【お待たせしました!】武田塾のレジェンド、統括の井関先生に特別にインタビューしちゃいました!|武田塾 東久留米校

東久留米校・

井関

みなさんこんにちは!武田塾 東久留米校の細沼です!

お待たせしました!!

今回は、ここ東久留米校に加え、田無校とひばりが丘校の統括をされている井関先生のご紹介です!

偏差値30台という高校時代から、武田塾への1年間の通塾で明治大学への現役逆転合格を果たし、さらにはイギリスへの海外進学、TOEIC満点という驚異の実績を誇る井関先生。

いまや武田塾のみならず、英語学習界の中でもその名を轟かしている井関先生に、なんと特別にインタビューさせていただけました!

西武線沿線の3校舎を統括する井関先生に、今まで語られていなかった高校生時代のお話や統括としての武田塾生、さらには受験生へのメッセージをいただきました。

ぜひご覧ください!!

 

さっそく、井関先生の高校生時代のお話から!

細沼「本日はお忙しい中お時間いただき、ありがとうございます!よろしくお願いいたしまます!」

井関「いえいえ、お願いします!」

細沼「今回はさっそく高校生時代のお話から伺っていこうと思います。まず、受験勉強を意識し始めたのはいつごろだったのですか?」

井関「勉強そのものは高2の春から予備校に通っていました。中3のときに偏差値10くらい一年で伸ばした経験があったので、はやめに始めればアドバンテージ大きいかなって思ってたんです。ただ当時は部活の卓球を頑張ってたかな!」

細沼「なるほど!高2といったら人生においてもスポーツに励める最盛期かもしれませんからね!(笑)そして当時の成績の方は…」

井関「ベネッセ模試で31.6だったね!今でも鮮明に数字を覚えてるよ(笑)国語にいたっては偏差値20台だったね」

細沼「偏差値20!でるもんなんですね(笑)」」

井関「らしいね(笑)」

細沼「当時の予備校はどんな予備校に通っていたのですか?」

井関「英語と数学を取ってたんだけど、そんなに役に立たなかったね」

細沼「と言いますと?」

井関「まず僕、謎に東大数学やってたんだよね。その予備校の方針が、スキーの例を出すと、「スキーって一回上級者コース滑り切れば、初心者コースってクソ簡単に思えるじゃない?勉強もそれと同じだよ!」みたいなところで(笑)」

細沼「なるほど!(笑)スポーツと勉強って、同じようで絶妙に違いますもんね」

井関「そうそう。だから結局、一年通っていてもあまり伸びなかったね。基礎が完璧じゃないと、勉強は難しいことやってもほとんど意味ないからね

細沼「ですね。そして、そこから高3生になって武田塾と出会うわけですね!きっかけはどんなところからだったのですか?」

井関「そうだね!出会いは、塾長の林先生が書いている『予備校に通っている人は読まないでください』って本でした。当時予備校に通っていて成績が上がってなかったので、タイトルでしっかり釣られたね(笑)」

予備校に通っている人は読まないでください

細沼「なるほど!ただ、そこで予備校のことだったり受験についてを知ったのですね!そこから武田塾への興味につながったということですか?」

井関「そうだね!ホームページから無料受験相談に申し込んだんだけど、当時のサイト、めっちゃ胡散臭かったのを覚えてるなぁ(笑)」

細沼「もう10年くらい前のことですもんね(笑)ただ、受験相談はとても実りあるものになったというわけですね!」

井関「その通りです!まさかの林塾長に受験相談を担当してもらえたんだけど、「予備校の授業で完璧になってる?」とか、「参考書を完璧にしたことある?」って聞かれて、ぜんぶないな、確かに理にかなった勉強法だな、って思ったんだよね」

細沼「なるほど。そして、武田塾での勉強をスタートされたわけですね!明治の商学部に合格されていますが、科目はどう進めたのですか?」

井関「科目はもともと数学を取っていたんだけど、武田塾に入るときに世界史に変えました。もともと早稲田の商学部を目指していたんだけど、早稲田の商の数学ってめちゃくちゃ難しいんだよね。基礎が抜けているのに早稲田の商学部を数学で目指すのは無理だねってなって、とりあえず社会に変えようってなりました」

細沼「なるほど、それで世界史になったわけですね!世界史と日本史はどのように選んだのですか?」

井関「漢字苦手だったのと、難しい大学になるほど日本史は細かいところまで聞かれるっていうのを聞いて、世界史を選びました

細沼「なるほど!入塾したところでさっそく受験方法のアドバイスだったり変更をされたってことですね」

井関「そうだね!その生徒が受験に合格する最善・最短の手段を提供してくれるってところが武田塾一番の魅力だし、それは勉強法以外のところも含むからね!

