経済学部志望におすすめの大学は?どこを受ければいいかわかる!

秋葉原校・

グラフィックコンセプトの株式市場または外国為替取引グラフ Premium写真

「経済学を学びたい」
「経済学部に進学したい!」
「経済学ってどんなことを勉強するんだろう?」

あなたは今、こんなことを考えていませんか?
経済学部はたしかにメジャーな学部ではありますが、いざ進学してから「何か違うな」と思うと、勉強に力が入りません。

そこでこの記事では、現役東大生であり、武田塾秋葉原校のスタッフである鶴山が
経済学部について解説します。
この記事を読めば、経済学部についてよくわかります。

この記事があなたのお役に立ちましたら幸いです。

 

 

~~~

「本音を言えば早稲田や慶応に行きたいけど、
今の自分の成績では正直いける自信なんてないなぁ…」

「MARCHに行けたら嬉しいけど…自分じゃどうせ無理だよなあ…」

あなたは今、そんなふうに悩んでいませんか?

しかし、効率の良い勉強法で最速で成績を伸ばせる武田塾・秋葉原校なら
第一志望を妥協するのではなく、あなたが本当に行きたい大学に逆転合格できます!

そんな武田塾では、最強の勉強方法について学べる〝無料勉強相談会〟を行っております。

第一志望に合格したければ、ぜひ下のボタンから
武田塾・秋葉原校の無料受験相談をチェックしてみてください!

無料受験相談

 

 

経済学部志望!大学ではどんなことを学ぶの?

image4

経済学部では文字通り、経済について学びます。

経済は、「政治・経済」と並び称されるほどに社会や私たちの生活に密接にかかわるものです。それを学術的に研究する学問分野が経済学です。

様々ある分け方の一つとして、マクロ経済学、ミクロ経済学に分けることができます。マクロ経済学は国や世界など広い範囲の経済的な動きを研究するものです。

ミクロ経済学は、ごく一部の地域や会社、またはその一部門など、それに関わるモノ・ヒトの数が比較的少ない経済について研究します。

他、どちらにも属すると言える経済理論や経済思想など、この学部では経済についてのあらゆることを学ぶことができます。

経済学部志望!大学の特徴は?

image2

経済学部は、大学内の他の学部に比べて偏差値が高い場合が多いです。

文学、法学と並んで文系分野ではメジャーな学部であり、そこに特に力を入れている大学ならば人が集まるので、偏差値が上がるのです。

また、経済学は数理モデルを用いて体系的に経済を分析・研究する場合が多く、その性質上、数学を多用します。

数学ⅡBレベルまでは必須と言えるでしょう。

特に微分や方程式(二次方程式、連立方程式も含む)や関数は多用します。

経済に関わる関数をグラフ化し、利益の最大化をするにはどのようにすればよいかを数式で求める、というのは経済学の基礎と言えます。

そうした都合上、文系学部の中では受験科目として数学を重視している場合もあり、理系が併願することもあります。

早稲田大学の政治経済学部が入試において数学を必須科目とする、というニュースは記憶に新しいでしょう。

また経済学は企業にとっても重要とされることが多い学問なので、就職に強い傾向があります。

お金や「稼ぎ」に密接にかかわる学問なので、そこに強い、というのは企業から見ると魅力的に映るのでしょう。

経済学部志望のおすすめ大学は?

概念図を選択してください 無料ベクター

同じ経済学部と言っても、大学によってピンキリです。

おおむね偏差値で大学のレベルがわかりますが、低いからと言って、高いところに劣るとは限りません。

他の学部にも言えることですが、「その大学内の各学部で比較して、入りたい学部にその大学が力を入れているかどうか」もまた重要です。

ここでは、独自の判断基準を元に、経済学部のおすすめ大学を紹介します。

①大学名に「経済」とついている大学

名前からわかる通り、間違いなく経済学に力を入れている大学です。

経済学をメインとして据えているため、多くのサポートが期待できます。

また経済学が関わる仕事とのパイプが太い場合もあり、就職に有利な場合もあります。

経済学が関わる資格(税理士や公認会計士など)取得の支援も充実していることもあるでしょう。

名前に「経済」とつくだけあって、満足のいく学生生活が送れます。

②早稲田大学

先述の通り、経済学部の入試必須科目に数学を入れた大学です。

文系は数学が苦手な場合が多く、そうした生徒でも受験してくれるようにと入試に必須科目として入れない大学が多い中、

しっかりと必須科目に数学を入れたという判断をしたことから分かる通り、経済学にも非常に力を入れています。

③成蹊大学

伝統的な経済学だけではなく、特に現代社会に即した経済学を学びたいならば、現代経済学科が設置されている成蹊大学がおすすめです。

この大学は安倍晋三氏が法学部・政治学科に通っていたということ以外ではあまり名前を聞かない大学ですが、

世間でよく使われる区分で言うと、

G-MARCHと日東駒専の間のランク群(成成明学獨國武と言われます)に属するレベルの高い大学となっています。

成蹊大学はその中でも特に経済学部に力を入れており、ハイレベルな学びが期待できます。

④東洋大学

国際的な経済学に定評がある大学です。評判も良く人気も高いため、いわゆる日東駒専の中では比較的高い偏差値を誇る学部です。

ここで紹介した以外にも、経済学部がある大学はたくさんあります。

差がどうしてもあるとはいえ、経済学部を設置しているということはどの大学にも経済学の素晴らしい専門家がいるということであり、質の低い学びはどこの大学でも基本的に心配しなくて良いでしょう。

自分自身の目標や学びたいことにあった大学を選んでください。

 

経済学部志望 おすすめ大学 まとめ

この記事では経済学部に興味を持った方のために、経済学部の解説やおすすめ大学の紹介をしました。

また、経済自体は生活や社会と不可分のものですが、経済学には意外と馴染みが無い場合が多いため、そうした方のためにも、経済学についても解説しました。

経済学は社会にとって必要であり、大きく貢献できる学問です。

数学を多用するなど他文系学部に比べてハードルもありますが、それを乗り越えて学んでいけば、「経世済民」という経済の語源の通り、多くの人の役に立つことができます。

それを評価されて、就職に有利に働く場合もあるでしょう。

そんなみなさまの未来のために、この記事が少しでも役に立てば幸いです。

 

 

 

intro1

intro2

intro3

intro4

intro5

intro6

intro7

intro8

 

無料受験相談

 

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 秋葉原校へ