【合格体験記】高3の8月入塾で法政大学文学部に逆転合格!

ひばりヶ丘校・

【ひばりヶ丘校合格体験記】高3の8月入塾で法政大学文学部に逆転合格!|武田塾ひばりヶ丘校

RT

こんにちは、 武田塾東久留米校の細沼です!

 

東久留米校では、

西東京・東久留米エリアの武田塾の合格体験記をお届けしています!

 

今回は、

自身も現役時代に武田塾で勉強して法政大学の合格をつかみ取った

田中先生の当時の合格体験記をご紹介していきます!

 

【田中 理子 先生】

入塾時偏差値:53

出身高校:狭山ヶ丘高校

合格大学:法政大学 文学部 「法政大学 キャリアデザイン学部」「獨協大学 国際教養学部 外国語学部」

最終的な偏差値:64

 

 

武田塾に入る前の成績と状況は?

当時の成績は偏差値53でした。

 

国語がかなりやばいと思っていたのですが、現代文の勉強方法がよくわからなくて困っていました。

当時通っていた別の塾の方にオススメされた参考書を解いたりもしていましたが、

解いただけで終わってしまい、伸びを全く感じられませんでした。

そこを改善したいというのが一番でした。

 

日本史は講義系の参考書を読んだりはしていたのですが、

語句がほぼ頭に入っていなかったので、

何回読んでもふわふわとした理解で終わっていました

日本史は覚えるだけ(実際はそうとも言い切れない科目ですが)と思っていたので、

8月後半でも「まだいける!」と思っていたところがありました。

 

英語については、

映像授業の塾に通っていたため一通り終わっていました。

なので、英語に関しては結構自信がありました。

シャドーイングやリスニングの勉強もそこそこ進んでいたと思います。

ただ自信があったばかりに、忘れていた基礎の部分は多かったです。

 

勉強時間に関しては、高3の8月ということを考えると本当に少なかったです。

夏休み前は学校終わりに毎日学校の自習室で勉強していましたが、

夏休み中だったので学校の自習室に行くのが面倒で行ってなかったです。

当時通っていた塾も、1カ月くらいは通っていない状態でした。

 

 

武田塾に入ったきっかけは?

映像授業の塾に通っていたのですが、

国語、日本史は受講していませんでした。

英語はもう伸び切った気がしたのですが、

夏以降の国語と日本史の伸ばし方がわからなかったので、ほかの塾を探していました。

 

武田塾は自習学習がウリということで、前から少し気になっていました。

映像系の授業に通っていましたが、

英語が伸びたのは8~9割は自学自習で何十回も復習を繰り返したからだ

と認識していたので、

授業をカットできたらかなり時間の節約になるなと考えていました。

 

実際に受験相談で話を聞いてみて、

授業のない部分は時間の節約になると思いました。

 

また、国語と日本史は独学でやろうにも

膨大な参考書の中からどの参考書を使えばいいのか、

どんなペースで進めていけばいいのかを自分で調べて考えるのは、

案外時間がかかり時間がもったいないと思っていました。

 

なのでそういった、

自分でやると時間がかかることをすべて決めてくれる武田塾のシステムは

自分の考えに合っていました。

 

 

武田塾に入ってから勉強法・成績はどのように変わりましたか?

武田塾に入ってから、勉強のペース・量ともに2倍くらいになりました

初回特訓の時の宿題の量に驚きました。

そしてさらに宿題が増えていったので、驚きましたね(笑)

自分は長時間勉強したことがなかったので、すぐに腰が痛くなったことを覚えています(笑)

 

量の多さについて、、例えば、

日本史は一週間で、古代から戦国時代までの流れを理解することと、

戦国までの基本的な語句をすべて覚えるというのが宿題が初回で出ました。

500個は覚える語句があったと思います(笑)

 

けど危機感はあったので、スキマ時間を駆使して頑張って覚えました。

 

一回できてしまえば、

一週間でもこんなに進められるのか!

と勉強に対してのモチベを保てました。

 

また、宿題が終わらず深夜まで勉強したこともあったので、

大学の課題に対しても

武田の頃と比べれば!

と耐性がついた気がします(笑)

 

国語に関しては、現代文も古文も一日に2題ずつ解いていったので、

問題を解いた分、自分で自信が持てました。

 

授業を受けての受け身の姿勢で勉強していくのではなく、

自分が能動的に解説ができるまで読み込んだので、自分の読解力が向上していくのを実感していました

 

毎回の特訓で自分が解いたものを先生に見せることになっていたので、

手を抜いたらバレてたと思います(笑)

 

また、日本史は8月末になってから語句を覚え始めたし、

口答テストで覚えているのか確認をするので、

休み時間、通学時の電車、お風呂などの隙間時間は日本史に費やしました

 

英語は得意で自信があったのが、単語や文法など意外と抜けがあったため、受験まで何週も繰り返しました

武田塾に入り、英文の速読に関しては本当に誰にも負けないレベルまで伸ばせました

 

直前の模試や演習ですでに、共通テストのリーディングは30分残して解き終われてました

 

 

担当の先生はどうでしたか?

