勉強の集中力が高まる食べ物や飲み物とは?成分なども踏まえて解説

勉強もスポーツと同様、集中して頑張るためにはエネルギー補給が欠かせません。

そこで今回は、勉強の集中力が高まる食べ物や飲み物をご紹介していきたいと思います。

しっかりとバランスの良い食事をすることは健康的な生活を送る上でも大切です。

たまには食べているものの栄養素にも気にかけて、食生活の面から受験勉強の効率アップを狙ってみましょう。

集中するために必要な栄養素は?

おにぎり

脳は身体の中でも非常に多くのエネルギーを消費する場所であり、集中して勉強するためには食事での十分なエネルギー補給が欠かせません。

脳の活動に関わっている栄養素は色々ありますが、純粋に脳のエネルギーになれるのは「ブドウ糖」のみ。

そのため、ブドウ糖に変換される糖質をしっかり摂取することが集中力を維持するためには欠かせません。

糖質は砂糖や炭水化物に多く含まれているため、毎日ごはんやパンなどの主食を食べることが大切です。

どんなに忙しくても、朝ごはんを抜いたりしてしまうと集中力はすぐに切れてしまいます。

ビタミンB1・DHAも集中力に関係

純粋なエネルギー源はブドウ糖だけですが、他にも集中力に関係する成分があります。

まず、摂取した糖質がブドウ糖に変換されるためにはビタミンB1が必要です。

ビタミンB1はそれ以外にも、皮膚や粘膜の健康維持や脳神経系統の調節など大切な役割を担っている成分で、私たちが健康的に生活する上では欠かせません。

他にはサバやさんまなどの青魚に含まれるDHAという成分も集中力をアップさせてくれる効果があります。

基本はバランスの良い食事が大切

集中するために絶対に欠かせない栄養素はブドウ糖とビタミンB1ですが、それだけを摂取していれば良いという訳でもありません。

糖質に偏った食事よりも、バランスの良い食事を心がけた方が成績が良くなることがわかっています。

そもそも体内では様々な成分が複雑に作用し合っているので、直接集中力に関係無さそうに見えても間接的に影響していることもあります。

まずはバランスの良い食事と健康的な生活をすることが、集中力を高める第一歩です。

集中力を高めてくれる食べ物・飲み物

普段の食事や勉強の合間の間食では、集中力を高めてくれる成分を含むものを食べるようにすると良いでしょう。

急速なエネルギー補給に「チョコレート」

毎日しっかりとご飯を食べていても、集中して勉強していると途中でブドウ糖が不足して集中力が切れてしまうことも多いのではないでしょうか。

そんなときチョコレートはすぐにブドウ糖の補給ができるため、すぐに集中力を回復したい時にはおすすめの食べ物です。

普段の勉強中だけでなく、受験本番で休憩中に手軽に集中力を回復させることができるためおすすめです。

糖分補給にはバナナもおすすめ

チョコレートの代わりにバナナを使って糖分補給するのも良いでしょう。

チョコレートは瞬時にブドウ糖補給ができますが、補給したエネルギーが切れるのも早いという弱点があります。

バナナはチョコレートよりもゆっくりとブドウ糖を消費できるため、長時間試験を受ける時などに向いています。

また、バナナなどフルーツに多く含まれるビタミンCは疲労回復・免疫力アップなどの効果を持っているため、受験期にはおすすめの食べ物です。

普段の食事では豚肉がおすすめ

糖質をブドウ糖に変換するのに必要なビタミンB1は様々な食べ物に含まれていますが、中でも豚肉は特にたくさんのビタミンB1を含んでいます。

豚肉はそれ以外にもビタミンを豊富に含んでおり、集中力を付けたい時には特におすすめできる食べ物です。

ビタミンB1は水溶性のため、煮たり茹でたりすると水分に溶け出してしまいます。

焼いた方がビタミンB1が損なわれることが少ないため、生姜焼きなどのレシピで食べると良いでしょう。

鯖を使った食べ物でDHAを摂取

サバは脳の活動を良くして集中力や記憶力の向上に繋がるDHAを豊富に含んでいます。

DHAは体内でほとんど生成されない成分のため、サバなどの食べ物を通じて摂取する必要があります。

単純にビタミンB2やビタミンD、カルシウムといった様々な栄養素も豊富なので、健康的な食生活を送る上ではぴったりの食材です。

お茶・エナジードリンク

集中力を上げてくれる飲み物はお茶やエナジードリンクがあります。

お茶やコーヒー、エナジードリンクに多く含まれるカフェインは眠気覚ましになり、集中力・記憶力をアップさせる効果があります。

どうしても眠いけどもうひと頑張りしたい時や大切な試験の前など、ここぞという時に摂取すると良いでしょう。

ただし、カフェインの取りすぎは健康に悪影響を及ぼします。エナジードリンクの飲み過ぎには十分注意してください。

糖分の取りすぎによる低血糖には注意!

チョコレート

チョコレートやバナナなどで一気に糖分を補給すると、体内の血糖値が急激に上昇します。

すると、その血糖値を下げるためにインスリンという物質が大量に分泌され、今度は血糖値が下がりすぎて低血糖の状態になってしまいます。

低血糖になると眠気や頭痛といった症状があらわれ、体がだるくなってしまいます。

糖分をいっきに取り過ぎるとこのように逆に集中力が無くなってしまうことがあるので、摂取する量には十分注意してください。

ビターチョコレート・アーモンドチョコレートもおすすめ

普通のチョコレートだと少々糖分が多過ぎるので、代わりにビターチョコレートアーモンドチョコレートを食べるのもおすすめです。

ビターチョコレートはカカオの割合が多く、程よい苦味が目覚ましにもなります。

アーモンドもタンパク質やビタミンなど糖質以外の栄養素を豊富に含むため、勉強中の間食としておすすめです。

集中力が高まる食べ物まとめ

受験勉強で集中するためには、普段からの食べ物や飲み物に気をつけておく必要があります。

中でも脳のエネルギー源であるブドウ糖を摂取しないと集中できないため、毎日炭水化物をしっかり食べるようにしましょう。

他にも、ビタミンB1、ビタミンC、DHA、カフェインといった成分は集中力アップに繋がります。

普段の食生活や勉強の合間のおやつでは、これらの栄養素が含まれているかどうかを意識してみることをおすすめします。

関連記事

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談