大手予備校と武田塾の料金感って実際どうなのか?

受験生の皆さんにとって予備校・選びの際に注目するポイントの一つとして、授業料などの予備校・塾の料金体系が気になりますよね。大手予備校や知名度のある塾などは、漠然と高額な授業料が必要であると感じている方も少なくないと思いますが、一方、「授業をしない塾」を謳っている武田塾の料金体系はどのようなものなのでしょうか?

そこでこのページでは、武田塾チャンネルに寄せられた質問をもとに、授業料、またはお金に関することに関して大手予備校や武田塾の裏側を紹介していきます。

「授業をしない」のに高額な武田塾!?

「武田塾超コストかかってる!」詳細動画①はこちら

◎大手予備校と武田塾の違いとは?

大手予備校などでは有名大学などの合格実績に加え、人気講師による集団授業ということで、授業料もそれなりに高額なのは納得いくと思います。一般的に、予備校や塾の授業料は、短期講習を含め、約70~80万円程度と言われています。一方「授業をしない塾」である武田塾の授業料もおおよそ同じくらいです。

なぜ「授業をしない」のに大手予備校同様の金額なのでしょうか?それは武田塾の指導方法に理由があります。個別指導を取り入れている武田塾では、先生方が生徒一人ひとりに対して、学習進路、学力に見合った学習ルートを作成します。また、志望校合格のために徹底した学習管理、指導を生徒さん一人ひとり対して武田塾の先生方は力を入れています。

一人の講師が数十名の生徒さんに対して授業を行う集団指導を取り入れている大手予備校に比べて、武田塾の先生方の生徒さんに対する労力が圧倒的に大きい事が、武田塾のこの料金体系の理由です。

合格実績よりも大切なこととは!?大手予備校の広告コスト

「広告のコスト構造」詳細動画②はこちら

◎大手予備校の広告のカラクリ

大手予備校などでは、入塾生を呼び込むために、よく電車の車内などで見かける広告料にコストを掛けていることも高額な授業料の理由と言えるでしょう。そのような広告で目にする合格実績。受験生の皆さんにとって予備校を選ぶ上でとても重要なポイントの一つだと思います。しかし、そのような合格実績の数字にはこんなカラクリがあります。

ある年のデータによると、各予備校・塾が提示している東大の合格者数の合計と実際の合格者数の合計に大きな差が生じていました。その理由は、大手予備校が進学校の生徒を夏期講習などに無料招待し、短期間でもその予備校に関わった受験生の数をカウントしているからです。これはより効率的な宣伝をするための手段の一つとも言えるでしょう。

しかし武田塾はそのようなことに決して労力、コストをかけません。本来ならば入塾生を増やすための宣伝や広告に費やすコストを武田塾では、生徒さんが独学でできる勉強法の紹介や、武田塾チャンネルなど動画制作にかけています。そのため独学できる生徒さんは入塾しなくてもよいのです。武田塾の勉強法で受かった人は口コミで宣伝してくれればよいと武田塾塾長は考えています。

まとめ

「武田塾は高いといわれていますが」詳細動画③はこちら

結論から言ってしまうと、武田塾は入らなくてもよい塾です。大手予備校同様の高額な授業料を支払わなくても、武田塾の学習方法や参考書の情報はネット上にて無料で公開されているので誰でも閲覧することができます。一方、大手予備校などは入塾生を増やすためにありとあらゆる手段を用いて、広告、宣伝などに力を入れ、結果的に高額な料金体系になっています。

塾や予備校に入って、成績が上がる人もいれば、自分ひとりの力で結果を出せる人もいます。しかし、誰もが皆一人で自分の受験勉強ができるというわけではないので、独学のサポートが必要な方はぜひ武田塾に来てください。武田塾の先生方から授業料の対価以上の徹底した学習管理と指導をしていただけます。これらのことを考慮した上で、自分にはどのような選択が適しているのかを判断しましょう。