国語の先生と英語と日本史の先生合わせてふたりの先生がいましたが、

この二人の先生がいたから合格できたと感じています。

 

過去問でわからない問題があったら先生が自ら解いてきてくれて解説してくれましたし、

日本史ではただ答えを言うだけでなく、流れを含めて解説してくれました。

 

また、落ち込んでいた時に励ましてくれたり、入試傾向を教えてくれたりと本当にいろいろとお世話になりました

 

 

オススメの参考書ベスト3!

第3位:キーワード読解(現代文)

ただ語彙を覚えるだけでなく、要約パートを使って要約練習をしていました

それによって、文章の構成、特に対比がつかめるようになりました

結構『キーワード読解』の要約をしていない人が多いですが、オススメの使い方です!

 
 

第2位:2レベルトレーニング(日本史)

捨てるのがもったいないくらいやりこみました。

全部覚えたら早稲田レベルといわれたので、

頭で出てこなかった語句にはすべてチェックをして、一冊丸々覚えるつもりでやりました

これ一冊では流れは身につかないので、

まずは『金谷の日本史』を並行してざっくりした流れを身に着けてから、

『実況中継』で細かい話も入れていきました。

 

第1位:現代文読解力の開発講座(現代文)

『開発講座』を何周かしたら、現代文の読み方がわかってきました。

「演習してどこか間違ったか確認して終わり」では、

この参考書を使うにはもったいなすぎます。

この参考書は演習するためのものではなく、

読み方を身に着けるものだと思って使ってほしいです。

 

 

最後に、受験生にメッセージをお願いします!

私が入塾したのは8月後半と一般的にかなり遅いですが、

逆転合格を目指し武田塾に通っている人にはそういう人も多いかと思います。

 

正直に武田塾に入ってからの受験勉強を振り返ると、

宿題が多すぎて何回ももうやめたいと思ったし、本当に辛かったです。

しかも、これをこなしたからといって志望校に受かる保証はありませんでした

 

しかし、あの時はあれだけ頑張れたしもう少し頑張ろう!という考え方が出来るようになりました。

少しだけ自分に自信が持てるようになりました。

 

よく聞く言葉かもしれませんが、

あんなにも何かのために必死になった経験は、本当に価値があるものになります。

 

志望校に受からなくても、必死に頑張った経験は絶対に何かの役に立つと思います。

 

なので今は、目の前のことに一生懸命になって、

第一志望合格を目指してがむしゃらに頑張ってください。

無料受験相談では、

・授業と個別指導はどちらがよいの?!

・勉強のやり方がわからない!

・武田塾は、どんな先生がいるの?!などなど

全ての質問に完全無料でお答えします!

悩める受験生&現役生の質問を待ってます!

そして、そんなお子さんを陰ながら見守るお父さん・お母さんの

質問ももちろん大歓迎です。

お申し込みは、下記の無料受験相談フォームにご入力いただくか

ひばりヶ丘校(042-439-6598)に直接お電話ください!

◆武田塾の無料受験相談Q&A◆

無料受験相談

 

 

体験特訓やってます!

スライド2

武田塾ひばりヶ丘校では

・参考書で英検1級に合格した松本による

英語の無料体験特訓を行っています!

 

まずは

無料受験相談

からお気軽にお越しください!※武田塾ひばりヶ丘校は、定員50名となっています※

武田塾ひばりヶ丘校は、定員50名です。

お陰様で、夏頃には生徒様の数が

50名に達することが予想されています。

入塾をお考えの方は

お早めにお問い合わせをお願いいたします。

 

《武田塾 ひばりヶ丘校》

〒188-0001 東京都西東京市谷戸町3丁目27−11 JCビル 4階
※ひばりヶ丘駅南口から徒歩2分

Tel:  042-439-6598
Email: hibarigaoka@takeda.tv

武田塾ひばりヶ丘校のHPはコチラ
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

タグ:,

関連記事

thumbnail

あらためまして お世話になっております。 武田塾ひばりヶ丘校 校舎長の松本です。   今回は ブログを見て頂いている皆様に お詫びしたいことがあります。   「武田塾・・・ 何だか…

thumbnail

武田塾ひばりヶ丘校 統括の井関が自己紹介書いてみました! みなさん、こんにちは。武田塾ひばりヶ丘校 統括の井関です。トップページでも少し挨拶させていただいておりますが、ちょっと書き足したので見ていただ…

thumbnail

武田塾ひばりヶ丘校は 「武田塾の中の武田塾」を目指しています! この記事では 数々の最強ポイントを紹介していきます!!!!!!   ①:駅1分の立地&西武線沿線、ナンバーワンの開校時…

thumbnail

偏差値40台から、本校講師時代の井関先生と共に、海外トップ大&慶應にダブル合格!   お世話になっております!統括の井関です!   今回は、僕が御茶ノ水本校講師時代に 実際…