がらなかったりする人もいる。これは自分に合ったスタイルを見つけていってくださいね。

ただ、途中で10分程度の昼寝をするとしなかったときに比べてその後の効率が上がるらしいので参考までに(^^)

83a1c811bca82fdd735bee3e310f810d_l

 

モチベーションアップ 今頑張るのは自分の将来のため!?

ここまでいくつか書いてきましたが、最後にいいたいことは、「ここで頑張れば将来負担は軽くなる」ということです。

人生において、どこかで苦しいところがある。受験生にとってはここなんです!

私の周りには高校時代頑張った結果よい大学に進んだ人も、遊んだ結果大学どころか就職もできずフリーターという人もいます。前者はもう苦しい時期が終わって、ここからの人生はそれほど苦労しないでしょう。後者はここから苦労するでしょう。

 

 

今頑張れば、明るい将来が見えてくると思えば、勉強のモチベーションになるはずです!

4ea88406df6dee87a564ba886f9679b7_s

 

 

武田塾の宣伝させてねー!!

【武田塾とはどんな塾か?】

武田塾を一言で説明すると、ズバリ「授業をしない塾」です。 「授業をしないのなら、一体何をしに塾に行くの?」という疑問が出てくると思います。

これについて、簡単に説明させていただくと、武田塾は生徒の皆さんが実際に学力を上げることができるポイントは授業ではなく、もっと根本的な部分、すなわち「自学自習」であると考えております。

自学自習はしっかりとした方法で継続して行えば、大きな効果を上げることができます。

しかし、自学自習すること自体をおろそかにするのは論外ですが、自分なりに一生懸命やっているつもりでもペースが遅すぎたり、方法自体を間違えていたり、反復回数などが足りていなかったりすると十分な効果を発揮することはできません。

武田塾はその学習において最重要ポイントを徹底的にサポートしていきます。

「もっと武田塾について詳しく知りたい!」と少しでも興味をお持ちになられましたら、ご気軽にご連絡下さい!

 

受験勉強に疲れた時は 武田塾瀬戸校にお任せください!!

 

 

この記事を最後までお読みくださいまして誠にありがとうございました。

このご縁を大切にしていただけたら嬉しいです。

 

そこで新スタートに正しい勉強法が学べる武田塾をお選びいただくのも一つの方法です。

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

新規開校!!武田塾瀬戸校からのお知らせ 無料受験相談実施中!!

無料受験相談画像

武田塾瀬戸校は学力を上げる正しい勉強法が学べます。

学力を上げるための仕組みを正しく理解し、

学力を飛躍的に上げるための、正しい勉強方法と効率的な勉強計画を実践すれば、

志望校合格に向けて、必要な学力を最短で身に付ける事ができます!

 

武田塾では、それを実現することができます!!

★今の勉強方法に不安がある。

★どんな参考書を使ったらいいのか?

★今から受験勉強を始めて、間に合うのか不安がある。

★どの科目から手を付ければいいのかわからない。

★志望校の選択に悩んでいる。

★自分は今から勉強を始めるとして何からしたら良いのか?

★英語や数学などの教科別の効率の良い勉強方法を知りたい。

★国語の点数の上げ方を知りたい。

 

不安な人のために一人一人の状況に合わせて個別に

具体的なアドバイスをする無料受験相談を行っています。

相談に来たからと言って、無理に塾に入る必要はありません。

 

やる気のない生徒のやるきっかけになったり

やる気がある生徒の勉強のコツをつかむきっかけに

なったらという願いから、こういった機会を設けております。

 

ご来校時に、具体的な質問を用意してもらえるとこちらも解決しやすいです。

完全個別相談なので、ご案内できる人数に限りはありますので

今すぐ下記フォームまたは校舎電話にてお問い合わせください。

 

無料受験相談

電話:0561-85-1355

(受付時間13:30~21:00 ※日曜・一部祝日休)

武田塾瀬戸校(逆転合格の1対1 完全個別指導塾)