"声に出して読む"ことのメリットとは??

久喜校・

 

 

11月になりました。2020年も残すところあと少しになってきましたね。

受験生のみなさん、志望校対策は進んでいますでしょうか?焦りは禁物ですが、今回は私がお勧めする一つの勉強法をご紹介しようと思います。

それは、に出して読む”という勉強法です。

みなさんは、声を出して読みながら勉強をしたことはありますか?私は受験生時代、自宅で勉強するときは、いつも声を出しながら勉強をしていました。

そこで今回は、声に出す、つまり音読をすることでどのようなメリットがあるのか?ということをお教えします!

 

 

記憶力UP!

みなさんの中には、暗記することが苦手だという方はいませんか?そんな悩みを、音読は解決してくれるかもしれません。

例えば、みなさんはこのような経験はありませんか?覚えようとしたつもりはない曲の歌詞がスラスラと出てくる!という経験。

それは、何回もその曲を歌ったことがあるからでしょう。自然と、歌詞が身体にしみついてしまっている。それを勉強に生かしてしまおう!というのが、勉強における音読です。

英単語、古文単語、漢文の句形、理科・社会の用語、、すべてを覚えるというのはなかなか大変なものですね。そこで、覚えたい単語を結び付けたい文章とともに、声に出して読む!!

リズムに乗せて覚えるような感覚です。

 

もちろん、すぐに結果が出るものではありません。毎日毎日何度も声に出し続けていると、ある時、「単語・用語が覚えられている、、!」と感じられるのです。

記憶の奥底から引っ張り出してきてやっと思い出せた、、という感覚ではなく、自然とスムーズに思い浮かぶ!という感覚です。「あ、これは〇〇だったな」と、簡単に思い出せてしまいます。

しかも、音読の凄いところは、リズムに乗せて覚えてしまうため、一度覚えてしまったらなかなか忘れられないという点です。先ほども述べましたが、歌詞と同様、なかなか頭から離れないということになるのです。

 

 

読解力UP!

黙読では文章の内容を理解しないまま読み進めてしまうことが多いのに対し、音読では、声を出すために一度頭の中で理解することが必要になるため、文章の読解力が鍛えられます!

文章を正しく読むためには、文章全体の流れ、構造、意味や読み方を把握しなければならないため、自然とそのような読み方が身に付くのですね。

 

 

ストレスの解消になる!?

音読をすると、脳の前頭葉が刺激されるため、ストレスの軽減・リラックス効果があるそうです。

「受験勉強ばかりでストレスが溜まっている、毎日退屈だ」という方は、音読をして脳に刺激を与えてみるのはどうでしょうか?

さらに、発想力の向上も期待できるそうです!

 

 

 

いかがでしたか?声に出して読むことには様々な効果が期待できます。

特にお勧めなのは、朝に30分ほど音読をすることです!☀

一日の勉強を音読からスタートさせて、脳を活性化し、一日の勉強の効率を上げてしまいましょう。

なにもやる気が起きない、、というときにも音読はお勧めです。声を出すということが大切ですね。

さらに、今はどこへ行ってもマスク着用が欠かせないので、例えば電車で独り言のように英単語とその意味を繰り返し音読していても、バレませんね!(笑)

 

ぜひ、声に出して読むということを実践してみてください^^

 

 

武田塾の強み!逆転合格するためには

 

・武田塾の強みパート① 逆転合格するために

 

・武田塾の強みパート② 逆転合格するために

 

・武田塾の強みパート③ 逆転合格するために

 

・武田塾の強みパート④ 逆転合格するために

 

 

 

塾・予備校に通い始める時期は?

 

・塾・予備校に通い始める時期、通塾・予備校率は?

 

 

無料受験相談

関連記事

thumbnail

こんにちは!皆さん、勉強の進み具合はどうですか?3月後半になり、受験情報も大方全て出そろってきたのではないかと思います! その結果、もう一年頑張る決意をした人もいるのではないでしょうか?今回はそんな方…

thumbnail

受験校を決めよう!  はじめに  高校3年生は正式に第1志望校が定まり、本格的に受験勉強をしている最中だと思います。それと共に、学校や塾へ正式な受験スケジュール表の提出をする時期かと思います。  国公…

thumbnail

最近は不安定な天気が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。 急な雨などは勉強のやる気を削いだり、日が差さないと気分も晴れなかったりしますよね。 ☝(勉強に集中できていないくてドラ〇もんを書いている…

thumbnail

こんにちは! 今日は受験期の気持ちの管理についてお話ししていきたいと思います。   はじめに   今この記事を見てくださっている方の多くは受験生の方だと思います。   受…