【武田塾徳島校合格速報vol.2】1月入塾から3週間でセンター対策!そのまま残りの1か月で二次対策!そして徳島大に逆転合格!

徳島校・

徳島市の皆さんこんにちは!

 

3月に入り、そろそろ春かな…と思いはじめた時期ですがまだ寒い!!!

「暦の上」での春は立春~立夏の前日のため、2019年は2月4日~5月5日。ということは今は春。

気象庁的な春は3,4,5月。ということは今は春。

 

つまり、今は春。

 

武田塾徳島校校舎長の景山です!!!

 

3月も1週目が終わり合格発表シーズン真っ只中の時期になりました。

 

以前のブログでは12月入塾から2ヶ月で逆転合格を果たしたKくんの合格体験記事をご紹介しましたが、今回は以前に負けない大逆転劇です!!!

 

なんと高3の1月入会!なんとなんと3週間でセンター対策!

センター本番では 化学基礎20点台前半/50点 ⇒ 36/50を達成!

 

そして国公立第一志望校に大逆転合格!!!

 

 

今日はそんな大逆転劇を果たしたNさんにインタビュー!

合格の秘訣や勉強法、後輩へのメッセージなど、いろんなことをたくさん聞いちゃいます!

 

今日もどうぞごゆっくり!!!

 

 

合格者プロフィール

本日の合格体験記はなんと、高3の1月(センター3週間前!)に入塾し、徳島大学に逆転合格した、Nさんのご紹介です!

 

<名前>
Nさん

<合格大学>
徳島大学 総合科学部社会総合科学科

 

12月末に受験相談に来てくださったNさん。

 

理科社会の対策が一人ではなかなかできないのがお悩みで、他の教科も点数があまり安定しないとのこと…

 

来校された際には「こんな時期からでも受け入れてくださるんですか…?」と不安がっておられました。

しかし受験相談時に『残り時間は短いが絶対に逆転したい』という強い思い、そして勉強への強い意欲を私自身も強く感じ、残り3週間、しんどいことも多いかもしれないけど絶対に伸びる。頑張ろう、ということで入塾することになりました。

 

センターまでの3週間は、直前期でも短期間で点数アップを見込める理社(日本史、現社、化学基礎)を、センター後は二次試験で大きな配点を占める英語の記述に特化する、という作戦をたて、1月1週目から特訓がスタート。

 

すると3週間後のセンター本番で自己ベストを更新!!!

そして1か月で記述対策を行い最速大逆転合格!!!

 

本当に、本当に大逆転が起こりました…。

 

今日のブログは「〇〇大学にまだ間に合いますか?」という新3年生、浪人生の皆さんにぜひ見ていただきたいと思います。

 

武田塾の逆転合格力をぜひ実感してほしい!!!

 

 

奇跡の大逆転合格を果たしたNさんのインタビューです!どうぞ!

 

 

合格インタビュー

ここからは、実際に塾に来ていただきNさんにインタビューを行った内容をすべてご紹介していきます!!!

 

武田塾に入る前の成績は?

入塾時期:高3の1月1週目

当時の成績:理社ともに偏差値40台を連発!(化学基礎20台前半/50)

 

何をしたらいいのかわからないままただただ時間が過ぎていき、理社の対策が十分にできぬまま入試直前を迎えてしまいました。

英語は得意科目ではありましたが、記述対策を全くしていなかったうえ、感覚で問題を解いてしまうタイプなので点数が安定していませんでした。

 

武田塾に入ったきっかけは?

11月下旬にセンターを課さない推薦入試を受験したのですが、残念ながら落ちてしまいました。

 

それまでセンター対策(特に理社)がしっかりとできておらず、残された短い時間でどうしようと悩んでいた時、家のポストに投函されていたチラシを母が持ってきました。

 

周りに理社を対策してくれる塾がないうえ、そもそもこんな直前に受け入れてくれるのか?という疑問はありましたが、受験相談で校舎長の先生とお話をして「どうせならいまやれることを全力でやり切ろう!」と、わらにもすがる思いで入塾を決めました。

 

 

武田塾に入ってから勉強法や成績がどのように変わりましたか?

