【川越】西武文理学園高校 評判・進学実績・偏差値【武田塾】

川越校・

s_2

西武文理学園高等学校

 

西武文理学園高校の基本情報

■住所:埼玉県狭山市大字柏原新田311−1

■スクールバス:西武新宿線「新狭山駅」北口~スクールバス(約8分)
        西武池袋線「稲荷山公園駅」~スクールバス(約20分)
        JR埼京線・東武東上線「川越駅」西口~スクールバス(約20分)
        JR八高線・西武池袋線「東飯能駅」東口~スクールバス(約25分)
        東武東上線「鶴ヶ島駅」西口~スクールバス(約20分)

■路線バス:西武新宿線「新狭山駅」北口~西武バス(約10分)「笠幡折返場」行き「西武柏原ニュータウン」下車
      西武新宿線「狭山市駅」西口~西武バス(約20分)「西武柏原ニュータウン」行き「西武柏原ニュータウン」下車

 

■偏差値66~72

 

■校風・特色

建学の精神:学識と技術の錬磨報恩の精神不況不屈の精神

校訓:誠実・信頼・奉仕

教育方針:すべてに誠をつくし、最後までやり抜く強い意志を養う

 

【教育の重点】

エリート教育(英才教育):教育の場で、なし得る最大限まで生徒の学力を伸ばし、内在する能力を開発し、真の知育充実と望ましい才能育成の徹底をはかり、有為な人材を養成していきます。

グローバル教育(国際教育):日本の伝統と文化の理解の上に、国際人としての教養と洞察力を身につけて21世紀の国際舞台で能動的・自主的に活躍できる人材の育成をめざします。

情報教育:さまざまな情報が氾濫する現代社会において、情報活用能力を養うため、情報メディアを学習に取り入れ、高度情報化社会に主体的に対応できる能力を養います。

集団教育:社会を構成する一員としての自覚を深め、社会生活を営むための源となる「和の精神」を育みます。次代を担うリーダーとしての資質を育むため、自己の存在を高め個性を発揮できる人材の育成をはかります。

ホスピタリティ教育:校訓である「誠実・信頼・奉仕」の精神を活かすため、人間を尊重し自他を敬愛するホスピタリティの心を養い、人間として調和のとれた人格の育成をめざします。

 

■教育内容

広い視野を持った女性の育成を目指す
 2年次までは文系・理系に分かれず、一部の選択科目を除き全員が共通の教科・科目を幅広く学びます。そして3年次に類型選択制をしき、A類型(文系)とB類型(理系)に分かれます。
2年次から完全に文理が分かれる高校が多い中、珍しいですね。
さらに、各類型の中では個々の進路希望に添った科目選択ができ、より高度で専門的な教科・科目を学ぶことにより、あらゆる分野への進路実現を可能にしています。このように、個々の希望を叶えることも大切にしていますが、「川女」は大学へ入学することだけが目的の、単なる通過点ではありません。「確かな基礎学力を養うことこそ、将来の学問研究や社会のあらゆる分野の第一線で活躍するために必要である」、このような精神が現教育課程を作り上げているのです。

類型選択と進路
 本校の1,2年次における進路指導計画は、「職業の研究」に始まり「学部学科の研究」へと移行していきます。これらは生徒一人一人に、自己の将来を見つめるための課題として与えられ、総合的な学習の時間やLHRの中で実践されています。成長段階に合わせて編集されたこのプログラムによって、2年次後半まで「自己の在り方・生き方」について深く考え、その上で、直面する進路希望を決定し、類型選択に結びつけていきます。

