地域の高校の評判/進学実績

栃木女子高校 (栃女)評判・進学実績【武田塾小山校周辺の高校情報】 

2019年04月11日(木)

こんにちは!武田塾小山校です。

今日は、栃木県立栃木女子高等学校を紹介します。小山校にも栃木女子高校の生徒さまがいますが、皆さん着実に勉強を進めていて努力家である印象があります。

栃木女子高校

高校名:栃木県立栃木女子高等学校

所在地:

栃木県栃木市薗部町1-2-5

最寄駅:

栃木駅 多くの生徒が徒歩で通学しています。  

大学受験において

栃女生は各々の目標に向けて努力をする生徒が多いように思います。受験に向けて何をするべきかを自身でよく考え、それぞれの行動に移しているようです。とりわけ、自分の弱点補強にしっかりと対応している様子が伺えます。 高校3年生は授業をよく聞いて科目の理解を高める一方、授業では後戻りの出来ない基礎知識を補強することが受験対策のポイントのようです。国公立・難関私大の合格を勝ち取るためには、基礎がどれだけ固まっているかが一番重要だから、そこに気づける栃女生は受験に強いのではと考えます。 また、高校1・2年生は部活動と勉強を両立させながら、どのように授業の内容についていくかが大切ですね!高3になり、発展的な勉強についていくためには、今のうちに基礎学力を身につけておきたいです。

概要

1901年(明治34年)に下都賀郡立栃木女子高等学校(甲種)として創立された公立の女子高校です。今年度(2016年現在)で創立115周年を迎えます。

教育目標は「毅然として心優しい女性の育成」。 伝統を守りながらも、柔軟な思考力を持って何事にも意欲的に取り組む生徒の育成に努めています。

太平山耐久レースや合唱コンクール、栃木高校との共催行事、芸術発表会などの学校行事が活発に行われています。部活動においても積極的な生徒が多く、好成績を収めています。

学習意欲は高く、先生方も進学指導に非常に熱心です。「授業第一」という教育目標を掲げ、質の高い授業を目指しています。また、1・2学年の生徒を対象に、普段の授業よりも発展的な内容を学習する特別セミナーなどを行い、国公立・難関私立への合格を目指しています。

様々な学問における大学教授を招いた出張講義なども行い、知性を持つ女性として将来どのように活躍をしていくかを具体的に考える機会を設けています。  

 平成28年度 合格実績 (過去3カ年)

(参照:http://www.tochigi-edu.ed.jp/tochigijoshi/nc2/?page_id=257 

国公立大学合格者数(現役+既卒)

  R1年度 H30年度
北海道大学  
東北大
茨城大
筑波大
宇都宮大 11 10
埼玉大
千葉大
お茶の水女子大
東京医科歯科大  
東京外国語大  
東京学芸大
東京工業大  
横浜国立大  
新潟大
国際教養大  
東京都立大
横浜市立大  
その他 国公立 39 53
国公立 合計 79 99

私立大学合格者数(現役のみ)

  R1年度 H30年度
国際医療福祉大 21 25
自治医科大 11
獨協医科大 15
青山学院大
学習院大
慶應義塾大
駒沢大
芝浦工業大
上智大
成蹊大
専修大
中央大 16 24
津田塾大 10
東京女子大
東京農業大 14
東京理科大
東洋大 31 24
日本大 10
法政大 13
明治大 15 10
明治学院大
立教大
早稲田大
その他 私立大 280 255
私立 合計 457 472

無料受験相談

▶ 武田塾小山校在籍の講師紹介

 高校1・2年生が今やるべき受験対策

▶ 英語はどうやって勉強するのか?偏差値を上げる方法

 模試は何のためにあるのか?学力を上げる模試の結果

 YouTube 武田塾チャンネルでは大学受験についての様々なコンテンツを配信中!

 

   

あなたに合った勉強法を教えます!

無料受験相談に行ってみる