金沢 塾 北陸学院高校 「北陸学院高校の評判・実績は」武田塾金沢校

金沢校・

こんにちは、武田塾金沢校です!

金沢も最近冷える日が多く雪が降ったり止んだりの日が続きます。まだまだ冬が続きそうですね。

さて、今回の高校紹介は、キリスト教に基づいた「勉強プラスもうひとつ」を教育方針とする北陸学院高校です。

IMG_1244 (1)

(北陸学院高校の2019学校案内より)

 

[アクセス、所在地]

〒920-8563石川県金沢市飛梅町1-10 076-221-1944

JR金沢駅兼六園口(東口)から北鉄バス橋場町経由「東部車庫行き」か「湯涌温泉行き」に乗車し出羽町停留所から徒歩1分

 

[高校入試の合格レベル]

特別進学コース:300点以上(入試問題で)

総合進学コース:210点以上(入試問題で)

 

[2018年合格実績]

金沢大学2名、富山大学1名、石川県立看護大学1名、公立小松大学1名、など国公立大合計6名、

青山学院大学2名、法政大学1名、立教大学1名、同志社大学11名、関西学院大学5名、立命館大学4名、関西大学2名、など私立大合計195名

 

[評判・口コミ]

 北陸学院は、幼稚園・小学校・中学校・高等学校・短期大学・大学をもつ総合学園であり、「ミッション」の名で親しまれています。北陸学院中学校と北陸学院高等学校は、金沢の中心部に位置する同じ敷地にあり、兼六園のすぐ隣にあります。以前は、女子校でしたが、2005年度に高等学校が男女共学になりました。建物は、とてもおしゃれな学校です。

 

 

IMG_0060

 

 この垂れ幕にもある通り北陸学院高校は部活動の盛んな高校です。

特に女子バトミントン部、男子バスケットボール部、硬式野球部の実績が素晴らしいですね。その主な実績は・・・

 2013年度:女子バトミントン部が新人戦団体優勝

 2014年度:創部2年目の男子バスケットボール部がウインターカップ初出場、硬式野球部が秋季大会でベスト8

 2016年度:女子硬式テニス部が初の選抜大会に出場、硬式野球部が春季大会で初のベスト4、女子硬式テニス部と男子バスケットボール部が2年連続のインターハイに出場、男子バスケットボール部が3年連続のウインターカップに出場で石川県として初めての全国3位、

 2017年度:男子バスケットボール部がインターハイとウインターカップに出場、女子硬式テニス部がインターハイと選抜大会に出場、硬式野球部が夏季大会の石川県予選でベスト8、

 2018年度:男子バスケットボール部が4年連続でインターハイに出場

また、北陸学院高校は、クリスチャンの高校なので、他校にないユニークな部活動もあります。その一つが、ハンドベル部です。この部は、部員たちがおのおの両手にハンドベルという楽器を持ち音楽を演奏します。実は、一度You Tubeで合奏を聞いたことがあります。何とも言えない清らかな音色でした。感動しました!

このように北陸学院高校は、生徒の大半が部活動に参加し、勉強以外のもう一つの「打ち込めるもの」を持っています。

 では、この北陸学院高校ですが、大学入試の進学面はどうなんでしょうか?北陸学院高校は、以前から特別推薦枠のある推薦入試で関東や関西の有名私立大学に毎年合格させていく高校でした。2018年度入試では同志社大学に14名、関西学院大学に16名を初め青山学院大学・国際基督教大学・明治学院大学・同志社女子大など全国で約130大学・約560名の指定校推薦枠を持っています。凄い推薦枠ですね!

ただ、その一方で、北陸学院高校は、国公立大学や有名私立大学に一般入試ではなかなか合格出来ないとの声もありました。そこで北陸学院高校は2003年度に特別進学コース新設しました。このコースは、数学や理科にも力を入れ、センター試験を含む一般入試に対応出来るハイレベルなコースです。メンバーも設置当初5名だったが、徐々に増え2014年度からはだいたい100名を超えています。進学実績もこの進学コースの1期生が卒業する2006年度入試から金沢大学や富山大学や石川県立看護大学など国公立大学にも合格者を出すようになりました。また、このコースで凄いところは、現合格率(トライ者に対する合格率)が約63%で高いことです。この合格率は、すばらしい!

さすが、生徒一人一人に対して面倒見が良いと定評のある北陸学院です!

 

 では、この素晴らしいところをいくつも持っている北陸学院高校ですが、困ったことはないのでしょうか?

実は、あります!

それは、やはり数学や理科の大学入試や模擬試験の実戦力がやや弱いことです。

北陸学院高校の高校生は、指定校を目指す生徒と、一般で大学受験を目指す生徒が多いです!

では、そういうタイプの高校生は、どんな学習をするのでしょうか?

指定校を目指す生徒は、とにかく定期テストの評価点が大事になってきます。

定期テストは高11学期の中間から高31学期の期末テストの判定で決まります。

一方、一般で大学受験を目指す生徒は、当然模試で結果を出していく受験勉強が必要になります。

北陸学院の生徒の皆さんとは、まず指定校推薦を目指す生徒は、高校1年生から全ての科目が大事になっています!スタートダッシュ大事です!!

大学受験を一般で目指す生徒は、とにかく、高1で英語と数学を徹底的に仕上げることです。

高2であれば理系の生徒であれば理科科目を仕上げ、文系の生徒であれば国語や社会を仕上げていくことが大事になってきます。

北陸学院の生徒さんも武田塾金沢校、金沢有松校に多く来てくれます。

でも、北陸学院の生徒さんとの受験相談は指定校もしくは一般受験の戦力が大事になってきます。

今、この時期は受験相談が大変多い時期ですので

金沢校HP、金沢有松校HPからが便利です!

  

金沢校  電話076-256-5543水曜以外13:30~21:30であればお受けいたしております。

金沢有松校 電話076-259-5561水曜日以外13:30~21:30であればお受けいたしております。

無料受験相談

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談