国公立大学と私立大学ってどっちがいいの?意外と知らない両者の違い

福井校・

国公立大学と私立大学ってどっちの方がいいの?

あなたは何を基準に志望校を選んでいますか?

中には、「国公立大学へ行きたい」などと考えている人もいるかもしれません。

でも、「なんで」国公立大学が良いのですか?深く考えたことはあるでしょうか?

 

今回は、意外と気付かない、国公立大学と私立大学の違いについてお話します。

この記事があなたの、志望校選びの大きな助けになれば幸いです。

 

国公立大学と私立大学の違い

国公立大学と私立大学を比べてみると、大きな違いは以下のことがあります。

・学費

・研究施設の充実度

・入試の難易度と受験科目数

 

他にも探せばあるかもしれませんが、こちらの点について解説してきます。

 

国公立大学は学費が安い

国公立大学は私立大学に比べて、学費が安いということはよく知られていますね。

具体的にどれくらい違うのでしょうか?

 

文部科学省が発表している、国立大学と私立大学の授業料等の推移」によりますと、

<国立大学>

入学金 … 282,000円 、 授業料 … 520,800円

<私立大学>

入学金 … 280,000円 、 授業料 … 818,000円

 

私立大学 ÷ 国立大学 = 約1.6倍

となっております。(平成16年度)

 

入学金はさほど変わりませんが、授業料が大きく違いますね。大学へ4年間、通うとなると、授業料は×4となりますから、

合計で

国立大学…240万円弱

私立大学…360万円弱

が目安となります。

 

最初に納入する金額をしっかり確かめてくださいね!

 

設備の充実度

”国立大学”、”公立大学”という字の通り、国立大学は”国”が運営している大学、公立大学は県や市などが運営している大学になります。

一方、私立大学は、いち企業や学校法人が運営している大学ですから、公営のものとは異なります。

 

国公立大学は、国や県などが費用を出している関係上、その設備がより充実している大学が多いです。だからといって私立大学が充実していないというわけではありませんが、国公立大学で研究していた学生さんやOBに聞くと、施設や文献や実験器具などがとても充実していた、という声を聞きます。

 

学部のことを話すと、国立大学にはいわゆる総合大学と呼ばれるものが多く、理工学部経済学部文学部など一般的な学部が多いです。対して公立大学や私立大学には、その大学ごとの個性を生かす如く、一見変わった学部を持つ大学もあります。

 

理系について、どっちがいいの?について話している動画がありますので、こちらも参考にしてください!

 

受験科目数は私立が国公立の半分?

受験においては、国公立大学は受験科目の数が多いことは言うまでもありませんね。

 

私立大学は大学独自の入試のみ受験すれば合否が決まることがほとんどですから、一般的な科目数は概ね主要3~4科目です。

それに対し、国公立大学は、センター試験の点数で受験できる大学のボーダーが決まり、1次入試を通れば個別学力試験に進むことができます。ですから、個別学力試験の2~4科目に加えて、センター試験の科目6~8科目を勉強しなければなりません。さらに、個別学力試験の科目はセンター試験でも受験する科目に含まれていますが、センター試験の対策と個別学力試験の対策は全く別、ということも注意が必要です。

※ちなみに、私立大学の「センター利用」という入試方式がありますが、こちらも主要3~4科目のみが必要なところがほとんどです。国公立のように6科目以上を対策する必要はありません。

国公立志望と私立専願では、1年間を通して勉強の負担が全然違いますから、しっかり計画を立てる必要があるでしょう。

 

 

国公立の方が難しい??難易度は大学によりけり

なんとなく ”国公立の方が難しい” というイメージがありませんか?

しかしそれは一概には言えないことです。

偏差値は大学によって異なりますし、そもそも偏差値の基準も、私立と国公立では全く違うと考えた方が良いでしょう。大学によっては国公立よりも圧倒的に難しい私立大学はごまんとあります。

 

また、国公立大学の合否はセンター試験+個別学力試験の合否で決まりますから、一回の試験のみで決まる私立大学とは判定方法も違いますよね。

 

まとめ~学費や設備を重視するなら国公立?受験の負担を考えるなら私立?~

以上のことを踏まえると、国公立大学と私立大学はどちらが良いのか、というのは、

自分が大学を選ぶ基準がどこにあるかによって決まってくる、ということです!