■普通科

国際化・高度情報時代を生きる学際的な人材を育成

この科には、中高一貫の生徒と高校からの入学生が別クラス編成で属します。全科目を幅広く学び文系・理系どちらにも対応できる視野を養います。
また、実社会での取り組みを体験することで、現在学んでいる教科との関連性に気づき「学ぶ機会」をつかむことを目的に、体験学習を導入。各分野の第一線で活躍する方をゲストティーチャーとして招き、視野を世界へと広げます。
さらに、時期に合わせて個別に生徒面談も実施。授業の状況や学校生活など一人ひとりに合わせてサポートします。特に将来の選択肢の幅が広い普通科では、コース選択や進路などについて丁寧に時間をかけて相談を行っています。

1年次

【文理進学コース】

英語と数学に標準単位以上の授業時間を確保。また、朝ゼミ・課外授業を多めに設定し、普段の授業では扱えない内容についても触れています。その一方で、生徒に合った参考書・問題集を精選し、家庭学習での取り組みも指導しています。

2年次

【理系進学コース】【文系進学コース】

英語と数学に標準単位以上の授業時間を確保。また、朝ゼミ・課外授業を多めに設定し、普段の授業では扱えない内容についても触れています。その一方で、生徒に合った参考書・問題集を精選し、家庭学習での取り組みも指導しています。

3年次

【国公立理系5教科コース】【難関私立理系3教科コース】
【国公立文系5教科コース】【難関私立文系3教科コース】

総仕上げとして演習中心の授業を行います。年間を通してゼミナールを数多く設定し、生徒は自分に合った講座を受講して、現役合格に向けて入試実戦力の完成をはかります。

 

エリート選抜東大クラス

東京大学をはじめ、超難関国公立大学への現役合格をめざす精鋭のクラス

東京大学、京都大学などの超難関国公立大学への現役合格をめざす生徒に効率的な指導を行う、普通科所属の特別クラスです。超難関国公立大学の入試傾向を詳細に分析し、現役合格が可能となるよう3年間のカリキュラムを系統的かつ的確に編成しています。

1年次

【文理国公立進学コース】

英語と数学に標準単位以上の授業時間を確保。また、朝ゼミ・課外授業を多めに設定し、普段の授業では扱えない内容についても触れています。その一方で、生徒に合った参考書・問題集を精選し、家庭学習での取り組みも指導しています。

2年次

【国公立理系コース】【国公立文系コース】

進路希望に応じて文系、理系に分かれ、機能的な受業を展開します。教科書の徹底理解をベースに、演習を通じて論理的な思考力と論述力を強化。入試実戦力の基礎力養成を行います。さらに、年間を通して、東大数学の基礎や英語リスニング対策、医学部小論文対策など数多くのゼミナール(大学受験補講プログラム)を開講し、実戦力を養います。

3年次

【国公立理系5教科コース】【国公立文系5教科コース】

総仕上げとして演習中心の授業を行います。年間を通してゼミナールを数多く設定し、生徒は自分に合った講座を受講して、現役合格に向けて入試実戦力の完成をはかります。

 

理数科

科学技術の発展に貢献する英才を育成、3年次は大学入試に直結した実践演習。

181年に埼玉県で最初に設置された理数科です。県内理数教育の先駆者として、さまざまなプログラムを実施しています。1・2年次で教科書の大半を終え、3年次では問題演習に集中。理数理科、理数数学に多くの授業時間を割り当てています。豊富な授業時間を使い、実験や観察実習を行っています。
実習プログラムは、単なる大学入試対策に留まることなく、その先の未来を見つめたテーマを設定。「理数科先端科学講座(課題研究)」、「つくばサイエンスツアー」、「理化学研究所研修」、「サイエンス・イマージョン」、「アメリカ研修旅行」など実に多様な内容となっています。
理数科の卒業生は医療、科学技術、教育などの幅広い分野で活躍しています。

 

理数数学:1・2年次

数I〜Ⅲおよび数A・Bまで5冊の教科書(高校で履修するすべての教科書)の大半を修了します。

理数数学:3年次

数Ⅲ(高校では最も難しいレベル)の入試問題演習を中心とした授業を行います。

理数理科:1・2年次

理数物理、理数化学、理数生物をすべて履修します。

理数理科:3年次

理数化学(必修)を週4時間、理数物理または理数生物(選択)を週4時間学びます。

 

