日本大学のおすすめの7つの学部~絶対受かる&最先端の学部とは~

中山校・

どうも、武田塾中山校です。

大学紹介ブログシリーズになります。

 

今回紹介するのは、「日本大学」です。

nu_logo

 

 

ここ最近で紹介している「日東駒専」。

一般に中堅と呼ばれるこの大学群は、前年度と比べ上位大学の「MARCH」や「早慶上智」が合格者数の厳正管理をここ最近行っていることで、志望人数が増えると考えられていた中、唯一志望者が前年度に比べて、87.5%と大きく減少したのがこの日本大学です。

一体なぜこれほどまでに志望者が減ったのか?

またそれなら日大は合格しやすくなったのか?

 

そんな疑問に答えていきながら、現在の日大事情とオススメの学部などを伝えていこうと思います。

 

日本大学とは

名称:日本大学

 

住所:本部:東京都千代田区九段南4丁目8

JR・地下鉄市ヶ谷駅下車、徒歩2分

 法学部:東京都千代田区神田三崎町2丁目3の1 

JR水道橋駅下車、徒歩3~5分。地下鉄水道橋駅下車、徒歩3~6分。地下鉄神保町駅下車、徒歩5~8分

 文理学部:東京都世田谷区桜上水3丁目25の40 

京王線・東急世田谷線下高井戸駅、または京王線桜上水駅下車、いずれも徒歩8分

 理工学部(駿河台キャンパス):東京都千代田区神田駿河台1丁目8の14 

  JR・地下鉄丸ノ内線御茶ノ水駅下車、徒歩3~5分。地下鉄千代田線新御茶ノ水駅下車、徒歩3分

      2~4年(交通システム工・海洋建築工・精密機械工・航空宇宙工・電子工・応用情報工を除く) 

 理工学部(船橋キャンパス):千葉県船橋市習志野台7丁目24の1 

東葉高速線船橋日大前駅下車、徒歩1分

1年(ただし、交通システム工・海洋建築工・精密機械工・航空宇宙工・電子工・応用情報工の各学科は4年次まで) 

 

主なものを取り上げるとこのようになっています。

日本大学の特徴としては、1つの学部が1つの単科大学のように広範囲かつビッグスケールなキャンパスを持っていることがあげられます。

 

またここにあげているものの他にも静岡県三島市や福島県郡山市にまでキャンパスがあります。

 

魅力

 

➀ 国際交流

世界に開かれた大学として、国際交流に力を入れています。32か国1地域127の大学や教育機関と交流協定を結び、2017年は1,217名の留学生を受け入れています。なので日大に通えば学部によっては多民族での交流が期待できます。

 

② 多彩な学部と共通意識

日大には16学部ほど存在し、それぞれが全く違ったキャンパスで生活を送ります。なので学部ごとの風土も全く違うものであるのですが、日大として何かしら問題を抱えたとき、「日大生として何かできないか」という共通意識を持っています。

 

③ 卒業生が毎年多く、人脈が拡がる

もうすぐ創立130年を迎える日本大学。そこから卒業する人数は毎年2万人近くであり、OBOGは数百万人ほど。その中で数多くの著名人も卒業しており、そのブランド力の範囲は日本有数とも呼べるものです。

 

④ 設備が整っている

日本大学には大学の図書館のほか、最新の設備が整った「大学病院」や「文理学部資料館」「生物資源科学部博物館」などの大規模な施設を有します。

またセミナーハウスなどを軽井沢や箱根に設置してあり格安で利用することができるのも1つの強みといえるでしょう。

 

それでは、皆さんの気になっているであろうおすすめの学部について紹介していきます。

 

おすすめの学部・学科~入試編~

ここでは受験で受ける上で受かりやすいと思われる学部について紹介していきます。

また入試形態は『A方式』や『N方式』などがありますが、簡単にそれぞれの方式についてまとめながらここでは一般に受けることが予想される『A方式』について話していきます。

 

A方式:学部ごとに受けられる試験で試験内容も試験日も全く別。いわゆる個別試験です。

N方式:日本大学全体で同じ日に同じ内容の試験を受ける方式であり、こちらは複数の学部を併願できるのでまとめて結果を得やすいのがこちら。ただしそれぞれの学部によって合格点は変化します。