IMG_3813

細沼「ですね!武田塾での勉強は、ハードでしたか?」

井関「ハードだったね!(笑)そもそも学校で数ⅠAと日本史Bの授業を取っちゃってたから、高校ではめちゃくちゃ内職したし、正直内職しないと合格できなかったな、とは今でも思ってるかな。しかも、部活で結構大きなケガしちゃって、家と武田塾と病院の往復でかなり時間かかっていたから、移動時間はぜったい英単語やるっていうのも決めたね」

細沼「やはり時間の捻出が最大のポイントですもんね」

井関「逆に言えば、内職さえすれば高3からもMARCH・早稲田はいけるってことだね!」

細沼「時間以外でヤバかったなって覚えていることってありますか?」

井関「ヤバかったこと!(笑)そうだね、当時教務チェックを中森先生がやってくれていたんだけど、鬼厳しかったね!(笑)ホントに(ピー音)されるかと思ってたけど、だからこそ、確認テスト絶対不合格になりたくない、完璧にしてこないとって思えたかな」

細沼「その恐怖があったからこそ、成績はあがったってことですね!」

井関「本当にそうだったね!」

細沼「具体的にはどんなことに注意したり意識して勉強していましたか?」

井関「やっぱり、一冊を完璧にしたのが一番伸びたね。センター英語が80点くらいしかとれなかったのが、2か月半で倍近くの140点くらいまで伸びたからね」

細沼「2カ月半で倍!まさに一冊一冊完璧を積み上げていきながらルートを進んでいくという武田塾の方針の成果ですね!」

井関「そうだね!そのときは武田塾やべぇって思ったな(笑)」

細沼「そうなりますよね~(笑)」

井関「英語で特に印象に残っているというと、『基礎英文解釈100』の勉強法だね。」

細沼「といいますと?」

井関「解釈って各章に題名があると思うんだけど、問題文だけをみてその題名が浮かぶようにしていたんだよね。英文を解釈するうえでのコツも使えるようにしようっていう方針でやってました」

細沼「なるほど!例文とコツをセットでおぼえておけば、初見でもより解釈で学んだことを活かせるということですね!」

井関「そうです!」

line_oa_chat_210213_135611

 ☝コレ!

細沼「反対に、受験期の反省などはありますか?もっとこうしておけばよかったなー、みたいなこととか」

井関「世界史は最後まで伸び悩んだね。世界史は縦(年号)の流れと横(同時代の世界図)の流れの両方が必須なんだよね。ただ、初学だと一年じゃどうしても、当時のルートじゃ間に合わなかったね」

細沼「インプットが早稲田を解くレベルに達しきらなかったということですか?」

井関「単語とか知ってる状態では入ってはいるんだけど、選択肢をすべて消しきれないってかんじだね。結局、知識をつなぎ合わせないといけないから、整理して知識をインプットするっていう段階が完璧にならなかったね」

☝井関先生の勉強法について、詳しくはこちらもご覧ください!

 

社会人時代のお話 ~武田塾に戻ってくるまでの旅路~

細沼「受験期の貴重なお話は武田塾チャンネルも見ていただくとして、、ちょっと時をスキップして、社会人時代のお話をきいていこうと思います。こちらは意外とお話されていないと思うので、楽しみです!」

井関「よろしく!」

細沼「明治大学からイーストアングリア大学へ海外進学をされて、まずは就職はどちらでしたのですか?」

井関「明治とイギリスの計5年半で大学を卒業して、就活は海外、アメリカのボストンでしました。大学では統計、経済、国際開発を学んでいたんだけど、ボストンキャリアフォーラムっていう日本語・英語のバイリンガル向けのキャリアフォーラムで、3日間で内定をもらったんだよね」

