予備校に行きたい人は武田塾に来ないで下さい

これから予備校や個別指導塾で本格的に受験勉強を始めようと考えている受験生の皆さんへ。最初にお伝えしておきたい事は・・・
知名度の高い、人気がある塾・予備校へ行きたいと考えている生徒さんは武田塾に来ないで下さい。

極端な言い方をしましたが、武田塾は日本初の授業をしない塾です。
集団授業に意味がないというのが武田塾の学習方針です。

講師一人が数十名の生徒に対して集団授業を行う予備校の授業料は、前期・後期を通して年間約80万円前後と言われています。それでは
授業を行わない武田塾の授業料はもっと安いのか?
ここでは武田塾チャンネルで紹介されたそのような疑問をもとに、なぜ武田塾を選ぶべきかを考えていきます。

コスパが違う。予備校と武田塾の授業料

 冒頭でも紹介した通り、一般的な集団授業の大手予備校の年間の授業料は年間80万円と言われていますが、個別指導の武田塾の授業料もおおよそ同じ金額です。授業中心で指導をする一般的な予備校に対して、授業をしない武田塾の授業料は高い!と感じる人も少なくないでしょう。

しかし、結論から言ってしまうと、同じ授業料でも武田塾で得られる対価の方が予備校に比べて大幅に大きいのです。まずは、一般的な予備校と武田塾の特徴を比べてみましょう。

「生徒一人ひとりにテスト、毎日の宿題、確認テスト...」
詳細動画①はこちら
【大手予備校】
・数十名の生徒に対して講師一人が授業を行う。
・講師から生徒への一方的な指導がメイン。
    
【武田塾】
・生徒一人に対して個別で講師が指導。
・講師が生徒の一人一人にルートの作成、確認テスト、個別指導、毎日の宿題の管理を行う。
・講師から生徒への双方的な指導が可能。

 つまり、同じ授業料でも生徒さんが得られるものは、集団授業の予備校では、講師による一方的な指導だけであるのに対して、個別指導の武田塾では、先生方が生徒さん一人一人の学習指導で、志望校合格までの徹底した学習管理してくれるため、コストパフォーマンスが予備校よりも非常に高いのです。

言ってしまえば、予備校講師は授業をしているだけでお金儲けしている一方で、武田塾の先生方は生徒さんに対して授業料の対価以上の指導を施していると塾長の林先生は考えています。
 
一般的な塾・予備校よりも武田塾の方がコスパが良くて、生徒さん一人ひとりの指導も行き届いていることは理解してもらえたと思いますが、個別指導だから武田塾の指導や宿題をこなすのは結構難しい!と感じている生徒さんもいるでしょう。そこで、次は武田塾の具体的な指導方法について理解していきましょう。

『一冊を、完璧に。』

「復習するからね。」
詳細動画②はこちら
「参考書一冊を2週間~1ヶ月で完璧にする。」というポリシーを武田塾は掲げてますが、このような短期間で本当に参考書一冊を完璧にこなすことが出来るのか、疑問に感じている生徒さんも少なくないでしょう。

しかし、この期間は学習したことの入念な復習の繰り返しの為の期間であり、参考書を一周する期間なので、一歩一歩着実に力を付けることができて、最終的には内容を完璧に理解できるような仕組みになっています。

つまり、ただ単に参考書一冊を仕上げるのではなく、この武田塾の指導方法によって参考書の内容をこの短期間で確実に理解することが出来るのです。

入塾しなくても良い。武田塾の「独学コース」?

「一番のオススメは『独学』コース!!」
詳細動画③はこちら

「予備校に対して圧倒的にコスパも高いし、武田塾の講師陣の徹底した指導管理もあるから、やっぱり志望校合格には武田塾に入ったほうがいいだろう。」と思った生徒さんもいるでしょう。

しかし、入塾せずに独学することを塾長である林先生が一番に勧めています。高額な年間の授業料をわざわざ払わなくても自分自身で自己学習をしっかり管理でき、力を付けることのできる生徒は武田塾に入る必要は無い、と言い切ります。

武田塾は自分の力だけでは毎日の勉強を続けられず、独学が出来ない生徒さんにぜひ入ってほしいのです。そんな生徒さんの為に、武田塾はいくつかのコースを設けているので紹介していきます。

・独学支援特訓
武田塾で一番お手軽なコースで、先生方が生徒さんに全教科の宿題だけを出して独学をサポートする。その宿題が本当にできているのかの口頭確認が課されている。
・宿題確認特訓
課された宿題が本当にできているのか、口頭だけでなくテストで確認するコースである。

・個別管理特訓

宿題を進めていく際に疑問や質問がある場合、それらに答えたり、記述問題の添削を行ってくれるコース。
・徹底個別特訓
個別指導に加えて、自習室での授業時間まで管理してくれるコース。そのスケジュールが終わった後、先生に報告してから帰宅できる。
「独学にどの環境を整えれば参考書を完ぺきにできるかを考えてほしい!!」
 この他にも、このような指導を校舎だけでなく、オンラインで自宅でも受けることが出来るようなコースを武田塾は設置しています。


自分にはどこまでの支援が必要であるか
を判断し、独学にどの環境を加えれば参考書を完璧にできるか、を考えることが重要です。

ここまでで紹介したように、武田塾に入塾する前に、しっかりと自己分析をして、どれだけのことが自己学習に必要とされているのかを判断したうえで入塾を検討しましょう。自分で完璧に学習をこなせる受験生の方、もしくは、やっぱり予備校の方が良いと考えている生徒さんは武田塾に入らなくても良いです。