【合格速報】5月マーク模試でE判定。勉強方法を改善して近畿大学の公募推薦に逆転合格!!【武田塾堺東校】

堺東校・

5月マーク模試でE判定から近畿大学の公募推薦に合格!!

こんにちは!武田塾堺東校です(^^)/

推薦入試の結果がでてくるなか、喜びの声がどんどん武田塾堺東校に届いています!

公募推薦入試受験校が第一志望校では無いため、合格速報という形でお伝えいたします☺

麻原くん写真

名前:麻原 悠くん

出身高校:阪南大学高校

合格大学:近畿大学 経営学部

 

武田塾に入る前の成績は?

麻原くんが入塾してくれたのは、今年2019年の4月頃で、

入塾当初の志望校判定はほぼ全てE判定という状況からスタート!!

 

こちらは5月に行われた河合塾全統マーク模試の結果↓

麻原くん成績

3.現役時と浪人でどう変わった??

紙にまとめてくれたので、見てみたいと思います!

麻原くんビフォーアフター

現役時の受験

書いてくれたことをまとめてみると・・

 

なんとなく毎日を過ごしているから、1日が長く感じる

どうすれば点が上がるのか、何が分かっていないのかが分からなかった

③時間や範囲を決めず無計画に、ダラダラと寝転んだり何か食べながら勉強したりしていた

長時間、参考書を開いたり、見たりすること、問題を解くことが勉強だと思っていた

⑤自分だけで答えを見てわかったつもりになっていたり、自分の勉強法が間違えていないと思い込んでいた

近大なんか目指せない大学だと思っていた

⑦1つの大学しか合格しなかった

⑧自分の周りの環境が当たり前のものと思っていた

 

浪人してから

時間ごとに何をするか決めているから、1日が短く感じる

②1週間のスケジュールを先生が決めてくれるから、何をすればいいのかわかるようになった。
スケジュールを1日1日こなしていくと、自分には基礎と復習が圧倒的に足りていなかったと分かってくる

③先生とスケジュールを立てていくうちに、自分でも何をするべきか考えられるようになり、勉強への取り組み方が変わった

④時間ではなく、自分がどう取り組むか、どうすれば効率良く点が上がるかを考えて勉強するようになった

⑤先生に自分から相談するようになった。受験に成功した人達(先生)と自分の勉強への取り組み方が、全く違っていたと分かったら、とりあえずマネをする。自分に合っていたら積極的に取り入れるようにした

⑥一日一日頑張ったら、一般より難しいと言われている、公募で近大に合格した

⑦近大を滑り止めにして、今は関関同立を目標に頑張っている

⑧めちゃくちゃ親、友達の大事さが分かった

 

現役時代は「勉強のやり方」がわかっていなくて苦戦したようですが、浪人して武田塾で正しい「勉強のやり方」を学び、目指せないと思っていた近大に推薦合格を果たし、今では関関同立を目指しています!!(/・ω・)/

第一志望の関関同立合格を目指してあと少しがんばってください!

私たちも全力でサポートしていきます(^O^)/

 

4.校舎長よりひとこと

4月に受験相談に来た時の印象は、現役時もそこそこ勉強はやってたんだろうな~という印象でしたが、あくまでもそこそこであり、本気でやったわけではなかったんだろうな~とも思っていました。

入塾直後も、何度かちゃんと自習室に来なさいと言ったことがあるくらい不安でしたが、今では本気で勉強しています。

この一年で人間的にも凄く成長したと思っています。

このまま最後まで走り切りましょう!!

 

武田塾では11月からでも逆転合格を目指す高3生に向けてかけこみタケダ2019!を実施しています!

あなたも武田塾で逆転合格しませんか?

また、高1高2対象の冬だけタケダ2019!という一か月の武田塾体験キャンペーン(入会金無料)も行っているのでぜひそちらもお越しください(^O^)/

お問い合わせ・無料相談はこちら!!
TEL:072-245-9553(電話受付時間13:00~22:00 日曜日を除く)

校舎独自サイトはこちら

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談