大学受験に調査票(内申書)は影響する?内職についての考え方もご紹介

受験生の皆さんは調査票の内容は気にしていますか?調査票は受験時に大学へと提出されますが、実際のところどのくらい合否に影響するのでしょうか。

そこで今回は、大学受験において調査票がどれくらい影響するのかについて詳しく解説します。また、内職が調査票の評価に影響するかどうかについても解説します。

大学受験に調査票(内申書)は影響する?

武田塾チャンネル詳細動画①はこちら

実際のところ、調査票は大学受験にどれくらい影響するのでしょうか?

基本的に調査票は大学受験に影響しない

一般受験をする場合、調査票が受験の合否に関係することはほとんどありません。一般受験の場合には、合否を決めるのはあくまでも試験での点数となります。

高校入試では内申書も合否を決める重要な要素のうちの1つですが、大学受験ではそうではありません。学校で良い点数が取れていないという方も、受験本番までの頑張り次第では逆転合格が可能です。

一応、一般受験の場合でも調査票を考慮するという大学は稀に存在するようですので、志望校で調査票がどのような扱いになっているのか事前に調べておきましょう。

調査票は何のために出すの?

合否に関係ないとしたら、調査票はいったい何のために提出するのでしょうか。

基本的には、大学受験をする資格があるかどうかの確認をするためだと考えてよいと思います。自分が18歳以上であり、しっかりと卒業の見込みがあるということを証明する役割のものが調査票ということです。

そもそも、大学受験は高校受験と比べて人数も多く一人一人の内申書を細部まで確認している余裕はなかなかありません。内申書についてはあまり神経質にならず、試験で点を取ることに集中しましょう。

調査票が影響する場合は?

一般入試以外の受験方法では調査票が大きく影響する場合もあります。

推薦入試・AO入試の場合

推薦入試AO入試を利用して受験する場合、調査票の成績が大きく影響します。推薦入試では筆記試験が無いので、調査票が合否を決める大きな要因の1つとなります。

もちろん推薦入試を受けるために調査票の内容を良くするのは大変ですが、メリットも存在します。推薦入試は不合格になっても一般受験は別で受けることができるので、合格のチャンスがさらに増えることになります。

特に近年では私立大学の合格者の半数近くが推薦・AOで入っているということもあり、推薦・AOでのチャンスは広がっています。

調査票の内容を良くするための努力は無駄にはなりませんので、ぜひ推薦入試を狙ってみてはいかがでしょうか。

2020年からは注意かも

現在は一般入試で調査票はあまり影響しませんが、2020年の教育改革後には一般入試でも調査票が重視されるかもしれません。

様々な活動が評価対象に

今まで一般入試では調査票はそこまで大きく合否を左右することはありませんでした。しかし、2020年の教育改革に伴い、一般入試でも調査票が合否に大きく影響するようになります。

更に、2020年からは教科ごとの成績でつけられる内申点だけではなく、学校内外の様々な活動も評価されるようになります。部活でのスポーツや文化・芸術的活動、生徒会やボランティアなど高校生活のあらゆる活動が対象です。

純粋な学力勝負ではなくなってしまいましたが、2020年以降に受験となる生徒さんはぜひ自分をアピールするチャンスが増えたと捉えて、積極的に様々な活動に参加してみてはいかがでしょうか。

ただし、どの活動をどれだけ評価するかは大学側が決定することになっています。大学によっては今まで通り調査票があまり影響しないかもしれませんので、志望校の評価基準をしっかりと確認しておきましょう。

内職は調査票に影響する?

武田塾チャンネル詳細動画②はこちら

授業中に”内職”をすれば自分のしたい勉強に時間を使うことができますが、先生に見つかって怒られて内申点を下げられてしまうのは避けたいところです。そんな内職についての武田塾の考え方をご紹介します。

先生は基本的に調査票を悪く書かない!

内職が先生に見つかって怒られてしまうと、調査票に悪く書かれてしまうのではないかと気になっている方もいるかもしれません。しかし、基本的に先生はあまり調査票を悪くは書きません

先生としては授業をちゃんと聞いてほしいから怒っているのであって、内職が理由で評価を下げるということはあまり無いようです。最終的にはしっかりと良い部分を評価してくれるはずですので、あまり神経質になる必要はありません。

ただし、あくまでも授業中は授業を受けるのが正しい姿勢です。あまりにも授業態度が酷かったりすると先生に対して失礼です。怒られてしまったときはしっかりと謝って、先生に対しての尊敬の気持ちを忘れないようにしましょう。

結局内職はするべき?しないべき?

授業はあくまでも先生の話を聞く場であって、本来ならば内職はするべきではありません。しかし、目指している大学が超難関だとなかなか勉強時間が足りないことも多いです。

特に、自主学習を最強の勉強法として推薦する武田塾としては授業を聞くよりも自習の方が効率良く勉強できると考えています。内職自体は良いことではありませんが、合格を勝ち取るためには内職も効率的な勉強手段の1つになります。

どうしても勉強時間が足りないという時には内職も活用して、一歩でも合格に近づけるよう頑張りましょう。

まとめ

大学受験時に提出する調査票ですが、一般入試の場合は合否に影響が出る場合はほとんどありません。合否を決めるのは試験自体の点数です。調査票は受験資格があることを証明する程度のものですので、そこまで気にする必要はありません。

しかし、推薦入試やAO入試では調査票が評価対象となります。調査票の評価を上げるのは大変ですが、推薦入試には推薦入試にしかないメリットもありますので、調査票の評価を上げておいて損はありません。

また、2020年からは大学入試の形式が大きく変わり、一般入試でも調査票が評価対象となります。今まで評価されなかった学校内外での様々な活動が評価対象になりますので、2020年以降の受験に該当する方はぜひ積極的に様々な活動に参加してみてください。

内職は見つかって怒られても調査票に悪く書かれることはあまりありません。内職自体は良いことではありませんが、調査票にはあまり関係しないので勉強時間が足りないと思ったら内職も利用して勉強時間を確保していきましょう。

関連記事

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談