「ながら勉強」は効率が良い?メリット・デメリットを解説

音楽を聞いたりテレビを見たり、他のことと並行して勉強をしてしまう「ながら勉強」は意外と賛否両論の多い勉強法ですよね。

音楽を聴きながら勉強している方は多いかもしれませんが、さすがにテレビを見ながら勉強するのは効率が悪くなってしまいそうです。

今回は、そうした「ながら勉強」に関する疑問や、メリットデメリットを武田塾が解説していこうと思います。

普段、ついついながら勉強をしてしまうという方は、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

「ながら勉強」とは?効率は良い?

勉強道具とイヤホン

音楽を聞いたりテレビや動画を見たりと、なにか他のことをしながら勉強する「ながら勉強」ですが、人によって賛否両論別れる勉強法でもあります。

例えば、適度な音楽を聴きながらの勉強は集中できるという話はよく耳にしますよね。

確かに音楽には脳をリラックスさせる効果があると言われており、勉強の効率アップも期待できそうです。

しかし、テレビ番組を見ながらの勉強は全然集中できないようにも思えます。並行して勉強できればまだ良いですが、いつのまにかテレビばかりに集中してしまっては本末転倒です。

いったい、ながら勉強は良い勉強法と言えるのでしょうか?

まずはそれを確かめるために、ながら勉強のメリットデメリットを確認していきましょう。

ながら勉強のメリットは?

デメリットばかりが気になってしまうながら勉強法ですが、ながら勉強法ならではのメリットも存在します。

うまく活用すれば、自分の勉強効率を更に上げることができるかもしれません。

メリット①リラックスした状態で勉強できる

これは特に音楽を聴きながら勉強する時に当てはまるメリットです。先ほどもご紹介したように音楽には脳をリラックスさせる効果があります。

雨の音などの環境音には集中力を高めてくれる効果があると言われることもあるように、ゆったりとした音楽など適度な雑音は脳を落ち着かせ、集中力を高めてくれます。

また、周りの話し声などが気になる環境ではイヤホンやヘッドホンで音楽を聞くことで、勉強の邪魔になる雑音をシャットアウトすることもできるでしょう。

最近は音楽を聴きながら勉強する方も増えたので、すでに実践しているという方も多いのではないでしょうか。

メリット②時間を効率的に使うことができる

難関大学に合格した人の話を聞くと、意外とお風呂に入りながら勉強していたという人も少なくありません。

このように、お風呂の時間や食事の時間、寝る前の筋トレやストレッチなどの時間に勉強をすることで、時間を有効的に使えるというメリットが存在します。

流石にテレビを見たりゲームをしながら勉強するのは時間を効率的に使っているとは言えないかもしれませんが、それ以外にもながら勉強法で勉強時間を生み出すチャンスはたくさん眠っています。

メリット③モチベーション維持に繋がる

ながら勉強なら勉強だけに集中するわけでは無いので、モチベーションを維持しやすいというメリットがあります。

単純な計算問題などなら音楽を聴きながらでもできるので、他の勉強の合間に休憩としてながら勉強をするのも良いかもしれません。

ながら勉強のデメリットは?

本とヘッドホン

ながら勉強のデメリットはやはり集中して勉強しにくいという点に尽きるでしょう。

ながら勉強は基本的にデメリットが多いので、これらのデメリットがあるということをよく理解しておくことが大切です。

デメリット①効率が悪くなる

人間は1つのことに対して集中して取り組んだ方が効率が良くなるのは言うまでもありません。

ながら勉強をすると脳の半分を別の作業に使ってしまうため、勉強効率が悪くなってしまいます。

テレビが点いていたり音楽が流れている部屋でも集中して勉強できるという人もいるかもしれませんが、集中して勉強している時は結局テレビや音楽のことは頭に入っていないことがほとんどです。

音楽を聞いてリラックスするなど具体的な理由が無い限りは、ながら勉強はしない方が良いでしょう。

デメリット②受験本番で集中できない可能性がある

いつもいつも音楽を聞いたりしてながら勉強をしていると、その環境でしか集中できなくなってしまうということも無くはありません。

受験本番では流石にながら勉強はできないので、何も無い環境で自分の全力を出せるように練習しておくことも大切です。

「〇〇しながらじゃないとどうしても集中できない!」という方は、通常の環境でも実力を十分に発揮できるようにしておきましょう。

効率的な「ながら勉強」の活用法は?

結論として、やはりながら勉強法は基本的に効率の良い勉強法とは言えません。

特に、激しい音楽やテレビ・ゲームなど集中力を削いでしまうものは絶対にNGです。

ゆったりとした音楽でも、歌詞のある曲だと余計な情報が脳に入ってきてしまうのであまりおすすめできません。

しかしリラックス目的で音楽を聞いたり、時間を有効活用するためにお風呂で勉強したりすれば「ながら勉強」を有効的に活用できるかもしれません。

ながら勉強におすすめの教科は?

勉強には他のことをしながらでもできる教科他のことをしながらではできない教科が存在します。

例えば、単純な計算問題を解いたり漢字練習をするなど、同じことを繰り返し行うだけの作業はそこまで頭を使わないのでながら勉強に向いています。

これらの勉強は集中力よりも繰り返しやって慣れることが大切なので、他のことをしながらでもそれほど効率が落ちることは無いでしょう。

逆に、複雑な計算問題や国語・英語の長文など頭を使ってしっかりと理解することが必要な科目はながら勉強に向いていません。

ながら勉強法まとめ

ながら勉強は勉強と同時に他のことも行うので、基本的に効率の良い勉強法とは言えずおすすめできる勉強法ではありません。

しかし、お風呂の時間に勉強することで時間を有効的に活用できたり、特定の教科の勉強で音楽を聞くことで集中力やモチベーションをアップさせたりと、一概に悪い勉強法とは言い切れません。

特に基本的な計算問題や漢字練習など単純作業ならながら勉強でも効率を落とさず勉強することができます。

ぜひ今回の記事を参考に、ながら勉強をうまく活用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談