高1、高2はどの教科に力を入れたら良いですか??

宮崎校・

こんにちは。

武田塾宮崎校の栗山です。

今回は高校1年生や高校2年生に多い質問である教科ごとの勉強のバランスについての話です

宮崎という土地柄高校で多くの授業が展開されるものの、自分の自習時間が上手く取れず成績が伸び悩む高校生が沢山います。

限られた時間のうち全ての教科を勉強するのが大変だ…

国公立大学にどうしても行きたい/行かせたい!!

そんな生徒さん、保護者様に向けた内容となっております。

科目の優先順位

67bed84a48b1225fe46864a56f9748e2_t

国公立大学に行きたい生徒も私立大学に行きたい生徒も最初は英語の勉強を強化するべきです。

受験で必要な英語の基礎力は毎日の継続した自習によってのみ獲得されます。

基礎力を分類すると

1 語彙力 単語や熟語等
2 文法、語法の知識
3 英文解釈の知識
4 長文読解能力
5 リスニング能力
6 ライティング能力
7 スピーキング能力

このように分類でき、出来れば1年生の間に4番までしっかりと実力養成しておくとその後の勉強に多大なる影響を与えます。

先に英語をやった方がいい理由

英語表紙

先取りがしやすい

先取りという言葉はもはや英語には無いのかもしれません。

中高一貫の進学校では高校入試においては日東駒専程度の英語の力を要求します。

要は東大や医学部にバンバン合格する人たちは高1の段階で日東駒専位のレベルであれば英語の問題が読める、解けるレベルにあるということです。

宮崎でも率先して英語能力を高め高校1年時に英検2級程度を獲得する生徒ももはや少なくはありません。

数学は新たな概念を学ぶ必要があり、先取りのハードルが人によって高い一方英語は英単語を覚えるのに高1も高3も関係ありません。

文法や英文解釈もまた然りです。

学校の課題、定期対策が楽になる

例えば宮崎校に通う大宮高校1年のHさんであれば入塾から約4か月で

基本的な単語帳に掲載される単語の意味 1500個程
基本的な文法知識
文章解釈

等をマスターし偏差値は60越えでGTECの試験でも無対策で学年10番程度です。

最初から知っていたわけでは無く、部活学校と両立しコツコツ毎日覚えていった結果です。

こうなると、学校の課題を消化するスピード、定期対策にかかる時間全て圧縮されます。

既に覚えた単語であったり文法知識を問われるので学校での英語の勉強がよい復習になっているのです。

余った時間で数学等他の教科の勉強に時間を使えるので更に勉強効率が加速します。

大事なのは習慣

job_suugakusya

言語学習は習慣が全てといっても過言ではありません。

語彙を蓄えるには毎日の暗記が必須だからです。

1週間頑張ったから成績が上がる類のものでは無いのです。

では習慣を付けるにはどうしたら良いのでしょうか??

監視環境

benkyou_classroom

多くの人はテストがあると勉強します。

また、周囲が勉強していると自分もします。

テストがあって勉強をしていないと自分の能力がバレるからです。

周りがやっていると焦るからです。

しっかり自分の毎日の勉強を監視し成長をともに喜ぶパートナーがいると勉強へのモチベーションが湧きますね!

武田塾では

sandwichman_bnr

成績が伸びる大きな要因である自学自習を徹底管理することにより受験学年になった時にしっかりと対応できる力を養成します。

やらなければならない事を受験から逆算し順当に合格するようフォローします。

今はまだ成績が伸び悩んでいる人もやるべきことを明確にし毎日コツコツ頑張っていきましょう。

無料受験相談

栗山さん2

武田塾では無料受験相談を開催しております。

無料受験相談では、延べ1000人以上の受験生の相談に乗ってきた校舎長が自ら、現状の勉強に対する悩みや志望校に合格するためのスケジュールの立て方等、一人一人の生徒に対して具体的に答えて参ります。

完全個別対応になりますのでご予約の上ご参加下さい。

ご予約は下記バナー、もしくはお電話にて承ります。

お気軽にお問合せ下さい。

無料受験相談

0985-72-5052

ツイッターで受験相談にも乗っています!

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 宮崎校へ