【共通テスト】英語(リーディング)の解く順番は!?時間配分を紹介

大橋校・

こんにちは。西鉄大橋駅から徒歩3分、福岡市南区にある大学受験専門塾、逆転合格の武田塾大橋校です♪♪

大橋校 校舎HP:https://www.takeda.tv/ohashi/

今回は「共通テスト英語(リーディング)の解く順番」についてお話ししていきます。

英語 解く順番

無料受験相談

(無料受験相談をご希望の方はクリック↑)

武田塾の無料受験相談ってなにするの?

 

【関連記事】(↓クリック)

●共通テスト対策でおススメの参考書

●長文対策:スキャニング法とは!?

●スラッシュリーディングとは!?

●大学受験に向けて塾に通った方が良いの!?

●福岡市南区で大学受験の塾・予備校探し

●大学入学共通テストの最新情報

●リスニングの勉強法・対策を紹介

●福大・西南学院大もさらに難化する?

 

【オススメ記事】(↓クリック)

●福岡県内の自習スペースを紹介!

●福岡県内の武田塾の合格実績は?

 

英語(リーディング)の解く順番

英語(リーディング)の試験は制限時間内で解き切れるかが厳しいといった声も多く、解く順番って気になりますよね?従来のセンター試験では、文法から解く派や第6問から解き始める派といった色んな流派がありましたが、共通テストの英語はどういう順番で解けばいいのか分からないですよね。そこで今回は、共通テストの英語の解く順番について、3つの項目を参考にしながらご紹介していきます。

 

大問ごとの難易度

CEFRに則れば、大問が後になっていくほど難易度が難しくなるように作られていることがほとんどです。したがって、第1問から順番通りに解いていくことが無難です。

共通テスト試行調査の難易度も、

第1問  →  第6問

易しい   →  難しい

というようになっています。

しかし、第1問から順番通りに解いても上手くいかないというケースも考えられます。順番通りに解いて上手くいかなかった人の場合、模試や試行調査を参考にして自分の最大得点ができたところから解き始めるようにして、オリジナルの順番を組み立ててみることがおススメです!

 

各大問の配点

試行テストにおいて、第5問は文章1つで20点の配点があるため、「第5問から解くべきじゃないか」といろいろ言われてはいます。しかし、共通テストは今年度が初めての実施になるので、どういう出題形式になるか分からないため、一概に「第〇問から解くことがおススメ!」「この順番が良い!」といったことは言えません。つまり、配点が高い大問から解く方が良いというわけではないんです。

共通テストの英語(リーディング)は80分で実施されますが、時間が足りないと感じる受験生も多いかと思われます。MARCHや関関同立に合格できるレベルに達していないと、スムーズに解き進めることは難しくなってきます。さらに、スキャニングができない受験生にとって、全問を解き切ることも難しくなってくる可能性もあります。

優先順位を決める際に最終的な決定は自己判断にはなりますが、解く順番を考える際に配点の大きい方に着目する人は多いかと思います。

試行テストの配点で言うと、

大問1・2・3合わせて40点

大問4・5・6合わせて60点

となります。また、大問1~3は1問当たりの配点が低く、大問4~6は1問当たりの配点が高めとなっています。

したがって、前半の第1~3問で失点を最小限に抑えて、後半の第4~6問で大量に点数を取りにいくということが基本的な戦略になります。

 

ここで注意していただきたいことは、後半の第4~6問を先に解けば良いと考えるのはNGです!手っ取り早く点を取ろうとする目的で、ハードな大問から解き始めるのは効果的ではありません。

1問当たりの配点が高いということは難易度が高いということです。つまり、試験開始直後の頭が英語の脳に変わっていない(脳が働き切っていない)時間帯にハードな大問から解き始めてしまうと、せっかく勉強していたことも満足に発揮できないといったことにもなりかねません。

 

各大問の時間配分と正答率

満点を目指す人であれば、第1問から順を追って解いていけば良いですが、6~7割を目標にしている人の場合は解けなくても良い問題もあります。

自分の目標点に対してどの程度の問題数を正解できれば良いのかを、学校で受けている模試などを参考にして戦略立てしておきましょう!

ザっとではありますが、各大問ごとの理想的な時間配分の目安は以下になります。

第1問  10分

第2問  15分

第3問  10分

第4問  10分

第5問  15分

第6問  20分

さらに、試行調査の正答率は以下になります。

第1問  76.2%

第2問  64.6%

第3問  69.0%

第4問  59.2%

第5問  22.5%

第6問  41.1%

 

したがって、正答率が高い順(みんなが取りやすい大問)から順に解くとなると、

第1→3→2→4→6→5問となります。

前述の通り、一概に「第〇問から解くことがおススメ!」「この順番が良い!」といったことは言えませんが、初めての共通テストで受験生全員が少なからず不安を感じていると思われるので、「第1問から順に解く順番」あるいは「試行調査の正答率の高い大問から解く順番」の2択がおススメです!

