大学受験は朝食で決まる?おすすめの朝ご飯や時間帯とは?

大学受験は朝食で決まる?おすすめの朝ご飯や時間帯とは?

受験生の皆さんは受験に関する不安やプレッシャーから気分が悪くなる、食欲がなくなるといったことが起きやすいです。

しかし、体調をしっかり維持し万全の状態で受験勉強に取り組むためにも毎朝しっかりと朝食を摂る必要があります。今回は受験生にオススメの朝食や時間帯について紹介します。

大学受験は朝食で決まる?

朝食のパン

志望校に合格するためにはもちろん毎日の勉強が重要ですが、しっかりと勉強に励むためには体調管理や集中力をつける必要があります。

現役生の場合、毎晩夜遅くまで勉強しているため朝起きるのが遅く朝食を抜いている受験生もいらっしゃると思いますが、受験生は特に朝食を毎朝しっかりと摂らなければなりません。

受験に対するプレッシャーや不安によって食欲がなくなり、朝食を抜いている方も生徒さんもいると思いますが、体力勝負でもある大学受験を勝ち抜くためには朝食をしっかりと食べてスタミナを付けましょう。

受験生におすすめの朝食とは

毎日の受験勉強はもちろんのこと、模試のある日や試験当日は朝から試験があることから頭をしっかりと働かせるためにも朝食は必須となります。

そこでまず、受験生にオススメの朝食についていくつか紹介します。是非参考にして毎朝の朝食に取り入れてみてください。

その1:米やパンなどの炭水化物は必須!

毎日勉強机に座っているだけでも受験勉強は体力を使うことから、一日をフルパワーで過ごすためにもエネルギーやスタミナが必要となります。

そんな受験生の朝食には米やパンなどの炭水化物が欠かせません。米やパンなどの炭水化物は摂取した際にそれらが消化され、脳のエネルギー源となるブドウ糖に変わります。ブドウ糖は集中力を向上させたり記憶力アップに繋がるため、それらの栄養素が不足すると受験生にとっては致命的なのです。

逆に全く何も食べない状態で一日をはじめてしまうと昼食までの時間にしっかりと脳を働かせることができなくなってしまい、勉強しても内容が定着しづらいため非常に効率が悪くなります。そのため、たとえ朝食を摂る時間が十分にないときでも最低限おにぎりやパンなどの炭水化物は必ず摂取しましょう。

その2:ビタミンB1

脳の働きを活発にし勉強に集中するためにはブドウ糖が必要ですが、米やパンなどの炭水化物を摂取してから体内でブドウ糖に変換、吸収されるためには数時間時間がかかります。そのため、吸収を早めるためにもビタミンB1が含まれる食品をおかずとして取り入れましょう。主なビタミンB1が豊富に含まれる食品としては、卵や豚肉が挙げられます。

そのため、お米やパンに加えおかずとして卵焼きや豚肉料理を取り入れることがベストです。特に受験のストレスでイライラしたり精神的負担が掛かってしまう受験生にとっては、安定した精神状態で勉強の質や効率を上げるためもこれらの食材の摂取が必要不可欠となります。

朝食も受験勉強の一環として捉え、毎朝しっかりとエネルギーを補給して受験勉強に取り組みましょう。

その3:鮭などの焼き魚や少量の脂質

炭水化物やビタミンB1が含まれる食品に加えて、鮭などの焼き魚や少量の脂質も合わせて摂取できれば受験生の朝食としてベストなメニューになります。

サバや鮭などの魚にはDHAという栄養素が含まれており、直接的に学習能力を上げるわけではありませんが脳の発達と機能のためには重要な栄養素とされています。普段の生活においてDHAは不測になりがちな栄養素であるため、特に受験生は意識して摂取することをオススメします。

しかし、以上で挙げたような消化の良いモノだけだとすぐにお腹が空いてしまい集中力が維持しません。そこで、少しでも腹持ちを良くするためにも少量の糖質を摂取しましょう。例えばパンにバターを塗る、卵焼きに油を使って調理するなどあくまでも少量の脂質であることが重要で取りすぎてしまうと逆効果になります。

朝食を摂る際の注意点や時間帯

朝食の焼き魚

以上の3点が受験生の朝食として理想のメニューとなります。それでは、朝食を摂る注意点や試験当日の朝食を取るべき時間帯についても一緒に見ていきましょう。

あくまでも栄養バランスが重要

受験生が勉強のために取り入れたい食品について既にいくつか例を挙げましたが、注意するべきことはあくまでもバランスよく摂取するということです。米やパンなどの炭水化物は摂りすぎると逆に気分が悪くなってしまい集中力が低下したり眠くなります。

また、脂質に関しても朝から大量に摂取することは勉強だけでなく健康的にもよろしくありません。毎食バランスの取れた栄養を適量摂取することは難しいと思いますが、ご両親と一緒に協力して健康的な朝食を取ることを意識しましょう。

試験当日は2〜3時間前に朝食を摂ろう

朝食は勉強のパフォーマンスを向上するために必要ですが、朝食を摂った直後は胃腸が張ったりもたれてしまうことがあるため勉強に集中しにくくなります。特に重要な模試がある日や試験当日の日には朝食を摂る時間にも気をつける必要があります。

理想的な朝食の時間帯としては試験が始まる2〜3時間前と言われています。朝食のメニューにもよりますが、胃の中のものは約3時間あればほとんど消化されるとされています。

朝食を摂るための時間を確保する

朝食を摂ることが受験生にとって重要であるということは理解して頂けたと思いますが、当然ですがそれをしっかりと実践することに意味があります。

毎晩遅くまで勉強している受験生は夜型の生活に慣れてしまっているため朝できるだけ寝ていたいという気持ちはわかりますが、次の日の勉強も頑張るためには朝食を摂る時間をしっかりと確保する努力をしましょう。

そのため、夜の勉強を早めに切り上げなるべく早めに起床し朝食を摂るなど、生活習慣の改善も受験生にとっては重要です。

受験生にオススメの朝食や時間帯まとめ

今回は受験生にオススメの朝食のメニューや時間帯などの注意点について紹介しました。毎朝バランスの良い朝食をしっかり摂ることは単純ですがそれを一人で実践することは難しいです。

そのため、両親や家族と一緒に協力して勉強に集中するためのコンディション作りを行いましょう。

関連記事

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談