入塾前は勉強こそしていましたが、常に勉強方法を模索しながらの日々であったため、これといった自分の勉強法がありませんでした。

特に理社に関しては学校の授業と宿題、たまに模試の直し程度しか勉強をしておらず、そもそも勉強の質も量も低かったと思います。

 

そのため、参考書選びから宿題のやり方、添削まで全ておまかせしていたため、武田塾の勉強法にどっぷりはまっていたと思います。笑

 

理社は今からでもできることがある!センターまでの3週間で伸ばせる!という先生の言葉は正直最初は半信半疑でしたが、実際に特訓を重ねていくたびに自分でも問題が解けるようになっている実感がありました。

 

そしてセンター試験本番では、1月上旬に受講していた日本史、現社、化学基礎のすべてでいつもより高い点数を取ることができ、化学基礎はそれまで20点台前半(50点中)が普通だったのにもかかわらず、本番で自己ベスト大幅更新の36点をとることができました!

 

センター直前の特訓で過去問を解いた際に「30点台超えた!」と喜んでいたところだったので、本番ですごい点が出てびっくりしました。

 

 

私は今まで映像授業・集合授業・家庭教師の全てを試してきましたが私には合わず、成績は伸び悩んでいました。

かといって問題集を自分でしようとしてもモチベーションは続かず、中途半端に終わることが多かったです。

 

でも武田塾では、今すべきことを示してくれて、わからないところはどんな些細なことでも教えてくれます。また、宿題の範囲から毎回テストが課されるので、やりっぱなしにはなりません。

宿題⇒テスト⇒個別指導のサイクルを繰り返すことによって、解いた問題が完璧に身につき、本番でも解けるだけの実力がついたのかなと思います。

 

 

担当の先生はどうでしたか?

日本史を担当してくださった先生は、それまで歴史の流れをなかなか覚えられなかった私に、ストーリー形式で覚えやすいようにわかりやすい指導をしてくださいました。

また参考書の演習方法や復習の仕方などを、ご自身の経験を交えながら事細かに教えてくださったため、効率の良い対策ができたと思います。

 

現社を担当してくださった先生は、私が間違えたり理解できていなかった問題をもとに類題を出してくださったり補足知識をたくさん教えてくださったりなど、手厚すぎるサポートのおかげで短期間で広範囲の内容をインプットすることができました。

現社は混同しやすい内容がたくさんありいつもミスが多く起こってしまっていましたが、覚えやすいように時代や人物の背景を詳しく説明してくださいました。

 

化学基礎と英語を担当してくださった先生は、二次試験ぎりぎりまで担当してくださっていたため、一番長い時間を過ごしました。

 

化学基礎については、3週間という非常に短い期間しかないのにも関わらず、基礎中の基礎範囲から丁寧に何度も解説していただき、簡単に覚えられるテクニックも教えていただきました。

解説を受けるだけでなく「自分でやってみる」という時間も設けてくださり、わからない問題がわかるようになって、できるようになって、実力になったと思います。

 

英語については、自分が英語の点数が安定しない理由が単語力と文法力の不足ということをすぐに見抜いてくださり、基礎をもう一度固めなおす重要性を理解できたため、地道な勉強でも頑張ることができました。

 

また、英作文の添削もたくさんしてくださり、記述のコツや言い回しのルールを伝授していただきました。

 

 

武田塾での思い出を教えてください!

自習室の居心地がとてもよかったです。笑

 

自習室は指定席制になっていて、私はいちばん落ち着く教室の隅っこに座っていました。笑

選んでいただいた参考書を自分の自習机に置いて、時間管理をしながら集中して勉強を進めることができました。

 

また、二次試験直前期は早い時間から自習室にいたのですが、徳島校は開校して間もないため受験学年の生徒さんが少なく、自習室はほぼ貸し切り状態でした。

 

そのため、記述や英作文の添削を景山先生にたくさんしていただいたことには、本当に感謝しています!※こちらこそありがとうございます…!by景山

 

 

好きな参考書ランキングベスト3!

