受験生もこれで安心!定期テスト・受験本番で緊張しない方法をご紹介

定期テストや受験本番など重要な場面では、誰でも少なからず緊張してしまうかと思います。

多少の緊張は必要ですが、過度に緊張しすぎていると本来の実力を発揮できません。

そこで今回は、定期テスト・受験本番で緊張しない方法をご紹介していきます。緊張を上手く味方につけて、勉強したことを最大限発揮できるようにしていきましょう。

「緊張」は悪いことじゃ無い

試験中

大切なテスト前はどれだけ勉強をしても少なからず緊張してしまうもの。

緊張しすぎるのは良く無いですが、緊張すること自体は決して悪いことではありません。

緊張した方が実力を発揮できる

そもそも緊張は、人間が野生で生きていた頃、外敵から逃げる時や狩りの時に瞬発的な力を出すための状態なのです。

緊張とは「自律神経」である「交感神経」からアドレナリンが分泌されている状態のことを言います。

この状態になると心臓がドキドキしたり体がこわばったりして興奮状態となり、瞬間的にではありますがいつも以上に力を発揮できるようになります。

実際にテストにおいても多少緊張していた方が点数が高くなると言われており、緊張は決して悪いものではないのです。

程よい緊張をするように心がけよう

大切な試験を前にすれば緊張は避けられません。

だからこそ完全に緊張を無くすことを考えるのではなく、程よい緊張を味方につけて集中力を上げられるようにするのが理想的です。

そもそも緊張しているということはその試験に対して真剣に向き合っているという証拠なので、緊張してしまっているからといってネガティブに捉える必要はありません。

過度に緊張しない方法を身につけて、逆に緊張を利用して点数アップを狙っていきましょう。

受験本番でも緊張しない方法は?

では、受験本番や定期テストで過度に緊張しすぎないためにはどうしたら良いのでしょうか?

定期テストや受験本番でも過度に緊張しない方法や、本番で気を付けるべきことをご紹介します。

緊張しない方法①緊張していることを客観的に理解する

まずは、「今自分は緊張しているんだな」と自分自身のことを見つめなおしてみてください。

このように自分は緊張していると客観的に理解することで、緊張状態から少し抜け出すことができるようになります。

ちょっと考え方を変えるだけなので、緊張しない方法の中でも簡単にできておすすめです。

逆に客観的になれずずっと緊張で心がいっぱいのままだと些細なことでパニック状態になってしまうこともあります。

まずは自分の心理状況を客観的に見つめ直し、心を落ち着けるのが大切です。

緊張しない方法②少しくらいの失敗は大丈夫ということを意識する

受験本番では何があるかわかりません。

実際に受けてみたら過去問と傾向が全然違っていたり、今まで解いたことが無いような問題が出題されることもあるでしょう。

本番では緊張のあまりちょっと予想外のことが起こるだけでパニックになってしまいやすく、それが原因で解けるはずだった問題も落としてしまうことがあります。

しかし、傾向が変われば対応できなくなるのは周りの受験生も同じです。そもそも受験で合格するためには満点を取る必要はありません。

多少失敗しても大丈夫ということを意識しておくことで、本番で予想外のことが起きても対応しやすくなります。

緊張しない方法③深呼吸をする

深呼吸をするなど、身体に働きかけることでも緊張を和らげることはできます。

深呼吸はありふれた方法ではありますが、方法を間違えると逆効果になってしまうことがあるので要注意です。

緊張しているときは自律神経の中でも「交感神経」が働いていますが、逆に落ち着かせたいときは「副交感神経」に働きかける必要があります。

呼吸の中で「息を吸う」という行為は「交感神経」に、息を吐くという行為は「副交感神経」を刺激するため、深呼吸で落ち着くためには「息を吐く」ことに集中する必要があるのです。

意外と「息を吸う」ことばかりに集中してしまっている人は多いですが、これでは交感神経を刺激して余計に緊張してしまうので注意してください。

緊張しない方法④リハーサル・イメージトレーニングをする

人間が緊張する原因の1つは、「今まで経験したことのない状況下に置かれるから」というものがあります。

しかしこれはリハーサルやイメージトレーニングを重ねることで、いくらかは対策することができます。

例えば模試を受験本番のつもりで解いたり、過去問を時間を測りながら本番と同じスケジュールでやってみることで本番での緊張を和らげることができます。

急に解けない問題が出てきたらどう対処するのかなど、リハーサルのうちから考えておきましょう。

受験本番での緊張対策

受験会場

また、受験本番は想像している以上に緊張しやすく、前日までに緊張の対策をしているかどうかで試験の出来具合が変わってしまうと言っても過言ではありません。

本番では緊張する前提で、前日までに色々と準備をしておきましょう。

会場までの道のりや持ち物を確認しよう

緊張していると少しのことでパニックになりやすく、そのままの状態で試験を受けてもあまり良い結果は期待できません。

特に忘れ物をしたり会場までの道で迷ってしまうと焦りやすく、そのままどんどん悪い状況に進んでしまいがちです。

なるべく当日までに会場まで実際に足を運んで道のりを確認したり、前日は忘れ物が内容に何度も確認するようにしましょう。

薬やカイロを忘れずに持っていこう

本番では、緊張でお腹が痛くなってきたりと体調にも影響が出てしまうことがあります。

急な腹痛にも対応できるように、薬やカイロなどを忘れずに持っていきましょう。

また、受験本番は寒くただでさえ体調を崩しやすい時期です。

会場も暖房があまり効いておらず寒いことが多いので、暖かい格好を忘れずにしていきましょう。

健康的な日常生活を心がけよう

受験期は勉強を頑張るあまりどうしても寝るのが遅くなってしまうことも多いかもしれませんが、本番直前はなるべく健康的な生活をするように心がけてください。

夜更かしが多かったり食生活のバランスが悪いと自律神経に対して悪影響を及ぼし、緊張しやすくなったりと精神的にも悪い影響が出てしまいます。

受験本番の数週間前からは、早寝早起きとバランスの良い食事を心がけ、心身ともに健康的な生活をするようにしましょう。

受験生の緊張対策まとめ

過度に緊張しすぎないために大切なのは、

・緊張は決して悪いことではなく、味方になる
・自分は緊張しているということを客観的に認める

という2つのポイントを意識することです。

緊張は誰でもするもので決して悪いことでは無いですし、ちょっとミスをしたからといって不合格になるわけでもありません。

一生懸命勉強してきたならきっと合格できますので、ぜひ落ち着いて受験に挑んでみてください。

関連記事

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談