【看護系高校出身】岡山理科大学獣医学部に合格!【社会人】

宮崎校・

こんにちは武田塾宮崎校校舎長の栗山です。

今回は岡山理科大学獣医学部に見事合格した鎌田さんへの合格者インタビューをお届けします。

実は鎌田さんは元々看護系の高校出身で現役の看護師です。

仕事をしながら

そして大学入試は未経験の状態から

人気学部であり入学難易度の高い獣医学部の合格を勝ち取りました!

そのノウハウをご覧ください!

1

獣医学部を目指したきっかけは?

栗山 元々看護師をしてたわけだよね。

高校卒業して看護師の資格取って看護師になって・・・。

で、なんでまた獣医師になろうと?

鎌田 元々高校の看護科にいる時から、動物関係の仕事がいいなっていうのは思っていました。

看護師になりたいと思って看護科に入ったわけじゃなかったんです。

ただ、そのまま看護師になって、3年間働いて・・・。

そこから、次どうしようかなって考えたときに、もう少し忙しい現場に行くか、その時は獣医を目指そうかなって考えてたんですけど、どっちに進もうか悩んだ時に、やっぱり忙しい方の現場に行ってみてというのを決めて、1年いったんですけど、夏くらいからやっぱり諦められないかなぁと思って。

その時くらいに海外の方で大きな森林火災で動物が結構死んでたりっていうのがあって、それを見てやっぱりやりたいかなぁっていうのを思って選びました。

なぜ武田塾を選んだの?

栗山 そのときに独学じゃさすがにね、高卒から看護師っていうところだから、かなり厳しいところですよね。

色んな予備校を探したと思うんだけど、武田塾を選んだきっかけってなんだったのかな?

鎌田 元々塾か予備校には入らないと自分では無理だなって思っていました。

インターネットで検索したときに、武田塾が出てきて、どういう塾かを見たときに講義とかの形式じゃなくて、管理をしながらやってくれるっていうのがあったからです。

カリキュラム的なのも全然わかってなかったんでそういう塾の方がどっちかというといいかなと思いました。

1回、関西にある武田塾に聞きに行って、宮崎に帰ったらそっちの方がいいかなと思って

そして、帰ってきたという感じです。

実際に勉強をスタートして

栗山 スタートした時の学力に関しても、やっぱりレベルで言ったら中学生レベルからだったよね。

しかもゴールラインが獣医学部で正直とてつもない道のりというところで僕もかなり脅しながらもスタートさせたと思うんだけど、やっぱりそれは本当に行きたいという気持ちがあったからスタートしたという感じだよね?

鎌田 そうですね。

栗山 実際にやってみてどうだった?最初の方とか。

鎌田 最初・・・やって、すごい大変になるなぁと。(笑)

栗山 たしかそうだね。

中学レベルの数学だったりとか、英語だったりとかというところから始めたよね。三平方の定理とか、ルートとか。そんなのからやっていったもんね。

でも、コツコツ本当にまじめに諦めずにやっていたよね。

鎌田 ですねぇ。

自分でも頑張ったなぁと思います。

栗山 それは志望校に行きたいっていう気持ちが支えになって決めたことは頑張らなきゃという感じかな?

鎌田 そうですねぇ。

栗山 スタートした時期はいつぐらいだったっけ?

鎌田 武田塾に入ったのは5月に入って、私が目指そうと思ったのはその前の年の夏くらいには思っていたんですけど、そこから年越しての1月くらいから働きながらちょっとずつやってました。

初めての大学受験と進路相談

栗山 なるほどね。

じゃあ、1回目、5月に入って1回目の受験だったけど、さすがに間に合わないって感じだったよね。

元々、2年とかで受かれば御の字というか、最高だなってくらいの感じだったから、まぁここで距離感を測れたかなって思うんだけれども。

実際に落ちてみてやっぱりきつかった?

鎌田 そうですねぇ。落ちてきつかったし、共通テストを受けてすごい道のりが遠いなと感じましたね。

栗山 やっぱりやってみてこの距離感がわかるっていうのはあるよね。

そこでじゃあ2年目もチャレンジしようって思えたのはなんでなの?

