ブログ

過去問は解きっぱなしだと意味がない!赤本ノートを使った効果的な復習法とは?

2023年11月18日(土)

皆さんこんにちは😀

横浜駅徒歩4分の大学受験予備校、武田塾横浜校です!!

今回は、" 赤本ノートの使い方 " についてご紹介していきます!

 

________________________

武田塾には神奈川区、栄区、泉区、港南区、戸塚区、南区をはじめ横浜市周辺の地域から沢山の受験生が通塾しています。

東京大学・筑波大学・横浜国立大学・千葉大学・東京都立大学・埼玉大学・東京工業大学・一橋大学・東京外国語大学・お茶の水女子大学・横浜市立大学・東京農工大学・東京学芸大学・電気通信大学・東京海洋大学などの国公立大学をはじめ、早稲田大学・慶應義塾大学・東京理科大学・上智大学
といった難関私立大学や、MARCH(明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学)に逆転合格したい受験生を応援する大学受験逆転合格専門塾です。

________________________

過去問演習、有効活用できていますか?

job_teacher_man

入試日が近づき、過去問演習を行っている受験生が多いかとおもいます。

皆さんは過去問演習で一番大切なことは何か知っていますか?

 

正解は、演習後の振り返りと分析です!

 

実は毎回過去問と解きっぱなしで終わっている…

そんな生徒さんが多いとおもいます💦

 

今回ご紹介する、過去問の振り返り法を実践して、

着実に成績を上げていきましょう!

 

分析に役立つ赤本ノート!

生徒におすすめしているのが、こちらの赤本ノートです。

戸塚

ノートの左ページが問題の回答欄

右が分析のページとなっています!

赤本ノート6

赤→私大、二次用

白→共通テスト用

※共通テスト用は左ページがマークシートになっています!

赤本ノートの使い方は?

左側で問題を解いたあと、右側で分析をしていきましょう!

 

実力分析①

◎○△×で評価を付けましょう!

MEMO欄に反省を残しましょう。

赤本①

実力分析②

大問ごとに分析をしましょう。

赤本ノート2

↑写真のように細かく課題を書いていきましょう。

 

こうすることで、2021年●●大学〇学部…のように

ざっくりな反省ではなく、

大問や設問レベルで細かく見ていく視点が養われます。

 

一問ずつ、どうやったら正解できたのか、

どこの知識が抜けていたのか分析できると必然的に点数は上がっていきます!

 

過去問を解き終えた後は、自分の課題を分析しそこを潰すという意識を持ちましょう!

記録を残しておくことのメリット

slump_good_man_study

過去問を解いた直後は反省があっても、

すぐ忘れて次に進んでしまいがちです。

 

毎回分析して対策を考え、実行の段階まで持っていくことで

他の受験生と差をつけることができます。

 

過去問10年分を解き終わったあと、1年目に解いた時と課題が同じにならないように、

ノートに書き貯めることが最大の目的です!

 

苦手分野は参考書に戻り復習しましょう!

textbook_5kyouka_chuugaku

一つの過去問分析を

利用して苦手を潰していくことは、他大学の入試に対しても有効です!

 

過去問演習を続けることでレベルアップできる部分もありますが、

知識、基礎的な部分に関しては、

過去にやった参考書に戻って、苦手な部分を潰すことが大事です。

 

一問ずつ振り返り、何をやれば点数に繋がるのか考えましょう!

 

※注意点

長文読めなかったから、長文の練習しようは×です。

長文が読めない理由は、

単語が覚えられていない…、文法知識が抜けている…と様々な理由が考えられるはずです!

1問ずつ取れなかった理由を分析するために、振り返る時間を設けるようにしましょう。

 

普通のキャンパスノートでまとめられる生徒さんはノートを使ってもOKです。

「自分でまとめるのが苦手…」

「過去問演習を始めたて」

そんな生徒さんは、フレーム内で機会的に対策を行えるので、赤本ノートがおすすめです。

 

武田塾の個別指導では…?

武田塾の個別指導の場合も、

過去問をはやりっぱなしではなく、ノートにまとめていきます。

 

教室によってシートを用意している校舎もあり、

ノートにまとめて持参→先生と一緒に次の課題や対策方法を見出す

と、成績を上げる為、繰り返し行っていきます。

 

横浜校ではこのシートを使用しています!

過去問分析

 

まとめ

過去問分析の丁寧さが合否に直結するといっても過言ではありません!

 

受かる受験生は、自分の課題と今後の対策を理解し、

自分で説明できるという傾向が毎年あります!

 

自分の課題を把握して即座に説明できるよう、ノートに全部まとめていきましょう!

 

①赤本ノート使って過去問の振り返りを必ず実行しましょう。

①過去問分析から自分の課題を発見して参考書に戻り、潰していきましょう。

 

対策を積み重ねて成績を着実に上げて合格に近づけよう!

=============================================

武田塾横浜校では、

毎日、無料受験相談を行っております

勉強の仕方、大学受験に向けた参考書の選び方・使い方、モチベーションの上げ方、など

受験にまつわるあらゆるご相談に対応させて頂いております。

塾生でなくても、無料で行っておりますので、

お気軽にご相談くださいませ。

ともに学びましょう!

無料受験相談

日本初!逆転合格専門塾【武田塾横浜校】

〒221-0052 神奈川県横浜市神奈川区栄町1-1 KDXビル 3F

(横浜駅より徒歩5分)

Tel : 045- 620-8899

Mail: yokohama@takeda.tv

52914655_247192359556746_221903346523439104_n

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたに合った勉強法を教えます!

無料受験相談に行ってみる