受験浪人をお考えなら武田塾中山校【校舎長が浪人生指導に強い理由】

中山校・

みなさんこんにちは!
梅村です!
大学受験予備校 、武田塾中山校の校舎長を務めております。

 

武田塾中山校校舎長の梅村です。

 

まずは簡単に自己紹介をいたします。

実は梅村は、大学受験を5回ぐらいしております。つまり浪人を何年も経験しています。現場レベルでの大学受験のスペシャリストだと自負しております。

 

だってそんなにたくさん受験したって人いないでしょ?

 

そんな生の経験を生かして、今は大学受験予備校の校舎長として受験生の指導をしているわけです。

大手の予備校は大体通学しました。

宅浪も経験しました。

浪人生の苦労は人一倍わかるつもりです。

 

受験でお悩みの方は気軽に相談してくださいねー。

 

ちなみにTwitterで普段思ったことをつらつらと書いているので興味がある方は是非フォローください。

時事ネタの投稿が多めです。

 

 

 

略歴

 

小学校:滋賀の小学校を三つ転々と

 ↓

中学校:滋賀の町立中学校(町立というのがエモい)

 ↓

高校:滋賀の進学校(一応進学校らしい)

 ↓

大学:東京学芸大学 教育学部

 ↓

予備校:4年間浪人

 ↓

大学二回目:大阪大学 工学部

 ↓

社会人:教育業

 ↓

武田塾中山校(現在)

 

さて、突っ込みどころが多いのは重々承知しておりますが、当たり障りのない範囲で書いていきますねー。

 

父が転勤族だったので、小学校時代は転々と滋賀県を移ろっておりました。小学校は2年ごとに3校に通いました。このころの記憶はほとんどございません。

 

中学は地元の中学にそのまま進学し、ふっつーの中学生をしてました。ブログでよく書くバスケは中学時代から始めました。受験相談でもよくバスケの例えを出してます。滋賀の田舎なので、中学受験などという発想は微塵もございませんでした。田舎ってそんなもんです。今は大都会東京の足元に居を構えておりますので、 中学受験という文化を身近に感じながら生活しております。

 

高校は地元の一応進学校と呼ばれる高校でした。当時は進学校ならどこに行っても一緒でしょ? というスタンスだったんです。今思うと全くそんなことはなく、 ちゃんと将来を見据えて高校を選べばよかったと反省しております。高校は良いところにいくと、 周りがちゃんと勉強をします。勉強に関して基準が高いところで設定されますので、 人間はそこに合わせて動きます。当然授業の進度も早いです。授業はそのクラスの平均的な生徒に合わせがちですから、その平均が高い方が早く進みますよね。我が母校では化学が終わったのが高3の冬休みだったんですが、トップ校ではそんな事態には陥りません。自分がちゃんと勉強をしないタイプなら、 周りが勉強をする環境に飛び込むのは選択肢としてアリだと今なら思いますね。またトップ校の場合、将来友人たちが出世したり偉くなったりします。社会に出てから人脈というものは思いのほか大事になってきますので、 良い高校に行くメリットはここにもあると思います。高校での友人ってなんだかんだで一生続きますからね。

 

 

大学

 

大学は東京学芸大学に進学します。関西の高校生は大概関西の大学に進学します。自分は東京の大学を志望校にしていたので、高校の中ではレアな存在でしたね。その年母校から関東圏に出る生徒は10人ぐらいだったと記憶しています。

第一志望は早稲田大学理工学部

興味があったのは情報系でした。そしてこの頃GTOという漫画に魅せられて教師にも興味を持ちます。

なので第二志望は早稲田大学教育学部

スポーツも好きでした。

よって第三志望は早稲田大学人間科学部

早稲田愛に溢れてましたね。ちなみにこの年は広末涼子さんが推薦で受験して教育学部に受かっていたので、倍率が例年よりも上がった年だったそうです。かくいう梅村も、広末とのキャンパスライフを夢見ていた一人です。アオハルですねー。

