武田塾久喜校!!ついに…小学生・中学生受け入れ開始!!

久喜校・

はじめに

みなさんこんにちは!武田塾久喜校です!

今回は皆さんにお知らせがあってこのブログを書かせていただいております!

題名の通り、なななんと!!この度、武田塾久喜校で小学生・中学生の受け入れが決定しました!!!

今まで武田塾久喜校では高校生しか受け入れを行っていませんでしたが、これからは中学生高校生の受け入れもどんどん行っていきたいと考えています!

それでは今回のブログでは、具体的に小学生、中学受験、中学生、高校受験のみなさんはどのような勉強を行っていくのか、目標はどこに定めれば良いのか、ということを書いていきたいと思います!

最後まで読んでいただけたら幸いです!

小学生ってどこまで勉強すればいいの?

まず、小学生の勉強についてです。

小学生だと、まだ塾に入ったり、学校以外の勉強をするのは早いかなあと思っている人も多いのではないのでしょうか?

学校で授業を受けて、塾でも授業を受けるとなると集中できなかったり逆に非効率的なのではないか…と心配される方もいるかと思います。

確かに、まだ学校での授業だけでも大変な小学生にとって塾でも長時間、講義式の授業を受けることは負担も大きいと思います。

しかし、武田塾は授業をしない塾です!

え?!と思った方もいるかもしれませんが、詳しくは過去のブログを参照してください。

簡潔に言うならば、武田塾は自学自習の習慣を付けることを目的とした塾なのです。

高校受験、大学受験を経験した方ならわかるかと思いますが、早め早めに勉強の習慣を付けることは本当に重要です。

武田塾に入塾されれば、その自学自習の勉強習慣を誰よりも早く身につけることができます!

もちろん中学受験など高度な目標が必ずしも必要なわけではありません。

まずは学校の勉強についていく、勉強習慣を身につける、ということを目標にしてみませんか?

その選択が未来の自分を助けることに繋がると思いますよ!

中学受験ってどうしていいかわからない…

また、武田塾久喜校に入塾される小学生の中には、中学受験を目指している方も多いと思います。

早い段階で将来のことを考えて受験に焦点を当てているのはとても素晴らしいことです。

しかし、全国的に見ても、まだまだ中学受験をする小学生は少数と言えます。

学校の先生もほとんどは地元の公立中学校に進学することを前提に授業などを進めているところが多いと思います。

となると、どうしても学校の授業だけでは心配…受験までに何をどれくらいやればいいかわからないという人も多いのではないでしょうか?

武田塾では選択コースによりますが、1時間の個別指導によって進捗管理や、武田塾独自のルートを使用して、いつどのタイミングでどの参考書をどれくらいやればいいのかを細かく指定します。

小中④

そのため、入試までの道のりがはっきりとして、迷わず勉強を進めることができます!

中学生って忙しくて大変…

次に中学生の学習についてお話していきます。

中学生と言えば多くの人が部活動に入部して、学校の授業の内容も突然高度になって、なかなか勉強についていくことから難しいという人も多いのではないでしょうか。

特に埼玉県の公立高校受験を考えている人は、評定平均もよく見られることは知っていましたか?

となると、うかつに定期テストもおろそかにはできませんよね。

しかしかと言って十分に勉強に集中できる時間も環境もない…となると悩みも増えるばかりですよね。

武田塾ではそんな皆さんのために、まずは定期テストの点数を上げることを目標にして学習を行うこともできます。

また、久喜校には自習室が設置されていますので、学校帰りの少しの時間でも勉強に集中できる環境が整っています。

小中①

また、宿題なども部活動や学校のテストに合わせて調整することも可能ですので、忙しい中学生にピッタリです!

また、大学受験英語の6割が中学英語である、という話は聞いたことがありますか?

実際、中学校で学ばない英語の文法事項は仮定法くらいです。

そのため、中学生のうちからしっかりとした勉強の基盤を作っておくことがとても大切です。

高校生に入ってから頑張ろうと思っても、さらに学習内容が難しくなり、ついていくことがとても難しくなってしまいます…

もし中学生のうちから勉強習慣を身につけたい、基礎力を磨きたいと思われる方は久喜校にいらしてみてください!

高校受験に落ちたくないです…!

最後に、高校受験のお話をしていきたいと思います。

公立の中学校に通っている方なら周りの友達のほとんどが高校受験を受けるのではないでしょうか?

埼玉県は英語と数学で学校別選択問題を導入しており、公立高校でも学校によっては問題を難しく感じることもあるかもしれません。

筆者はこの学校別選択問題の導入年に受験を経験したのですが、特に埼玉県の数学は特徴があり、難しいなあとつくづく感じました。

埼玉県の数学はとにかく相似や合同の証明問題が多いですよね。

証明問題は、どうしたらその答えにたどり着くのか、それまでの過程と、それを論理的に記述する力が必要になってきます。

この力を養うのはなかなか独力では難しいです。

なぜなら、自分で自分の答案を見て、添削することが難しいからです。

武田塾では、それぞれの生徒さんに合った参考書で、個別に講師がそばに付き、高校受験が無事終了するまでサポートすることができます!

中学受験の部分の記述と被る部分はありますが、どの段階でどの参考書を使ってどれくらいの勉強をすればいいのかなど、迷うこと、悩むことを出来る限り少なくした状態で勉強に集中することが出来ます。

また、これは中学校により差があるのかもしれませんが、実際のところ、公立高校受験に落ちる人と言うのはそこまで多くない印象です。

筆者の通っていた中学では公立高校受験に落ちた友達は筆者含め3人ほどでした。

私は落ちて進学した高校とめぐりあわせが良く、大学受験まで頑張ることができましたが、中学3年生の年齢での挫折は、いい方向にも悪い方向にも転ぶことがあります。

そんなリスクを負うなら、まずは出来る限りの努力をしてみませんか?

少しでも不安や相談したいことがある場合はいつでも武田塾久喜校にいらしてください!

おわりに

いかがだったでしょうか。

今回は武田塾久喜校が小学生・中学生の受け入れを始める、ということで、小学生や中学生の勉強方法、その目標設定について記述してきました!

まだ受け入れ時期は未定ですが、遅くとも今年度末からは受け入れが始まる予定です!

もし入塾を迷われている方などいらしましたら、まずはお話だけでも聞きに来ませんか?

それではここまで読んでくださってありがとうございました!

無料受験相談

関連記事

thumbnail

みなさんこんにちは!武田塾久喜校です。 いよいよ10月に入りましたが、みなさんの勉強の調子はいかがでしょうか。🍂🎃 秋からは今までの勉強でインプットしてきたことをもとに実戦演習、すなわちより入試に近い…

thumbnail

みなさんこんにちは!武田塾久喜校です。 この暑い中、みなさん本当に良く勉強頑張っていますね!本当にすごいです…!🥵☀   でもこの時期はどうしても、家だと暑くて集中できない&h…

スクリーンショット (6)

2020年のコロナ禍を受けて、学生の皆さんはご家庭で勉強される時間が平生よりも増えたのではないでしょうか? 「塾や予備校と、映像授業の違いって何だろう?」と、お子様を塾や予備校に通わせようか悩んでおり…

thumbnail

武田塾新コースのご紹介!!   皆さんこんにちは 武田塾久喜校です。 今回は武田塾の高1、高2向けの新コース『2科目特化 文武両道コース』『1.2年生から全科目コツコツ 5教科コース』につい…