 

まとめ

今回は、難易度・配点・時間配分・正答率を参考にして、共通テストの英語(リーディング)の解く順番をご紹介しました。

おススメの解く順番については、

〇第1問から順に解く

〇試行調査の正答率の高い順番で解く

となります。

 

共通テストが初めてなだけに、

「どう対策をすれば良いのかわからない」

「どういう準備をしておけば良いの?」

といった悩みや不安を持っている受験生は多いかと思います。

そういった受験生が1人でも多く安心でき、本番で力を発揮できることを心から祈っております。

 

動画も載せておきますので、受験勉強の息抜きにご覧ください!

 

一人でダメなら武田塾大橋校へ

武田塾は参考書を授業変わりとした至ってシンプルな塾・予備校です。しかし、参考書を授業代わりとするにはちゃんとした理由があります!とにかく重要なことは、予備校や塾に入っただけで決して満足しないこと!今の自分にとって、成績を上げられる塾はどこなのかをしっかり検討していく必要があるのではないでしょうか!!武田塾では、無料受験相談を実施しており、受験生の悩みやアドバイスを受験生のみなさんにおこなっています。何回でも受験相談を受けることができるので、ぜひ一度武田塾へお越しください♪♪

武田塾では、無理な勧誘を一切いたしません。それは、武田塾の理念として、「一人で勉強して成績が伸びる生徒は武田塾に入塾する必要はない」という想いがあるからです。これを読んでいただいた皆様には、ぜひ一度、大橋校へ足を運んでいただき、武田塾の勉強法や参考書ルートをお伝えし、受験に活かしていただければと考えております!!

「授業を聞いても成績が伸びない・・」

「模試の結果が良くなかった・・」

「使用する参考書だけでも欲しい!!」

「大橋校ってどんなトコだろう??」

どんな動機でも構いません!まずは、この機会に一度、無料受験相談をご利用ください!!

いかがでしょうか?

皆さん一人ひとりに合った勉強方法を見つけるのは武田塾の仕事。したがって、一人でできる方は入塾不要!一人で勉強するのが難しい方は、二人三脚で乗り越えましょう。武田塾チャンネルを上手く活用して、基礎の完成度をグッと上げましょう。皆さんの合格を心より願っております!武田塾では、手厚いサポートと一人一人に合わせた無理のないカリキュラム管理を徹底して、確実に勉強を進めることができるので、皆さんが抱える受験への不安や悩みを一緒に解決する塾です!

話の続きが気になる人!

これからの計画立てに不安がある人!

とにかく今すぐ勉強を始めたい人!

一人では成績が上げれない人!

受験で後悔したくない人!

受験生のみなさんはぜひ一度、無料受験相談をご利用ください!!

無料受験相談

 

合わせてどうぞ(クリック)

●【武田塾】大橋校の行き方を紹介

●【武田塾】福岡市南区の塾を紹介

●【武田塾】大橋校のカリキュラム

●【武田塾】日本史の巻きかえし方

●【武田塾】西南大の合格最低点!

●【武田塾】西南大の英語・国語!

●【武田塾】九州大学の数学・理科!

 

公式Twitter

大橋校には公式Twitterがあります!

Twitterから

無料受験相談の申込・勉強相談も可能です。

↓フォローお願いします↓

Twitter

 

塾生の一日

 

武田塾は全国に300校舎以上あり、大学受験を控える現役高校生や浪人生を対象に"日本初!授業をしない塾・予備校"として皆さんの成績向上に貢献します!

 

武田塾では、九州大学や九州工業大学、北九州市立大学などの国公立大学を始め、東京大学、京都大学、一橋大学、大阪大学、東京工業大学、東京医科歯科大学、北海道大学、東北大学、お茶の水女子大学などの最難関国公立への逆転合格者を多数輩出しています。私立大学は、地元の西南学院大学、福岡大学を始め関東圏・関西圏などの都心部においては、早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、明治大学東京理科大学、中央大学、法政大学、学習院大学立教大学、青山学院大学、関西大学、同志社大学関西学院大学、立命館大学などの超有名私立大学への進学者も多数います。関東や関西地区で人気上昇中の武田塾だからこそ、地元進学者以外にも手厚いサポートや、合格カリキュラムの作成が行えます。他の塾や予備校にはない、武田塾の個別サポートシステムを利用して一緒に合格を目指しませんか?

IMG_1819

 

武田塾チャンネル

武田塾チャンネル

(↑画像をクリック)

 

逆転合格.com

fbnr01

(↑画像をクリック)

 

******************

武田塾 大橋校

〒815-0033

福岡県福岡市南区大橋1-20-19

朝日ビル大橋 4F

TEL:092-408-5470

FAX:092-408-5471

75402238_517260319124937_6377066187246796800_n

******************

******************

武田塾 大橋校

〒815-0033

福岡県福岡市南区大橋1-20-19

朝日ビル大橋 4F

TEL:092-408-5470

FAX:092-408-5471

Mail:ohashi@takeda.tv

******************