細沼「えぇ!そんなイベントがあるのですね!」

井関「そうなんだよ!それで日本のコンサル会社に就職しました」

細沼「コンサル会社にいらっしゃったのですね!じゃあそこで何かを感じて、武田塾に戻ってこられたということなのですか?」

井関「いや、もう一社挟んでる!(笑)」

細沼「あ、そうなんのですね!」

井関「実はメンタルやっちゃってね。当時のコンサル会社がマジで激務すぎて」

細沼「ああ、なるほど。。」

井関「しかも、とにかく数字に細かくて、おまけに生産性マシーンみたいにならなくちゃいけなくて、私生活にも影響でてきちゃって鬱になっちゃったんだよね」 

細沼「そこまでに。。」

井関「そうなんだよ。ただそのタイミングで、やっぱり教育系の仕事に携わりたいって思うようになって」

細沼「なるほど!教育系にはずっと興味があったのですか?」

井関「そうそう。イギリスでもチューターのアルバイトしてたし、フィリピンではゴミ山周辺で教育系の支援をしていたこともあったんだよね」

細沼「そうだったのですね!」

井関「それで社内ベンチャーを積極的にやっている、社会問題をビジネスで解決するっていうベンチャー会社に転職したんだよね」

細沼「なるほど!」

井関「失業率が高い国のひとつにバングラデシュがあるんだけど、そのバングラデシュでつくったものを日本で売ることで現地の雇用を生むっていう事業をやってて、ウェブマーケティング、人事、工場管理、いろいろさせてもらったね」

細沼「いいですね!でも、そこで企業ではなくやっぱり武田塾でっていうのは、どんな考えからだったのですか?」

井関「結局、大学受験を武田塾の勉強法で受かって、そのあとやってた自分の英語の勉強も武田塾の勉強法を使ってたから、どうやっても教育系をやったら武田塾のノウハウを使ってしまうって考えて。だったら、最初から武田塾でやればいいなって考えたんだよね」

細沼「なるほど!確かにですね」

井関「それで、学生時代に武田塾でアルバイトしてた時の一こ上の先輩だった山火先生に連絡して、そこからいろいろあって田無校の校舎長になったんだよね」

細沼「そうだったのですね!やはり教育系があっていたということですね!」

井関「そうだね!正直、教育系だったら武田塾じゃなくても水を得た魚のように働いているとは思う!(笑)ただ、武田塾の教育理念が自分の目指すところと一番合致していたんだよね、やっぱり」

細沼「なるほどですね!そして最初の田無校が、今日まででだいたい2年半くらいを迎えるわけですね」

井関「だね~」

 

武田塾の統括として。

IMG_3825

細沼「井関先生は武田塾ではたらくにあたって、どんなことを考えていらっしゃるのですか?ビジョンだったりを聞かせていただきたいです!」

井関「まず僕、高校生のときは西武線の西のほんと端っこの方に住んでいたのね。だからお茶の水の武田塾までの移動時間が1時間半くらいかかって、とにかく大変だったんだよね」

細沼「一時間半はやばいですね(笑)」

井関「それがもうちょっとでも近かったらなぁ、っていうのが心残りで。だから、西武線沿いに良い武田塾をたくさんつくりたいっていうのが一番最初の一番大きな想いだったんだよね」

細沼「なるほど!それで西武線沿いなのですね!」

井関「そうなんだよ!あとは、さっき言っていたフィリピンの支援のつながりがまだあって、そこへの支援も武田塾を通じて継続したいなって思っていますね。実際、売り上げの一部で学校に通えない生徒さんを奨学金で支援したり、農業支援をしたりしています」

細沼「そうですよね!そのビジョンは僕もとても共感をもっているところなので、頑張っていきたいです。やはり教育格差だったり開発支援というところから、海外へのつながりも意識されているということですね!」

井関「そうだね!あとそれでいうと、武田塾イングリッシュっていうYouTubeがそろそろ始動するのと、本の出版を進めています!」

細沼「そうなのですか!!本については初出し情報な気がします…!」

井関「かもね!今年のゴールデンウィークくらいに出版される英語の勉強法を書いています!」

細沼「出版したら読ませていただきます!(笑)」

井関「ぜひぜひ!」

☝井関先生の英語勉強について知りたいという方はこちら!

 

井関先生の理念とビジョン

武田塾_井関先生

細沼「ここまでのお話でビジョンや理念は聞いてきましたが、もうひとつ大きな理念があるとか。。」

井関「そうだね!不可能を可能に、っていうのも、ずっと掲げているビジョンです」

細沼「それこそ武田塾でいうと、逆転合格、という部分ですか?」

井関「それももちろん、大学に受かるっていうところはもちろんなんだけど、一番は、その子の不可能を可能にしたっていうところだね。GMARCHとか早慶とかじゃなくても、その子本人、その子のまわりが無理だって思っていることを可能にしてあげたい、その力になりたいっていうのがずっとありますね」

細沼「なるほど」

井関「なので、生徒のみんなが自分の不可能を可能にしていく姿を見ているのが、一番やりがいを感じる瞬間ですね

細沼「たしかに、それは僕も感じます。ちょうど合格発表が少しずつ出てきていて、まさにその子にとっての逆転合格を果たしている姿を見ていると、素直に一緒にうれしい気持ちになります!」

 

最後に井関先生から、全国の受験生へメッセージ!