早稲田以外なら国立の場合のみ上京を許されましたので、他の大学は教育学部の東京学芸大学を志望しました。

 

そして大学は早稲田全滅からの、 東京学芸大学 教育学部 情報教育科合格。前期日程では箸にも棒にもかからず、後期日程で受かりました。だいぶハラハラの受験でしたね。

高3で受けた模試は軒並みE判定でした。今思えば全てE判定の大学しか受験していないという最悪の受験生でした。担任の先生には心配かけまくりました。今の立場なら気持ちが痛いほどわかります。

すみませんでした!望月先生!

あえてこの経験をポジティブに解釈するなら、模試でE判定続きでも大学に受かるってことです。受験生は最後まで諦めないで!

 

余談ですが、 大学の入学手続きで東京に来ていたとき、 実家の愛犬が事故で他界します。そのとき母のことを責めてしまったことは一生物の後悔です。この場を借りて謝ります。人生には取り返しのつかない一言というものがあります。良い子の皆は気を付けて生きましょうね。

 

さて、梅村は性根が腐っていたので、大学に馴染めず中途退学をします。バスケ部(THE 体育会系)に入ったのが失敗やったかなー?体育会系なめちゃダメよ。このとき同時に人生の意味も見失います。人としてのダメ期の中、「何か人の役に立つことをしたい!」と一丁前のことを思います。「でも大学中退で高卒やからまたどこか入りなおさなあかん。」となって、国立大学の医学部を目指します。

 

1浪目:全くやる気のない宅浪 結果センター80% 二次試験受けず(クズです!)

2浪目:予備校にちゃんと通う浪人 結果センター86% 三重大学医学部不合格

3浪目:予備校にもっとちゃんと通う浪人 結果センター90% 滋賀医科大学不合格

4浪目:塾でバイトしながらちょっと予備校に通う浪人 結果センター86% 大阪大学工学部合格

 

さすがに何浪もしてると自分は何をしているのかよくわからなくなります。4浪目のセンターの自己採点で86%だったときは精神がヤバかったです。センターの結果、全国各地の国立医学部の判定があまりよくなかったことと、 大阪大学に環境・エネルギー工学科という、 興味の持てそうな学科ができていたことで、急遽進路変更をしました。

 

ここからわかることは、 梅村は受験現場のプロフェッショナル! ってことです笑

センターをまじめに5,6回受けた人って結構レアだと思いますよ笑

あらゆる浪人経験をしたので、浪人生の気持ちも痛いほどわかります。

なんでも悩み相談してくださいね。

 

さて、大阪大学では原子力に未来を感じ、原子力を専攻して大学院まで行きます。今でも思っていることですが、「資源の出ない日本に火力発電は向いていない。高低差の少ない日本に水力発電は向いていない。地震の多い日本には原子力発電は向いていない。天気の安定しない日本には太陽光発電は向いていない。偏西風の吹かない日本には風力発電は向いていない。」ので、日本は唯一技術でなんとかできる原子力発電を推進していたんですねー。また、原子力って電力としてはもちろんですが、政治的、軍事的、ビジネス的な思惑が複雑に絡み合っていてとっても厄介なんです。

そんな原子力発電ですが、梅村が大学院に進学する直前に福島で事故が起きてしまいます。そこで社会の風潮的にも原子力に未来を感じられなくなりました。

 

そしてなんと!

 

結局教育業界に戻ってきます

 

「 最初教育大行ってたのに! 」

 

そんな後悔も少し感じつつ。

 

就職は民間の学習塾にしました。授業をやって知識を伝えることより、むしろ勉強以外のことを生徒に伝えたいと思っていました。

THE 反面教師として、高校生に伝えたいことが山ほどありますから

 

そして学力を上げるという意味で理想の勉強をさせている武田塾で仕事をしたいと思い、今に至ります。

 

これまでに

集団授業の予備校

映像授業の予備校

個別指導の塾

でそれぞれ講師をしてきました。

あらゆる形態の予備校で勤務したことがあります。

結局行きついたのが武田塾でした。

 

自己の人生経験的にも、学習指導経験的にも浪人指導のプロと呼んでも差し支えないでしょう!笑

 

 

趣味

 

こちらは興味がない人は読み飛ばしてください!