C方式:大学入試センター試験を利用した方式。センターの点数によって合格不合格が分かれます。

 

さてでは本題に入ります。

 

危機管理学部 

前年度と比べて募集人数がガクッと下がったのがこの学部。前年度と比べ約70%の受験生しかおらず、一時期ニュースにも取り上げられました。

また入試難易度もそこまで高くなく、全体の60%取っていれば安全圏内であるのもおすすめの一つとして挙げられます。

 

国際関係学部(静岡)

こちらの学部は、キャンパスこそ静岡にありますが募集人数段階で想定合格者数の2倍を切っているという学部であり、やはり比較的に受かりやすいです。

また国際関係ということもあり、今後グローバルな世界で働こうとしている人にとってはとても良い学部であると思います。

 

生産工学部

こちらの学部に関してもやはり2019年度にして定員を2倍近くを切りそうな学科が多く取り扱われています。主な学科を挙げると、

機械工学科 電気電子工学科 土木工学科 環境安全工学科 創成デザイン学科

などがあります。

こちらの学科は2019年度に限らずここ3年で定員の2倍あたりを行き来しているので、今年に限らず狙い目である学部だといえます。

また立地自体もキャンパスが千葉県習志野市にあり、東京駅から電車で30分程なためそれほど都心から離れてはいません。なので都心付近で生活してみたい人にはさらにおすすめの学部です。

 

工学部(福島)

生産工学部と同様、多くの学科が募集人数を減少させたのがこの学科です。比較的にどの学科も倍率を2倍超えず、入りたい学部を志望すればそれなりに入れる可能性の高い学部です。

場所が福島県郡山市にあるため、都心から離れているように感じるかもしれませんが、「田舎ではない、郡山は近いし都会感はある」(20代男性)という意見があるくらいには都心に近い環境であるといえます。

また、この学部のいいところは福島にあることから、学費を無駄にしたくないという心理が働き、逆に皆が各々の研究や勉強をしやすくするような環境づくりがなされていくことです。そのため就活などの面でもかなり強みのある学部になっています。

 

ではなぜそれほどまでに人気がないのか...?

 

簡単に言ってしまえば、原発の事故などが起こったことによるマイナスのイメージがそのまま依然として残され、それが人々を遠ざけているから、だと考えています。

実際のところ日東駒専レベルでの工学部の人気の低さとその維持性としてはまさに『異常』な事態であり、そう長くは続かないと筆者は考えています。

 

生物資源科学部

次に紹介するのはキャンパスが神奈川県藤沢市にある、生物資源科学部です。この学部は『獣医学部』と『海洋生物資源科学科』以外に関しては倍率はほぼ2倍を超えることがなく、生物系に進みたければおすすめの学部といえます。

 

 

考察

 

ここまで見てきた中で、日本大学の入りやすい学部の特徴の1つとして立地が大きく関わっていることが挙げられます。そのため、日本大学は、特に理系に関してですが、学部としての入りやすさとそれに対して大幅のリターンを得られるという点ではかなりの『穴場の大学』だといえます。

 

おすすめの学部・学科~内容編~

ここでは、日本大学の中でも特に入っておいて損はないであろう特に魅力あふれる学部、学科について紹介していきます。

 

法学部 法律学科

こちらの学部は、その内容こそもちろんのこと、夜間部というものが存在することが大きなメリットとして挙げられます。

 

夜間部とは、その名前の通り夕方以降から大学の授業を受けることができ、授業内容を昼のものとほぼ同等の質で受けられ、なおかつサークルなども昼の部と同様に制限なく入れるといった学費に困っている学生などからしてみれば昼に働きながら夜に受講ができるという魅力的なシステムです。

また立地自体も東京都の水道橋駅に存在するため、通いやすさは◎です。

 

工学部 情報工学科

まずはこちらの学科の学ぶ内容を見てみましょう。

「自分の学科では、主に情報系(プログラミングなど)が中心です。やるのはプログラミングでc言語(全ての基礎の基礎)とよくあるjava言語、また基本情報技術者という資格がとれるよう、コンピュータにおける動作の原理や仕組みを学べます。三年生になるとAI、人工知能やCGの画像処理、ビックデータなど様々な専門知識がつけられます。また、教職で技術、数学などがとれます」(20代男性)