鎌田 それはやっぱり獣医になりたいなって思ったからです。

ただ獣医になるために国立目指して何年も使うよりかは私立に早めに行って、早くいったら後々の就職とかも早めにできるからと聞いてやっぱり合格率から考えたら私立の方がいいかなと思って私立を目指しました。

栗山 そうだね。

丁度それくらいの時に、一緒に面談して国立の学費、私立の学費を比べたりしたよね。

2年くらい合格が早まったら獣医師になっていくら稼げて、いくらぐらい得してって計算してたよね(笑)。

ってなると、そっちの方が選択肢としていいのではっていう考えは出てきたよね。

もちろん、どっちにしても大変なことは続くわけだからどっちの大変さの方がいいのかなっていうと、早く獣医師になれたほうがいいよなっていう選択だったんだよね。

やっぱり医歯薬獣医等の資格職だとその後のキャリアも安定してるからできる技だよね。

それで受験校を変更してたっていう経緯があるよね。

2年目の成長

栗山  2年目は成績が伸びていったかなぁと思うんだけど、だいたいどれくらいの時期に伸びたかな?

鎌田 11月に受験した1、2か月前とかが1番伸びたかなっていうのは自分の中であります。

栗山 9月10月くらいかな?それまでは結構、色々やってるけどなかなか上手く出来なかったりっていう感じだったよね。

なんで、そこで伸びたんだと思う?

どういう工夫があったのかな、そこで。

鎌田 数学とかだと、担当の先生の田原さんにも言われていたんですけど、テーマをちゃんと考えて、これはこういうテーマだからこうやって解くんだなっていうのを考えながら、それがぱっと浮かぶようにして何回も解くようにしていました。

栗山 英語とかだと?

鎌田 英語は、結構伸び悩んで。

未だに伸びてるかは分からないんですけど(笑)。

過去問の対策を重点的にやったというのが確実に大きかったです!

栗山 過去問の対策はどんなふうにしてたの?

鎌田 過去問対策は、ノートやルーズリーフ使って、過去問を貼ってそのやり直しもだし、解き方というところからノートにちゃんと書いていって、なんでそこはこう解くのかというところを大切にしました。

またそこがわからない問題だったらその類似問題を自分で教科書から探してきて貼り付けてっていうのですぐ見ても解けるような状態にしました。

栗山 なるほどね。

2年目とかはずっと田原先生に指導してもらってたと思うんだけど、どんなところが良かったなって思う?

鎌田 田原先生は受験のこともなんですけど、獣医学部に入るための方法っていうのも、私も推薦入試があるっていうのを知らなかったりもしていたので、そういうところまで結構細かく調べてくださりました。

あとは、指導の時はただ解答を説明するとかではなくて、私がどう考えてるかっていうのをしっかり見てくれてそこが自分で導き出せるように解説してくれたっていうところです。

栗山 そうすると、初見の問題とかでも対応力が上がったりするよね。

実際、受験校っていうのはどことどこを受けたのかな?

2年目の大学受験

鎌田 1年目の時に、宮崎大学獣医学部と岡山理科大学の総合型選抜と今回受けた推薦入試A日程になります。

栗山 なるほど。今回合格がでた受験についてどんな感じの問題でしたか?

鎌田 問題は、毎年、獣医学部が出来てからは獣医学部問題というのが各科目入っていたんですけど、それが入っていることで時間配分などの対策をしてたんですけど、今回の推薦入試では獣医学部問題っていうのが入っていなくて、本当に基礎中の基礎の問題が出ていました。

すごい高得点争いになるかなっていうのを予想していた感じです。

栗山 なるほど。実際武田塾で基礎は徹底して本当に何回も何回も呆れるほどやりつくしたよね。

鎌田 そうですね!

基礎を徹底したことで試験できっちり取りきることができたと思います。

栗山 中学レベルからスタートして本当によくここまでできるようになったよね!

しかも働きながら勉強してたよね?看護師として。

鎌田 そうですねぇ。直前期は休みを頂いて対策をしていたんですけど、1カ月前くらいまでは週に1回くらいの夜勤をして勉強していました。

栗山 なかなか眠そうだなって思ってたけど夜勤明けだったんだよね。(笑)

働きながら勉強する時間の両立するのコツはあるのかな?

