苦手科目・得意科目は何割を目指すべき?苦手科目の克服法もご紹介

どんな人にも苦手科目得意科目はあると思いますが、実際に本番で合格を勝ち取るためにはそれそぞれ何割くらいを目指せば良いのでしょうか?

今回は、本番で合格を勝ち取るために必要な、苦手科目・得意科目の目指すべき点数について解説していきます。

苦手科目の克服法も合わせてご紹介しますので、苦手科目があって困っているという方はぜひご覧ください。

大学入試の合格最低点はどれくらい?

まず最初に、絶対に超えなくてはならないそれぞれの試験の合格最低点について確認しておきましょう。

大学入試にはセンター試験や国公立二次、私立入試などがありますがそれぞれ目指すべき点数の割合は若干違います。

もちろんより高い点数を取れるに越したことはないですが、まずは合格ラインを超えることが何よりも大切です。最初はこの合格最低点を意識しながら勉強を進めましょう。

センター試験の合格最低点

センター試験自体の平均点は大体60%程度です。しかしこれはあくまでも平均点であり、一般的な国公立大学の合格を目指すなら合格最低点は65~70%ほどになります。

狙っている大学によってもセンター試験の合格最低点や二次試験との比率は異なりますが、7割は取れていないと二次試験がかなり厳しくなると考えて良いでしょう。

国公立二次試験の合格最低点

二次試験はセンター試験よりも必要な点数の割合は多少低くなる傾向にあり、だいたい50~60%ほどが目安となります。

ただし医学部などはこれに当てはまらないことも多く、8割程度取っておかないと合格最低点を超えられないことも多いです。

私立大学の合格最低点

私立大学ではそれぞれの大学によっても合格最低点はかなり異なってきますが、一般的に難関と呼ばれるレベルの大学では6~7割が合格最低点となります。

特に私立大学では教科数が少ないので、得意科目・苦手科目が総合点に影響しやすいため注意が必要です。

得意科目は何割を目指すべき?

武田塾チャンネル詳細動画①はこちら

では、得意科目では何割くらいを目指せば良いのでしょうか。

得意科目では苦手科目で出来なかった部分をカバーするために、ある程度高い点数を狙っていきたいところです。

「捨て問」以外は取ろう!

大学入試において、明らかに解けない問題が設置されていることがよくあります。

いわゆる「捨て問」と呼ばれる難易度の高い問題ですが、得意科目ならこの捨て問以外の問題は解き切ることが目安となります。

捨て問まで解くことを目標にしてしまうと勉強のコスパが悪くなってしまいます。それよりも解ける問題を確実に取ることを目指しましょう。

そのため具体的に何割とは言いにくいですが、8割以上は何があっても取れるようにしておくと安心です。

もっと正確に何割取ればいいか知りたい場合は、一度過去問を解いてみてどれが捨て問でどれが解ける問題か分けると目指すべき点数がわかります。

苦手科目は何割を目指すべき?

武田塾チャンネル詳細動画①はこちら

大学入試では、得意科目よりも苦手科目で何割取れるかが合否を分けることになります。

苦手科目でもある程度の点数を確保することによって、余裕を持って合格することができるようになります。

苦手科目では平均点マイナス1割が目安

苦手科目の場合は、平均点マイナス1割くらいが目指すべき点数となります。合格最低点マイナス1割ではなく、平均点マイナス1割というところに注意してください。

大学受験において大切なのは得意科目で点数を稼ぐことではなく、平均的に満遍なく点数を取れることです。

1つでも合格最低点を大きく下回る教科があると、それを得意科目だけでカバーするのはかなり困難になってしまいます。

そこで、苦手科目では最低でも平均点マイナス1割を目指しておけば、ある程度は得意科目でカバーできる範囲に収めることができるのです。

しかし、本当なら苦手科目でも平均点くらい取れると受験を有利に進めることができるのは確かです。得意科目を伸ばす時間があったら、まず先に苦手科目を解消した方が結果的に良い点数を出せるかもしれません。

苦手科目の克服する方法は?

詳細動画②はこちら

では最後に、苦手科目を克服するための勉強方法をご紹介します。

合格を確かなものにするには、苦手科目を作らないことが何よりも大切です。苦手科目を克服して、どんな教科でも自信を持って解答できるようにしていきましょう。

自習室を利用する

苦手科目を勉強していると、ついつい自分の得意な科目に逃げてしまったり勉強をサボってしまったりしがちです。

そこで塾の自習室などを利用し、勉強しなくてはならない雰囲気を整えることから始めると良いでしょう。

塾にいればわからない部分をすぐに先生や友達に聞くことができるのもおすすめできるポイントです。

人に宣言してから勉強をする

友達や先生に苦手を克服することを宣言してから勉強するのも効果的です。

他人に宣言することで、なんとしても克服しなければならない環境に身を置くことができるため、苦手克服が捗ります。

特に、いつの模試までに何点上げられるようにするか具体的に宣言すると勉強計画も立てやすくなります。

時間を分散させて勉強する

どうしても苦手教科を勉強するのが辛いという方は、短い時間で何回かに分けて勉強するという方法がおすすめです。

朝と夕方など、時間を空けて勉強することで苦手教科でも集中力を途切れさせず勉強することができます。

また、ある程度時間を空けて勉強するためちゃんと覚えているかどうかの確認にもなります。どうしても苦手科目の勉強に飽きてしまうという方は実践してみてはいかがでしょうか。

まとめ

大学入試で大切なのは、得意科目で点を稼ぐことではなく平均的に満遍なく点を稼ぐことです。

そのため、苦手科目では最低でも平均点マイナス1割くらいを取れるようにしておきましょう。

また、得意科目では捨て問以外は全部取れるようにしておくことが理想です。もし捨て問以外を確実に取れるようになったら、余った時間は苦手科目の勉強に充てると効率的に点数を稼げます。

苦手科目を克服したいときは、とにかく自分を苦手科目を勉強しなければいけない状況に置くことが大切です。もしそれでも勉強できないという場合には、短い時間で数回に分けて勉強することで集中力を保ち続けることができます。

大学入試では苦手科目の克服が合格に近くためのポイントです。ぜひ今回の記事を参考に、苦手科目を克服して一歩でも合格に近づけるよう頑張ってください。

関連記事

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談