大学受験英語の勉強法を教えます!【英語長文編】

文系・理系・医学部問わず、ほとんどすべての大学入試で必須科目なのが英語です。大学入試の要とも言える英語のでき次第で志望校の合否が大きく変わってくるといっても過言ではありません。しかし受験生の中には、英語科目に苦手意識を感じているためなかなか勉強に対するモチベーションが上がらない方、英語の成績が上がらない方もいると思います。このページでは英語長文に関して、その効果的な勉強法と効力法について紹介します。そもそも何から始めたらよいのか、どのように勉強したらよいのか分からない方はぜひ参考にしてみてください。

英語長文勉強法①:できない原因を確認する

「長文が苦手な理由が見つかる」詳細動画①はこちら

英語長文を”読めるか” ”解けるか”

英語長文が苦手な人が、ただひたすら問題を解いているだけでは決してできるようにならないし、点数も上がりません。そのため、問題を解き始める前にまず自分がなぜできないのかその原因を知るために、英語長文を「読めるか」「解けるか」という点に着目して判断していきましょう。

英語長文が苦手な人の傾向として、そもそも長文本文のそれぞれの英語の意味が分からず内容が読めていない、もしくは本文の内容は分かるが、その内容に対する設問が解けていない、この2点が挙げられます。まず、「読めるか」という点に関して説明すると、英語長文を読んで訳すためには、言うまでもなく単語や熟語の意味、文法をしっかり理解していることが必要です。これら基礎ができていない段階でいきなり長文を解こうとしても意味がないのは言うまでもありません。そのため、基礎的な内容が不足しているのであれば、まず英単語や文法を身に着けるための勉強から始めましょう。それらが完璧になって初めて長文ができるようになります。

英語長文が苦手な人は、ただ長文を読むということだけではなく、実際に問題が「解けるか」という事にも注意してみましょう。実際に英語長文の設問が解けるかということは、どちらかというと日本語の解釈能力にかかわってきます。たとえ英単語、英文の意味が分かったとしても文章として解釈できる能力がなければ解けないのは当たり前です。その「解けるか」ということを判断するためにまず設問の選択肢を日本語に訳してみましょう。

設問を訳すことによって、長文が解けない理由は自分の日本語が問題なのか、それとも英語の問題なのかが明確になります。訳しても問題が解けない人は日本語の問題で、訳したら解けるなら英語に問題があるので、その違いによって対応策を考えていきます。仮に日本語に問題がある場合は、現代文などの科目の問題を解いて長文解釈問題に慣れることが大切です。一方、英語に問題がある方はもう一度基礎に戻って単語や文法などをもう一度改めて完璧にしてから長文に再度挑戦しましょう。

英語長文勉強法②シャドーイングでスピードアップ

「長文の勉強法は多読と精読」詳細動画②はこちら

試験時間内に解き終えるためのスピードも重要

また、入試本番では時間内に長文を読み終えるためのスピードも重要になってきます。長文を時間内に読み終わるのが難しい方は、CDの音声に少し遅れて文章を音読するシャドーイングがオススメです。シャドーイングによって英文を読むための理想の速さに慣れましょう。ある程度シャドーイングが慣れてきたら、適正なスピードで読めるように自分で時間を設定してその時間内で読み終える訓練をすることが大切です。シャドーイングは英文を読めるようになるための最も効果的な方法といわれているのでぜひ実践してみましょう。

英語長文は回答が合っていたからと言って完璧にできたわけではありません。一番重要なことは文章をどのように解釈してその答えを導き出したのか、そのプロセスを他人にしっかり説明するリーズニングができて初めて長文ができると言えます。

英語長文勉強法③:多読と精読

「数vs制度」詳細動画③はこちら

まずは「精読」、そして「多読」

英語長文の勉強法には、大きく分けて量をとにかくこなす「多読」と、一つの長文を時間をかけてしっかり解釈する「精読」があります。英語長文問題の最終的な目標としては、問題が解ければよいわけですがどのような勉強法をすればよいのか、武田塾の山火先生が紹介します。

教務の山火先生は、現役時代に「多読」と「精読」の二つを繰り返して行なっていました。どちらも繰り返した結果、山火先生はまず「精読」をして点数が上がったそうです。というのも、まず数をこなすよりも、長文に書かれている内容をしっかり理解することが大切だからです。精読をして英文がしっかり解釈できるようになってきたら徐々に数をこなすと効率よく正解できるようになってきます。

しかし「精読」→「多読」の方法はあくまで山火先生の成功例なので、受験生の中にはまず数をこなしてから、読解の質を上げる方法で点数がアップする生徒もいます。これらのやり方は人それぞれなので、試行錯誤しながら自分に合った勉強法を見つけることも苦手な科目である英語を克服するためには重要です。

これらの方法以外にも、同じ問題を時間をおいて繰り返す勉強法もあります。この方法は長文を精読する際に効率的な手段の一つです。ある程度のレベルまで到達したら実践形式にも慣れるために、じっくり解釈することを心がけながらも数をこなし、またスピードを上げることで英語長文ができるようになってきます。

長文問題は英語の集大成、そして受験の要

大学受験において絶対欠かせない科目である英語。その英語の集大成、そして志望校合格の要となるのが英語長文問題です。しかし、そんな英語長文対策に多くの受験生が頭を悩ませています。英語長文を攻略するためにはまず、「なぜできないのか」その原因を究明しましょう。その際に「読めるか」「解けるか」という点に着目し自分の現状レベルに合った対応をすることが重要です。また英語長文を実際に解く際に、まず文章をしっかり読んで解く「精読」から始め、慣れてきたら「多読」をして徐々に数をこなしていきましょう。これらの方法が武田塾でオススメしている効率的に英語長文問題の正答率を上げる勉強法となります。ぜひ実践して成績アップにつなげてください。