英語学習で音読は意味あるの?シャドーイングの効果やメリットを解説

英語の学習にはよく音読が効果的と言われていますが、音読はなぜ英語の学習で大切なのでしょうか。

武田塾でも音読(シャドーイング)を推奨していますが、これにはきちんとした効果やメリットがあるからなのです。

今回は英語学習の音読について、その効果やメリット、適切な方法について解説していきます。

音読の意味や効果、メリットとは?

武田塾チャンネル詳細動画①はこちら

音読をする意味と言うと、英語を上手く発音できるようになるという部分をイメージする人が多いのではないでしょうか。

もちろんそれもありますが、音読にはそれ以上に大切な意味やメリットがあります。

まずは音読をする意味やそのメリットについて確認していきましょう。

音読のメリット①読み飛ばしを避ける

普段黙読している時、もしわからない単語があったり読み飛ばしてしまったりしても、なんとなく内容を掴めてしまうので雰囲気読みになりがちです。

しかし、音読なら一つ一つの単語を発音しなければならないので、文章の読み飛ばしを無くすことができます。

そのため、身についていない単語や文法を着実に身につけていくことができるのが、音読のメリットの1つです。

普段からなんとなくで文章を読んでしまうという方は特に音読がおすすめです。

音読のメリット②文章を認識するスピードが速くなる

音読をするときのスピードは、だいたいその人が文章を認識できるスピードと同じだと言われています。

そのため音読を繰り返し練習してそのスピードを上げていくことで、長文でも段々と早く読めるようになるのです。

難関大学の長文問題が制限時間内に読み終わらないという人は音読をしてみてはいかがでしょうか。

音読のメリット③読む順番を強制できる

日本語と英語の文法がかなり違うのは皆さんもご存知の通りですが、それが原因で英語を読む順番が遅くなってしまうことがあります。

例えば、「I live in Tokyo.」という文を読む時、英語ならそのまま

①I ②live ③in Tokyo.

という順番で読みますが、これを日本語に訳そうとすると

①私は ③東京に ②住みます

という順番になり、英語の文章中で1度前に戻るという動作が発生してしまいます。

これが日本人が英語を読む時遅くなってしまう原因で、受験生の皆さんも心当たりがある方が多いのではないでしょうか。

音読をすると文章を前から順番に読んでいくクセがつくので、自然と英語をそのままの順番で理解できるようになるのが音読をおすすめする理由の1つです。

武田塾推奨:シャドーイングのメリットは?

武田塾チャンネル詳細動画②はこちら

音読だけでもたくさんのメリットはありますが、さらに勉強効率を上げるために武田塾ではシャドーイングをすることを推奨しています。

シャドーイングとはお手本となるCDを聴きながら、そのCDの後をぴったりとついていくように音読する勉強法です。

シャドーイングは音読のメリットに加えて、シャドーイングにしかないメリットも存在します。

シャドーイングのメリット①速読力を上げる

文章を早く読めるようになるには音読を早くできるようにすることが大切だとご紹介しましたが、1人で音読の速さを上げていくのはなかなか大変です。

そこで、お手本となるCDの速さを合わせて読めるように矯正していくことで、効率良く速読力を上げていくことができます。

自分流で音読をしてしまうと人それぞれ読み方がバラバラになりますが、CDを目標にすることで難関大学の長文を読み切れる速読力と、適切な発音を身につけられるのがシャドーイングのメリットの1つです。

シャドーイングのメリット②リスニング力を上げる

CDもなかなか早いので最初はついていくことも大変かもしれませんが、慣れてきたらCDの音声だけで、文章を見ずにシャドーイングしてみてください。

CDの音声だけを聞き取りながらそれを同時に訳すことで、リスニング力も同時に鍛えていくことができます。

「文章は読めるけどリスニングは苦手」という人や、「リスニングが苦手だけど勉強法がわからない」という人は意外と多いので、シャドーイングはぜひ実践してみて欲しい勉強法の1つです。

シャドーイングのやり方は?

武田塾チャンネル詳細動画③はこちら

シャドーイングは主に3段階に分かれています。

1周目はCDの音声についていくことを目標とします。最初はCDについていくのは大変かもしれませんが、1周目を通して早く読むことに慣れていきます。

2周目はCDと同じ速さで読みながら、本文の意味が同時に訳せるところを目指します。
ここまでできればただ読むだけでなく、その速さで英文を理解できるようになるので長文読解に強くなります。

3周目はテキストのみ、もしくはCDのみを使って行います。

テキストだけの場合はCDが無くてもCDと同じ速さで英文を音読・理解できるようにすることが目標です。

CDだけ使うのなら、聞き取るだけで文章を訳せるリスニング力を鍛える練習になります。

この3段階を全てやり切れれば、きっと受験において十分な速読力とリスニング力が身についていることでしょう。

シャドーイングのコツは?どれくらいやればいいの?

シャドーイングでは、1番最初のCDの速さについていく段階で苦労する人が多いのではないでしょうか。

なので、最初は無理にCDについていこうとせず1文ずつ区切って読んだり、スロー再生にして段々とCDに合わせていく方法をおすすめします。

ただし、1文ずつ読めるようになったりスローで読めるようになったら、最終的にはしっかりとCDの速さで全体を通して読めるようにしてください。

また、シャドーイングの目安時間は1日30分から1時間くらいです。

ただの音読だからといって手を抜かず、しっかりと時間を確保した上で練習することが大切です。

音読の効果・メリットまとめ

音読は一見そこまで効果の無い学習法に思えますが、英語の速読力の向上に繋がるなど様々なメリットを持っている大切な学習法です。

特にシャドーイングは読む速度を上げ、読む順番を矯正し、リスニング力まで鍛えることができるのでかなり効率的に英語力を身につけることができるでしょう。

シャドーイングのやり方は3段階に分かれており、1周ごとに定められた目標を達成できるよう意識することが大切です。

毎日続けることで確実に皆さんの英語力の向上に繋がりますので、ぜひ正しいやり方で実践してみてください。

関連記事

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談