というように、情報工学部では今世の中で注目されている「プログラミング」や「ビッグデータ」の基礎を学ぶことができる学科となっています。

 

そのため僕は強くお勧めします。また就職でも情報関連の学科は、それなりに自分でプログラミングの経験を積まなくてはいけないものの、相応の企業から内定を受けやすいので本当にとてもおすすめです。

 

 

これらをふまえて

以上、筆者が挙げた学部以外にも魅力的な学部はもちろんありますが、2つのおすすめ度の観点からいえば、情報工学部はとても良い学部だといえます。

もし、ビッグデータやAIについて詳しく知りたければ過去のブログもご覧ください。

滋賀大学・横浜市立大学・武蔵野大学設置のデータサイエンス学部とは!? ~最先端テクノロジーを学ぶ意義~

 

 

最後に

 

さて、これまで日大の受験事情などについて話をしてきました。

ただ日大って本当に入っても良い大学なのか?

そこについて最後に筆者の考えを述べておしまいにしようと思います。

 

 

 

 

日大のイメージを大きく変えてしまった某事件。

これによる不祥事などは様々なメディアで取り扱われ、日本全体に大きな波紋を呼びました。

実際に関わった人以外にもこの影響を受けたであろう人もいるとは思います。

ですが、それならば日大生は全員悪者なんでしょうか?

答えは、もちろん『NO』です。

この一連の事件は彼らの信用を脅かすばかりか、もとい彼らの団結力を高め、少しでも日大の士気を高め前進しようとそれぞれの学部が声明を出し、キャンパスも風土も全く違うOBOGが日大生としての自覚を改めて持ち始めました。

 

日本大学の教育理念は『自主創造』。

大学の事情を心に留めながら、1人1人が日本の教育やこれからの生活について真摯に向き合いながらより良い世の中を『創造』することを、日本大学を目指すうえで皆さんに頑張ってもらいたいなと筆者は思います。

 

では。

 

 

 

 

武田塾中山校では受験生に役立つブログを日々更新中です。

ぜひご覧ください!

 

日東駒専とは - 年々難化している大学群 -

日本大学のおすすめの7つの学部~絶対受かる&最先端の学部とは~

東洋大学を徹底調査!東京に立地&偏差値低い&就職に強い学部が!?

駒澤大学に受かるには ~駒澤大学の攻略法・ねらい目学部をこっそり教えます~

変わりゆく専修大学~国際コミュニケーション学部!商学部移転?!~

本当は教えたくない青学合格に必要な3つの方法と穴場の学部3選

成成明学獨國武の紹介 〜あまり知られていない中堅私立大学の特徴と魅力〜

早稲田合格は夢じゃない ~早稲田難化の原因と狙い目の学部とは?~


 

逆転合格専門塾! 大学受験予備校の武田塾中山校

〒226-0019 横浜市緑区中山4丁目 31-23 ル・チードビル5階

JR 横浜線 ・ 横浜市営地下鉄 グリーンライン 中山駅 徒歩2分

☎ 045-482-9544

 

 

無料受験相談、 お問合せは下記のリンクかLINE公式アカウントのトークからもどうぞ!

十日市場・鴨居・小机・川和町・都筑ふれあいの丘にお住まいの方もお気軽に!

もちろんグリーンライン沿線やそれ以外の地域の方からもご連絡お待ちしております。

綺麗な自習室、ドリンクサーバーの設置など、充実した学習環境を是非一度見に来てください(^^)

関連記事

thumbnail

みなさんこんにちは、武田塾中山校です。 新学期ですねー。 もうそろそろ新しい環境にも慣れてきた頃でしょうか。 今回は中山校の中でも注目度の高い大学紹介ブログです。 全国的な知名度を有し、受験生からの人…

thumbnail

こんにちは、大学受験予備校の武田塾中山校です! 新学期も始まり、高校生にとっては浮足立った時期がちょうど一区切りついたころでしょうか? また、大学一年生にとっては履修登録や新歓のような慣れない慣習への…

駒澤大学

どうも、武田塾中山校です。 今回は大学紹介ブログです。 紹介する大学は駒澤大学! 駒澤大学と言えば皆さんご存知の「日東駒専」の1つであり、世間的な知名度と生徒人数は随一です。 また、箱根駅伝でも有名で…

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 中山校へ