細沼「では最後に、井関先生から全国の受験生にメッセージをお願いします!」

井関「自分に不可能はない!と思って勉強してほしいです!勉強を通じて、大学受験を通じて自信を持てるようにしてほしいですね!大学受験をがんばれた人は、大学は入ってもがんばれていると思うんです。大学がどこかはそこまで重要じゃなくて、いい大学に入ってなにもしていない、何も考えていない人だっている。それは、自分で納得して大学に入っているかどうかっていうがもあると思うんだよね。だから、最後の最後に自分で納得できるよう、悔いのないよう勉強してほしいし、その経験を大学にはいったあとも大切に活かしてほしいです!

 

今から志望校に合格したいなら…!!
武田塾東久留米校では無料受験相談実施中!!

これ2

今回のブログでは、井関統括の紹介をお届けしました!

 

武田塾東久留米校では現在、細沼校舎長が無料受験相談を行っており、

「明治合格に向けて自分にあった勉強法を教えて欲しい!」

「GMARCHすべてE判定だけど第一志望に逆転合格したい!」

「今からでもGMARCHに合格するための志望校を知りたい!」

といった、質問に一つ一つ答え、

あなたの志望に合わせた

勉強方法や勉強の戦略を提案いたします!!

今だけ特別に、お問合せの際にご指名いただければ井関統括による受験相談も実施中です!

 

また、

「そもそも受験のために何を勉強すればいいかわからない…」

「今まで勉強をサボってきてしまった…」

「受かる気がしない…」

といった勉強に関わるお悩みも、

どんな小さなことでも構いませんのでぜひ相談してください!

 

もちろん、

お子さまを陰ながら見守るお父さま・お母さまの質問も大歓迎です!

 

お申し込みは、

下記の無料受験相談フォームにご入力いただくか、

東久留米校(042-420-6280)に直接お電話ください!

 

◆武田塾の無料受験相談Q&A◆

 

LINEで相談始めました!

LINE勉強相談SOS・無料受験相談

武田塾東久留米校では現在、

校舎公式LINEでの勉強相談を受け付け中です!!

 

👇校舎LINEはこちらから登録!

友だち追加

 

 

-期間限定-

小・中・高・大学受験生 対象 ⇒ 【夏だけタケダ】

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

武田塾東久留米校HPはコチラ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

バナー_署名欄冒頭

統括校舎一覧

line_oa_chat_210118_192830

《武田塾 東久留米校》

〒203-0053
東京都東久留米市本町1丁目5−2 グランディール石坂 2階

武田塾東久留米校HPはコチラ!

▼東久留米校公式LINE お気軽にご相談ください♪友だち追加無料受験相談ボタン

 

写真 2020-01-14 22 58 11

《武田塾 田無校》

〒188-0011
東京都西東京市田無町3丁目3ー4 チェリーハイツ 1階

田無校のホームページはコチラ

▼田無校公式LINE お気軽にご相談ください♪友だち追加無料受験相談

 

DSC_1403

《武田塾 ひばりヶ丘校》

〒188-0001
東京都西東京市谷戸町3丁目27−11 JCビル 4階

ひばりが丘校のホームページはコチラ

▼ひばりが丘校公式LINE お気軽にご相談ください♪
友だち追加無料受験相談ボタン

 

 

タグ:

関連記事

thumbnail

近くに武田塾がやってきたけど、どんな塾なのかわかりません!!! どうすれば?!?!? そんな質問にこのブログではばっちり答えていきます!   先ず、武田塾は全国展開をしているので、かなり有名…

明治のキャンパス紹介

みなさんこんにちは!武田塾 東久留米校の横山です。 突然ですが、、来年、明治大学の受験を考えているみなさん、受験勉強は始めていますか? 「まだ来年だし、大丈夫でしょ!」 「3年にあがってからで間に合う…

細沼

皆さんこんにちは!武田塾東久留米校校舎長の細沼です。 今回のブログでは、僭越ながら僕の自己紹介をさせていただきます!   前半は文字通り、僕の自己紹介を、 後半は僕の大学受験期、並びに武田塾…

今から国公立に合格するための方法

  皆さんこんにちは! 武田塾東久留米校校舎長の細沼です。   今回のブログでは、国立北海道大学 総合理系に現役合格をした細沼が、 今からでも間に合う、国公立大学に合格するための勉…

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 東久留米校へ