 

学費が安いところがいい、大学の設備が充実しているところでしっかり研究をしたい、ということであれば、国公立大学を選べば充実した大学生活が送れるでしょう。

受験勉強の負担を少なくしたい、または今からでは到底間に合いそうにない、という状況であれば、私立大学に的を絞って勉強するのが無難ですね。

もちろん、私立大学も設備が良くないとか、いい研究ができないということはありません。私立大学にも個性豊かな大学がたくさんあります。自分がどんなキャンパスライフを送りたいか、そして受験に当たっては自分がどのような状況にいるのか、ということをしっかり考えて、志望校を選んでください!

 

こちらの動画でも、国公立と私立どちらを選べばいい?について話しています。ぜひ参考にしてください^_^

 

 

おすすめブログ

模試はどれを受験すればいいのか?模擬試験の受け方について解説!

1年間の流れは作ったかな?~4月から高校3年生になる皆さんへ~

これからどう伸びるか?武田塾に新しく入塾してきた期待の星を紹介!

勉強をする上での目標の立て方

センター試験と二次試験の勉強、どちらをやればいいの??~センター試験の解き方~

成果が実感できて嬉しい! 毎日来て、勉強したくなる武田塾

休む時間がもったいない?!~スキマ時間を利用して差をつけよう!~

【よくある相談】勉強しているのに成績が伸びません。

受験勉強っていつから始めればいいの?

勉強をする上での目標の立て方

 

 

連日大好評の無料受験相談 実施中!

takedajuku_fukui_jukensoudan_banner

武田塾では、受験や勉強、進路などについての相談が無料でできる、受験相談を実施しています。

【無料受験相談とは?】
・奇跡の逆転合格カリキュラム
・1週間で英単語を1000個覚える方法
・1年間で偏差値を15以上上げる勉強法
などを、全て無料でお伝えします!

受験相談のみで、東大・医学部・早慶などの難関大学合格実績も多数あります。
ぜひ一度、受験相談にお申込みください!

無料受験相談

 


takedajuku_fukui_line_banner

◇対面や電話は苦手。ラインで問い合わせしたい!
◇校舎に行くほどではないが、ちょっと質問したいことが…
◇武田塾に行きたいけれど、家から遠すぎる…

というような方は、ラインでお問合せも出来ます。金井校舎長が、皆さまに直接ご返信をさせて頂きます!(*相談無料)

友だち追加


takedajuku_fukui_blogbanner

1年で偏差値15アップは当たり前!
受験、勉強に関するお悩みの解決は武田塾福井校にお任せください!

 

武田塾 福井校
住所:福井県福井市中央1丁目21-37
電話番号:0776-89-1687
福井校の校舎ページ↓
福井市、鯖江市、坂井市、あわら市で高校・大学受験の予備校・塾・個別指導塾なら武田塾

無料受験相談

関連記事

45949472_1972150882880497_5678636223527124992_o

武田塾福井校の自習室の魅力を紹介! みなさんこんにちは!武田塾福井校 校舎長の金井です!   学生が勉強しやすい環境を取り入れる 武田塾は、“自学自習のサポート”をす…

thumbnail

日本史と世界史の違いをひとつひとつわかりやすく! みなさんこんにちは!武田塾福井校 校舎長の金井です。   文系で、歴史を選択している方に質問です。   日本史と世界史、どっちを選…

やったー

武田塾で成果を実感し、同志社大学に合格したEさんのお話 みなさんこんにちは。武田塾福井校、講師の横山です。   突然ですが、中学生や高校生のみなさんは毎日しっかり勉強できていますか? 勉強を…

DSC_3289

武田塾福井校 講師紹介 その6! こんにちは!福井校の海野です。 2月に入ったのにそこまで寒くならず、今年はもう雪が降らないのだろうかと、少し寂しく思っています。   6人目に紹介するのは、…

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 福井校へ