第1位

『Next Stage』

ネクステ

武田塾ではおなじみ?のネクステですが、私は二次試験直前の1月末から始めました。

 

自分が文法事項でわかっていること、わかっていないことをはっきりさせることができ、自分が間違った文法ノートをつくりました。そしてそれを入試に持っていきました。笑

 

第2位

『短期攻略センター化学基礎』

短期攻略センター化学基礎

本当に短期攻略できました。笑

 

もともと30日で攻略するための本のため問題数も多くなく、3週間で無理のないペースで進めることができました。

 

第3位

『現代社会集中講義』

現社集中講義

この参考書は解説がしっかりとあるうえ、1問1答問題もたっぷりあり、インプットとアウトプットを1冊の参考書でこなすことができました。

 

ただ、分厚かったのでもうちょっと早く始めとけばよかったかなーとも思います…

 

 

来年度の受験生にメッセージをお願いします!

 

学校の先生には質問しにくいような些細なことでも、武田塾の先生はとっても親切に教えてくれるし、とっても話しかけやすいです…!※ありがとうございます…!by景山

 

勉強方法は100人いれば100通りのものがあると思います。しかしそれを自分で見つけるのってなかなか難しいと思います。

だからこそ勇気を出して、私の場合は武田塾でしたが、誰か違う人、それも受験に詳しい人にいろいろなことを聞いて、いいものだけ吸収して、自分に合った勉強のスタイルを見つけることが合格への道なんじゃないかなと思います。

 

しかし私は、上にも書いた通り、武田塾のやり方が自分にマッチしていました。

 

やる気はあるけど今自分がやっている方法で正しいのかがわからない、決めたことがなかなか続かない、そういう方は是非武田塾へ訪れてみてください!きっと成果を実感できると思います!

 

 

人気のブログ

【武田塾徳島校合格速報】12月入塾からセンター本番で自己ベスト更新!そのまま第一志望校に合格!

偏差値40台から徳島大学に逆転合格!これからの勉強法教えます!~英語編/前編~

武田塾徳島校が分析!地域の塾・予備校紹介vol.1 ~東進衛星予備校ってどんな塾?~

【徳島市、高校紹介】武田塾徳島校が分析!高校の評判、進学実績【第3回:徳島北高校】

 

 

今日はここまで!!!

いかがでしたでしょうか?

このように、武田塾の勉強法を実践することで短期間でも結果につなげることができます!

 

武田塾徳島校では大学受験を控える皆様からのお悩みを伺い、一緒に解決していく「無料受験相談」を実施しております。

科目ごとの勉強法、残り〇か月での志望校対策などはもちろん、家で勉強できない、科目選択はどうしたらいいの?志望校を一緒に決めてほしい!など、勉強や受験に関することなら何でも無料でご相談に乗らせていただきます。

 

校舎長の景山が全力でアドバイスいたします!!!
校舎長の自己紹介はコチラ

 

皆様武田塾、自分を信じて一度受験相談までお越し下さいませ!!

 

席に限りがあります!
受験勉強時間にも限りがあります!

 

皆様お待ちしております!

 

ご予約は以下のお問い合わせフォームまで!!!

無料受験相談では、個別にカリキュラムのご提案もさせていただきます!

 

↓↓↓お問い合わせはこちらまで↓↓↓

武田塾徳島校
〒770-0831
徳島県徳島市寺島本町西1丁目61番地4  けんどビル4階
TEL:088-622-6996
担当:景山(日曜除く13:00~22:00)

武田塾徳島校公式Twitterも要チェック!!!
※DMによるお問い合わせも受け付けております。

 

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談