英語科

次世代の国際社会に貢献できる国際人の育成をめざす。

英語科では、高度な語学力と知的土台をベースに歴史・文化・宗教などを越えたグローバルシチズンシップを備えた国際人の育成をめざしています。幅広い教養と総合的な学力の向上をはかり、外国語はもとより、法、経済、経営、総合政策、国際関係、教育などあらゆる分野の文系学部の国公立大学および難関私立大学に現役合格する学力を養成します。

英語については3年間で25単位以上を設定。総合英語、英語表現、時事英語、異文化理解、英語演習など専門学科としてより高度な語学を学習します。読む・書く・聞く・話すの4技能をバランスよく養成し、外部試験(英検・GTEC・TEAPなど)の受験により、常にそれぞれの力を測定します。また、外国人英語講師による授業、日本人と外国人の教師によるチームティーチング授業などを通じて実践的な語学力の向上もはかります。

海外語学研修(2年次)は英語科全員が必修です。オーストラリアで3週間、ホームステイをしながらLivingstone Christian College(2019年度現在)で授業を受けます。学校で習得した語学力を海外で実践することで、さらなる英語学習への意欲を引き出します。その事前研修である英語集中プログラムでは、2日間にわたり外国人英語講師による少人数制の英語学習を行います。それにより、現地での学校生活・ホームステイでの実践的な英語運用能力や論理的思考能力、プレゼン力を徹底的に身につけます。高校卒業時までに英検準1級程度の力を持つことが目標です。

 

受験情報 2020年度

●試験日
1月22日(水) 1月23日(木) 1月24日(金)

●試験会場
西武文理学園高校

●試験科目

国語・数学・英語(各50分 各100点)

●合格発表日
1月27日(月)13:00 インターネット発表のみ

 

西武文理学園高校の評判

●学園の周りはとても静かで勉強しやすい環境

●いつでも質問しに行こしに行くことができる

●生徒の質問に細かく答えてくれます

 

 

西武文理学園高校の進学実績

●国公立

大学名 2019年度合格者数
東京大学
京都大学
北海道大学
名古屋大学
大阪大学
茨城大学
東京医科歯科大学
防衛医科大学
広島大学
千葉大学

 

●私立

大学名 2019年度合格者数
早稲田大学 17
慶應義塾大学 14
上智大学
東京理科大学 22
明治大学 50
青山学院大学 23
立教大学 37
中央大学 38
法政大学 31
成蹊大学 22
成城大学
日本女子大学 14
東京女子大学

 

武田塾の西武文理学園高校関連情報

♦西武文理の卒業生が偏差値30台からマーク模試現代文9割!

 

 

武田塾からのお知らせ

【逆転合格】はみんな【受験相談】から始まった!!!

◆偏差値37から1年で早稲田大学2学部に合格!
◆高校の創立以来初の早稲田大学現役合格!
◆偏差値36.9から8月入塾!早稲田大学に現役合格!
◆E判定からセンター90%!富山大学医学部医学科に合格!
◆E判定!5月入塾から早慶法学部に現役ダブル合格!

武田塾 川越校では、本気で逆転合格したい方のために、
ナント!勉強法までアドバイス!【無料受験カウンセリング】を行っております。
完全予約制となっておりますので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。

jukensoudan-banner

お申し込みはこちら→

川越の塾、予備校なら【武田塾川越校】
〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町6-6 石川ビル 2F
受付時間:13:00~21:30(日曜除く)
東武東上線 川越駅西口 徒歩1分
JR線 川越駅西口 徒歩1分
西武新宿線 本川越駅 徒歩12分

お問い合わせフォーム
TEL:049-257-6696(13時~21時30分(日曜除く))

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談