【国公立に逆転合格!!】愛媛大学に現役合格

神戸三宮校・

こんにちは!”授業をしない塾”武田塾神戸三宮校です。

2年目を迎えた神戸三宮校は、昨年より多くの受験生が通って賑わっています。
そんな受験生の励みになる、先輩の合格の声をお届けします。

今回紹介するのは、国公立大学へ現役合格したG君です。
国公立大学は5教科7科目が必要なため、成績を上げるのはそれだけ大変なのですが、
彼はどうやって成績を上げたのでしょうか。


担当の稲垣先生と記念撮影!

彼が入塾したのはセンター試験まで3か月となった10月でした。
初めは受験相談のアドバイスを元に自力で勉強していましたが、
思うような成果が出ず入塾することになりました。

【武田塾に入る前の成績は】
入塾時期:高3 10月
当時の成績:センター6割くらい

高校ではずっと中程度の成績で、模試でも偏差値52~55ぐらいをさまよっていました。
古文が大の苦手で、いつも模試で点が一番低いのはこぶんでした。
英語がいつも良かったです。

【武田塾に入ったきっかけは?】
高校入学前からは進研ゼミをやっていたんですが、かなり貯めこんでしまい、そのまま高3のはじめくらいまでほとんど身についていないのに受けていた気がします(笑)
武田塾は高2の終わりぐらいにネットやYouTubeで知りました。
思い切って相談に行ったのが高3の5月。それから武田塾のルートを知って「このまま自力で合格するぞー」と思っていたのですが、
夏休みが終わり9月思うように勉強が進められず、もう一度相談に行き、同じ出身校だった高田先生に勧められ、入塾しました。
家から塾まで往復2時間弱かかることに少し抵抗はありました。
でも、遅れを取り戻すためにも…と多少の費用は親に出してもらいました(ありがとう!)

【武田塾に入ってから勉強法や成績がどのように変わりましたか?】
一番大きいのは快適な自習室と先生です。
毎日決まった時間に集中して勉強できた気はします。(ただ学校が午後まである日はあまり行けなかった)
数学は飽きるくらい同じ問題を解くようになりました。数学って基礎はこんなにも暗記だったのか!と実感しました。
基礎問題精講を完成するのが遅くなり、センターの演習が少ししかできなかったので、センター数学はいま一つでした。
でも二次試験ではだいぶ問題に慣れてきたと思いました。
国語も、古文が大の苦手で文法と単語を秋まで逃げていたせいで、重要な古文読解ができませんでした。
漢文は句形をひたすら覚え、けっこう自信がついたのですが…センター漢文14点はちょっと苦い思い出です。
全体的に4日進んで2日復習をやったのですが、たまに復習をさぼってしまったのは反省しております…。

【担当の先生はどうでしたか?】
佐々木先生にはセンターまでの間お世話になりました。入塾当初は緊張であまりしゃべれませんでしたが、優しく教えて下さりありがとうございました。相談にも丁寧に答えてくれました。
センター後は国語が生物に変わり、稲垣先生にお世話になりました。わずか1カ月とちょっとでしたが、明るい雰囲気で勉強できて楽しかったです。先生のちょっとぬけているところもかわいらしかったです(笑)
佐野先生は、いつも数学の質問に答えてくれました。分かりやすかったです。
あと、3週くらい代講で来てくれた谷口先生は、おもしろい&数学教えるのが上手すぎて驚きました。
お世話になった先生方、短い間でしたがありがとうございました。

【武田塾での思い出を教えてください!】

初めに、一番怖かったこと(笑)は、京都校の山本先生が来て僕に勉強法を教えて下さったことです。
あの校舎長の佐野先生までおしかりをうけていたのが結構ビビりました(笑)
それでも僕にしっかり喝をいれてくださったおかげで気合が入りました。今だから言える話です…

僕は武田塾に入る前は、先生に「あと何カ月で入試」とおどされ、ずっと焦っていました。
焦りだけが空回りして、他の事に逃げていました。そんな時、武田塾は「このルートを進めばここまで行ける」と丁寧に示してくれました。
そのうえ、ちゃんとした参考書の使い方を教えてくれました。この点はかなり安心できました。
しかし、スタートがやっぱり他の人と比べて遅かったので、「逆転」まではできなかったの悔しかったです。
武田塾の選んだ参考書をもっと早く使いたかった…。
僕の第一志望がセンター重視だったため、センターの結果があまり良いとは言えなかった僕は、第二志望を前期に受けることにしました。
でも、僕は「自分が大学でやりたい勉強」を優先したので、そこまで第一志望に未練はありませんでした。他の国公立志望の人と比べると、そこまで二次の科目が多い訳でもなく、血のにじむような努力をしてきた訳でもなかった受験生活でしたが、色々な失敗を通して得られたものは大きかったと思います。最後になりますが、武田塾の先生方、ありがとうございました。

【好きな参考書ランキングベスト3!】
第1位:宇宙一分かりやすい高校化学(無機)
「あんドーナツ揚げるぜ」がとても印象に残っています。
特にNaOH、NH3水溶液のところはすっきり覚えられたと思います。

第2位:生物の必修整理ノート
意外と詳しいところまで覚えられるのがいいです。図も丸ごとインプットすれば、かなり役に立つと思います。

第3位:基礎問題精講ⅠA・ⅡB
飽きるくらいやった参考書。全部解ければけっこう問題が解きやすくなった感じがでてくる。

【来年度以降の受験生にメッセージをお願いします!】
基礎を完成させるのが一番しんどいと思いますが、次のステップへ上がる時にちょっと楽しくなります(たぶん)
数学を使う人は早めにケアレスミスをなくした方がいいです!
全教科に言えることですが、少しでも「おもしろい」「楽しい」という心を勉強にもつと、モチベーションが上がると思います。
あと、自分が「大学に行って何がしたいか」を大切にして、受験勉強を頑張ってください!

〇神戸三宮校教務から見たG君
体験記によると結構サボってしまっていたとのことですが、勉強への取り組み方はなかなか真面目でした。
少しでも分からないところがあれば積極的に質問をし、本当に分かるまで基礎にこだわる姿勢は武田塾の生徒としてあるべき姿だったと思います。
武田塾のやり方にこだわってくれたことはもちろんですが、「自分は今何ができていないか」を考えていたこともプラスに作用したのでしょう。
「大学にいってやりたいこと」を目指して一生懸命勉強し、見事に合格してくれました!
どんな大学生活を送っているか、また報告を待っています(´・ω・`)

昨年度の合格体験記はこちらをご覧ください!
【2016年度武田塾京都校・大阪校・天王寺校の逆転合格者の合格体験記】

勉強方法等の相談があれば、是非無料受験相談へお申し込みください。

  • 武田塾の無料受験相談