【武田塾チャンネル】シャドーイングのやり方【武田塾流】

前橋校・

こんにちは、武田塾前橋校です!!

 

今回は武田塾のルートにもあるシャドーイングのやり方について説明していきたいと思います。

 

 

 

シャドーイングとは?

シャドーイングとは・・・追い読みである!!

 

イメージとしては「かえるのうた」の輪唱(りんしょう)を思い出してもらえたらわかりやすいと思います。

「CDを流し2、3単語遅れながら真似をしてついていくこと」です。

 

 

一般的なシャドーイングとは本文を見ずに行うものですが・・・

「武田塾のやり方は本文を見ながらやること」です!!

 

 

もちろん理由があります。

シャドーイングの目的は「リスニング」「速読」

リスニング対策としてはCDだけでいいのですが、「速読」の練習としては本文を見ながらでないと意味がないです!

 

 

 

シャドーイングのやり方(注意点・意識すること)

質問「シャドーイングで文構造は意識した方がいいですか?」

 

これは「意識しなくてもよい」です。

 

なぜならシャドーイングの目的の一つは「速読」なので「精読」とは別で考えて下さい。

文構造を意識して読む方法は「精読」に分類されます。

 

 

1周目と2周目でやり方・目的が異なります!!

1周目:「CDの速さについていく」

⇒いきなりついていくことは難しいと思うので、「音読してから」「一行ずつ区切って」など助走をつけてやってみましょう。

⇒50文もやったらCDの速さについていけるようになります。

 

2周目:「CDの速さで訳がわかる」

⇒1周目でついていけるようになったら「訳が分かる」ことを目標に2周目をやってみてください。

 

 

注意点

1周目も2周目もCDだけでやるのではなく「本文を見ながらやる」こと。

なぜなら「その速さで長文を読む」ということが目標なのでCDだけだと速読練習にならないからです。

 

3周目:CDとテキスト(文章)を分けて使う(速読とリスニング対策を分けてやる。)

速読:「テキストだけでCD並みの速さで読む」

リスニング:「CDだけで文章を理解する」

 

 

ハードルを下げ段階ごとにシャドーイングをやるのが武田塾流!!

 

 

武田塾の宿題のペース

1周目は1日1文(1週間で6文)、2周目以降は1日2文(1週間で12文)をやってみましょう!

 

シャドーイングにかける時間の目安1日30分くらいです。

1周目は30分で1文、2周目は15分・15分を目安にしてください。

 

 

 

 

シャドーイングの目的を理解して正しいやり方でやってみましょう!

 

 

--------無料受験相談--------
武田塾前橋校では随時、無料受験相談を実施しています。
逆転合格のカリキュラム、志望校選び、成績を上げる方法、定期テストのこと、どんな内容でも相談を受け付けております。

 

お電話でのお問い合わせ・受験相談のお申込みは、下記電話番号からお気軽にご相談ください。

ホームページからのお問い合わせ・受験相談のお申し込みは下のボタンからお申込み下さい。

 

 

【武田塾 前橋校 前橋の個別指導塾・予備校】

address : 群馬県前橋市表町2-3-6 前橋第一ビル 6階(受付)

access : 前橋駅北口 徒歩7分

tel : 027-212-7504

mail : maebashi@takeda.tv

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談