でも仲良くできそうな人は仲良くしてください!

 

読書(漫画含みます)

読書

 

漫画は好きですねー。よくブログに漫画ネタが出てくるのはこのためです。最近はワンピースを一から読み直しました。やっぱり伏線だらけで面白いですね!

他のお勧めは、

「アオアシ」

「BLUE GIANT」

「ブルーピリオド」

とかですかね。青系ばかりなのはたまたまです。

本は最近はビジネス書ばかり読んでます。昔は小説ばかりだったんですが、今はほとんど読まなくなりましたね。反省です。

 

ライブ

フェス

 

ライブにはよく行きます。むしろそのために都心に出てきました。アリーナのような大きな箱でやるライブではなく、ライブハウスと呼ばれる小さい箱でやるライブに行くことがほとんどです。興味のある方は是非お話をしましょう!受験相談で軽音楽部の生徒が来たりすると密かにテンション上がってたりします。

 

バスケ

バスケは今でもちょくちょくやってます。

ポジションはガードです。

専門用語で言うと1番です。高校のときはフォワードだったのですが、社会人になってからガードに転向しました。

ここから才能が開花しました。

遅い!

今は体力が全くないので辛いです。昔は体力だけが取り柄だったんですが、今ではそれもなく。。。

ただのおじさんに成り果てました。

 

サッカー(やるのにも興味はある)

Jリーグを見に行くほどではないですが、毎週の結果をチェックはしています。強いて言うならフロンターレ川崎が好きです。

サッカーを好きになったきっかけは、中田英寿さんです。彼がペルージャに移籍して、ユベントス戦でいきなり2ゴールを奪ったときに虜になりました。

日本人が海外で輝くと誇らしい気持ちになりますね。今ならオオタニさんでしょうか。

大阪大学のときに行ったロンドンではチェルシーの試合を観ました。あのときのアザールのゴールは今でも思い出せるとか出せないとか。

 

 

さいごに

 

プロへの道

いかがでしたでしょうか?

 

大学受験とは、人生において初めて結果を求められる儀式なのかもしれません。しかもその結果はいやおうなく自分事です。だからプレッシャーも半端じゃないです。でも落ち着いてみてください。梅村のような人生でも、今笑って生きてますよ。大学受験なんて人生のほんの一部でしかありません。ちゃちゃっと終わらせて人生楽しみましょう!

そこに少しでも力を貸すことができたらこんなにうれしいことはありません。

 

そもそも浪人をするべきか?

浪人をどうやってしていくか?

どの予備校で浪人すべきか?

社会人でも受験ってできるの?

などなど

色んな悩み、全部持って武田塾中山校まで来てください!

無料受験相談はいつでも受け付けてます!


 

逆転合格専門塾! 大学受験予備校の武田塾中山校

〒226-0019 横浜市緑区中山4丁目 31-23 ル・チードビル5階

JR 横浜線 ・ 横浜市営地下鉄 グリーンライン 中山駅 徒歩2分

☎ 045-482-9544

 

 

無料受験相談、 お問合せは下記のリンクかLINE公式アカウントのトークからもどうぞ!

十日市場・鴨居・小机・川和町・都筑ふれあいの丘にお住まいの方もお気軽に!

もちろんグリーンライン沿線やそれ以外の地域の方からもご連絡お待ちしております。

綺麗な自習室、ドリンクサーバーの設置など、充実した学習環境を是非一度見に来てください(^^)

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 中山校へ