受験勉強のコツ

鎌田 そうですねぇ。夜勤中に暇だったら暗記できるものはやってたというのと。。。(笑)

栗山 本当に働きながら勉強していたんですね。(笑)

鎌田 そうですね。(笑)

あとは帰ってからは休むときはしっかり休んで、何時からやるというのを決めてやっていました。

ゼロから始める受験生へのメッセージ

栗山 睡眠時間とかスタート時間をピシっと決めて、それを実行するという風にして管理してたんだね。

実際、ほとんど大学受験未経験というところから獣医学部に行くって普通だと考えられないよね。

今、鎌田さんと同じくらいの学力の高校生もいると思ってて、そういう子たちや社会人の方で夢を持ってる方たちに向けて、何かメッセージをもらえますか?

鎌田 私が頑張った、やりきれたか理由は、獣医師になりたいというのを強く思ってたっていうことと、あとは講師の田原さんとか校舎長のの栗山さんも含めてなんですけど、塾の講師の方が受験の相談にも乗ってくれたっていうところが大きいです。

周りに相談できる人がいたからこそここまでこれました。

どうしてよいかわからない場合はまず相談してみることから始めるといいと思います。

無料受験相談

武田塾宮崎校では無料受験相談を開催しております!

受験対策をしたい
勉強の悩みを相談したい
苦手科目を克服したい
定期対策をしたい
推薦入試対策をしたい

等々毎日多くのご相談を承っております。

まずは無料の受験相談においてあなたの勉強についてのお悩みを聞かせて下さい。

校舎長が個別でカウンセリングしますので、改善案をアドバイスします。

自分でできそうなら自分で頑張るのもOK!
塾に入った方がうまくいきそうなら一緒に頑張っていきましょう!
私もどこまでもサポートしますよ!

無料受験相談でお持ちしております!

無料受験相談はこちらから

お電話でのお問い合わせは

↓画像をクリック↓

電話お問合せバナー

武田塾宮崎校の無料受験担当者

pic_interview05_pc

校舎長 栗山一輝

宮崎出身 大宮高校から京都大学総合人間学部に現役合格。

得意な科目は国数英で特に英語が得意。

共通テストはリーディング満点、現役時で京都大学の英語は8割の得点率。

武田塾宮崎校、都城校で年間200名程度の生徒の無料受験相談を実施。

明るくフランクな態度で接しますので緊張感はあまりありませんが、大事なことはじっくり慎重に考えてアドバイスします。

どうしたら目の前の生徒が今後上手く勉強していけるかを本気で考え、本気の言葉をぶつけます。

有意義な時間をお約束します!

春の入会&体験キャンペーン実施中!

3月4月は入会者&無料体験受講者に参考書をプレゼント!

一冊を完璧にして成績をあげませんか?

詳しくはこちらをクリック

 

武田塾宮崎校のおススメ記事!

宮崎の人が気になっている記事

宮崎の塾・予備校で武田塾が選ばれる理由

共通テストで点が取れる人と取れない人の違い

合格体験記

鵬翔高校から宮崎大学医学部医学科へ現役合格!

武田塾  宮崎校  講師紹介

【講師紹介】宮崎大学医学部 山城先生

【講師紹介】宮崎大学医学部 岩﨑先生 

 

武田塾宮崎校 おすすめのブログ

やってはいけない勉強法 成績が伸びない理由を説明します!

武田塾宮崎校を写真付きで紹介 自習室・学習環境を全部見せます!

宮崎から難関大学に合格するコツ 勉強法等、大学合格に必要なことを紹介

京都大学出身の共通テスト英語リーディング読解テクニック

18点の英語がセンターでは8割!?宮大学科内センタートップになった彼女の秘密

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日本初!授業をしない武田塾 宮﨑校

〒880-0805
宮崎県宮崎市橘通東4-7-28
TOKIWA30ビル4F

TEL:0985-72-5052

受付時間
<火曜日~土曜日>
自習室利用可能時間 10:00~22:00
電話受付対応時間 13:00~21:30

<月曜日、日曜日>
自習室利用可能時間 10:00~22:00
※受付対応なし


宮崎駅近辺で大学受験の塾・予備校をお探しなら武田塾宮崎校

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