大学受験英語の勉強法を教えます!【英語長文編】

文系・理系・医学部問わず、ほとんどすべての大学入試で必須科目なのが英語です。大学入試の要とも言える英語のでき次第で志望校合格に大きく関わってくると言っても過言ではありません。しかし、受験生の中には、なかなか英単語が覚えられなかったリ、長文が解けなかったリ英語に苦手意識を感じている人も少なくないと思います。そもそも何から始めたらよいのか、どのように勉強したらよいのでしょうか。そこでこのページでは、受験生は必ず乗り越えなければならない英語長文について、武田塾チャンネルに寄せられた生徒さんからの疑問や質問をもとに、武田塾の先生方と一緒に英語長文の勉強法について一緒に学んでいきます。

英語長文勉強法①:できない原因を確認する

「長文が苦手な理由が見つかる」詳細動画①はこちら

まず、そもそも英語長文に苦手意識があり、ただ漠然と問題を解いているだけでは決して点数は上がりません。そのため、問題を解く前に一度立ち止まって自分はなぜ長文ができないのか、何が苦手なのか、その原因を明確にして確認することが重要です。これから紹介する以下の2つのポイントに気を付けながらその原因を確認してみましょう。

英語長文を”読めるか” ”解けるか”

英語長文が苦手な人の傾向として、そもそも長文の本文が読めないのか、もしくは設問がしっかり解けないのか、この2点が挙げられます。まず、「読めるか」という点に関して説明すると、英語長文を読んで訳すためには、言うまでもなく単語や熟語の意味、文法を理解していることが必要です。この基礎的なことができていない場合は、問題を解こうとしても全く意味がありません。そのため、基礎がしっかりできていないと感じたら、基礎を固めるために単語帳や文法の参考書を完璧にしてみましょう。

また、入試本番では時間内に長文を読み終えるためのスピードも重要になってきます。長文を時間内に読み終わるのが難しい方は、CDの音声に少し遅れて文章を音読するシャドーイングがオススメです。シャドーイングによって英文を読むための理想の速さに慣れましょう。ある程度シャドーイングが慣れてきたら、適正なスピードで読めるように自分で時間を設定してその時間内で読み終える訓練をすることが大切です。

英語長文が苦手な人は、ただ長文を読むだけではなく、実際に問題が「解けるか」という事にも注意してみましょう。実際に問題が解けるかを判断するためにまず設問の選択肢を日本語に訳してみましょう。設問を訳すことによって、長文が解けない理由は自分の日本語が問題なのか、それとも英語の問題なのかが明確になります。訳しても問題が解けない人は日本語の問題で、訳したら解けるなら英語に問題があるので、その違いによって対応策を考えていきましょう。日本語に問題がある場合は、現代文などの科目の問題を解いて長文解釈問題に慣れることが大切です。一方、英語に問題がある方はもう一度基礎に戻って単語や文法などをもう一度改めて完璧にしてから長文に再度挑戦しましょう。

英語長文は回答が合っていたからと言って完璧にできたわけではありません。一番重要なことは文章をどのように解釈してその答えを導き出したのか、そのプロセスを他人にしっかり説明するリーズニングができて初めて長文ができると言えます。

英語長文勉強法②:多読と精読

「長文の勉強法は多読と精読」詳細動画②はこちら

英語長文の勉強法には、大きく分けて量をとにかくこなす「多読」と、一つの長文を時間をかけてしっかり解釈する「精読」があります。英語長文問題の最終的な目標としては、問題が解ければよいわけですがどのような勉強法をすればよいのか、武田塾の山火先生が紹介します。

まずは「精読」、そして「多読」

教務の山火先生は、現役時代に「多読」と「精読」の二つを繰り返して行なっていました。どちらも繰り返した結果、山火先生はまず「精読」をして点数が上がったそうです。というのも、まず数をこなすよりも、長文に書かれている内容をしっかり理解することが大切だからです。精読をして英文がしっかり解釈できるようになってきたら徐々に数をこなすと効率よく正解できるようになってきます。

しかし「精読」→「多読」の方法はあくまで山火先生の成功例なので、受験生の中にはまず数をこなしてから、読解の質を上げる方法で点数がアップする生徒もいます。これらのやり方は人それぞれなので、試行錯誤しながら自分に合った勉強法を見つけることも苦手な科目である英語を克服するためには重要です。
「数vs制度」詳細動画③はこちら
このほかにも同じ問題を時間をおいて繰り返す勉強法もあります。この方法は長文を精読する際に効率的な手段の一つです。ある程度のレベルまで到達したら実践形式にも慣れるために、じっくり解釈することを心がけながらも数をこなし、またスピードを上げることで英語長文ができるようになってきます。以上で紹介した勉強法を参考にしながら自分に合った新しい勉強法を見つけることも一つの勉強です。