これが理想のセンター試験対策!やるべきことをお伝えします。

毎年、多くの受験生にとっての最大のイベントである大学入試センター試験。従来は国公立大学志望の生徒だけのテストでしたが、近年では国公立だけでなく一般の私立大学もセンター入試を取り入れている大学が年々増えてきました。そのため受験生は国公立大学だけでなく、私立大学志望の受験生もセンター試験を見越した対策が必須になってきました。しかし、受験生の中にはセンター試験独自の出題形式や問題に苦手意識を感じている人、センター試験対策がうまくできていない人を対象に、センター試験直前期の過ごし方や勉強方法、対策について、武田塾の先生方と一緒に考えていきます。

センター試験のための準備

「短期攻略いつ終わる?」詳細動画①はこちら

センター受験の直前期になると、いつも通っている学校や塾・予備校などでも周りの雰囲気が一気に受験モードに変わりピリピリしてきますよね。そのため周りの空気に流されて焦ってしまったり、体調をくずしたりして通常通り勉強に集中できなくなってしまう受験生も中にはいると思います。そこで、センター試験受験の直前期はどのように過ごしたらよいのか、どのような対策をすればよいのか紹介していきます。

実践演習は遅くても11月には始めよう。

「リミット!!」詳細動画②はこちら

センター試験直前期になると学校や予備校では、冬期講習が始まったり、模試が行われたりとセンター対策を中心とした内容に変わっていきます。しかし、学校や予備校の授業以外の学習において、自分で対策を進めるときはどのような手段で行えばよいのでしょうか。武田塾教務主任の中森先生曰く、センター試験の実践演習問題を解き始める時期は11月ごろが良いでしょう。というのも本番試験直前にはセンタープレの模試があるからです。9月から10月ぐらいまでに、参考書を一通り終わらせてセンタープレの模試の前に問題集を仕上げておくと、センタープレが終わった後に復習と対策がしやすくなるからです。

とくに受験生の間で「センター試験8割がとれた!」と好評の参考書である「短期攻略シリーズ」は11月までに一周終わらせましょう。それからセンタープレを受け、本番に臨むという段階を踏むとより効率的なので、このやり方を実践して本番で実力が最大限に発揮できると良いですね。短期攻略シリーズ以外にも、河合塾の「マーク式基礎問題集」や山川の「センター試験への道」などもおすすめの参考書なのでぜひ挑戦してみてください。

センター試験の対策は、早ければ早いほど良いです。しかし、時間に追われていた場合や、苦手分野がなかなか克服できず勉強のペースが遅い人でも、センター試験の1ヶ月前である12月には遅くても始めましょう。

センター試験の前日・当日の過ごし方

「センター前日は決め打ち!?」詳細動画③はこちら

「明日はいよいよセンター試験の本番!今まで勉強してきた努力のすべてを出そう!」と、受験生の中には緊張してしまったり、なかなか寝付けなくなってしまう方も少なくないと思います。一方で前日にも深夜遅くまで最後の追い込みのために勉強する生徒さんもいますが、センター試験の前日、または当日の試験時間の合間はどう過ごせばよいのでしょうか。武田塾の山火先生と中森先生が体験談をもとに紹介していきます。

無駄な悪あがきはやめよう

武田塾チャンネルにある生徒さんからこのような質問が届きました。

「センター試験の前日や当日は何をすべきですが?」

センター試験を控えている受験生の間にはよくある質問ですが、まず前日にやるべきことから紹介します。前日一日に詰め込んで勉強してもそんな急激には点数アップしないので、無駄な悪あがきをしないことです。今までやってきた英語の参考書の音読や社会科目の用語を一通り確認したり、また試験に備えてゆっくり休息するのも良いかもしれません。たくさんいろんなことをやりすぎてしまうと、焦りによって頭が混乱してしまい、かえって逆効果です。今まで努力してきた自分を信じて覚悟をもって試験に臨みましょう。

試験当日のことに関して、センター試験は私大の一般試験に比べて試験間の休憩時間が比較的長いです。そのため参考書を持ち込んで試験の間に軽くチェック程度の勉強をすると良いでしょう。しかし、たくさんの問題集や参考書を持ち込んでも実際に全部はできません。

また範囲を絞って合間勉強をすることが大切です。というのも英語や現代文は試験直前に勉強してもほとんど効果がない科目です。なので社会科などの科目である程度範囲を絞って、その範囲をとことん極めるというのも一つの手です。

これからセンター試験に臨む受験生のみなさんへ

たとえ、センター試験の対策や準備が万全な受験生でも誰でも初めての試験は緊張するものです。これまでセンター試験を受けたことのある生徒さんの中にも本番で100%の力が出せなかった人もいます。以上でセンター試験直前期の準備や対策について紹介してきましたが、最後にできることは今まで一生懸命努力してきた自分を信じ、覚悟を決めて本番に臨むことが最大の対策かもしれません。