【共通テスト対策】理論化学のチェックリスト!【化学・化学基礎】

岐阜校・

こんにちは、武田塾岐阜校の小林です。

前回、無機化学の記事を書きましたので、今回は共通テストの「理論化学」対策になります。

今回は共通テストの理論化学でコスパよく点を取るために、
「計算は置いといて、用語や定義を完璧にしよう!」
というコンセプトです。

チェックリスト」として使えるようにしてありますので、共通テストで化学や化学基礎を受ける人は是非ご活用ください!

 

共通テストの理論化学で「最優先で覚えておきたい」項目とは

それはズバり「化学基礎」の範囲です!

なぜなら、化学基礎の「結合(結晶)」「物質量」「酸・塩基」「酸化・還元」は他の範囲にもめちゃくちゃ出てくるからです。
逆に「化学」の範囲である「気体」「溶液」「結晶」「エネルギー」などは、どれも独立した分野となっており、最悪1~2個苦手な範囲あっても、そこまで他に影響しません。

なので、今回は化学基礎を中心に「覚えておきたい項目」をチェックリストにしました!

 

理論化学「最優先で覚えておきたい用語」チェックリスト

リストの使い方

以下の用語を見て、何も見ずに口頭で説明(もしくは図を書いて説明)出来たら○。
説明出来ないものがあれば、教科書や講義系参考書を読んで、自力で説明出来るまで反復すること。

1章:物質の構成元素(成り立ち)

・分離法(ろ過、蒸留、分留、再結晶、昇華)
・純物質/混合物
・単体/化合物/元素
・物質の3態を熱運動と分子間力から説明
・同素体/同位体

共通テストだと第1問で単発で出てくる範囲。覚えておけば必ず取れるので、カッチリと覚えておこう。

2章:原子の構造

・原子核の構成
・電子の殻、各原子の電子配置
・イオンとは
・イオン半径は何で決まるか
・イオン化エネルギーとは
・価電子数/最外殻電子数

そこまで問題としては出てこないが、「イオン」は他の範囲でめちゃくちゃ大事なので、100%理解しておいて下さい。

3章:原子の構造

・イオン結合とは、どんな物質がイオン結合か、どんな力によって結びついているか、イオン結晶の特徴
・共有結合とは、どんな物質が共有結合か、どんな力によって結びついているか、特徴は
・電子式を書けるか
・共有電子対、非共有電子対、不対電子
・配位結合とは、具体例は
・錯イオンとは(具体例は福間別冊で覚えればOK)
・電気陰性度とは
・極性とは
・極性分子と無極性分子、具体例は
・ファンデルワールス力とは、どんな物質だとファンデルワールス力が大きいか
・水素結合とは
・分子間力とはどれのことか
・分子結晶とは、具体例は
・金属結合とは、特徴は
・配位数、充填率とは

ここから重要度が一気に上がります。特に「イオン」「極性」あたりは必ず100%にしておきたい。

4章:物質量

・物質量、アボガドロ定数
・溶液/溶質/溶媒
・質量パーセント濃度
・モル濃度
・密度
・溶解度

ここは主に計算問題が多いので、用語は少なめ。

5章:酸塩基

・酸、塩基の定義2種
・酸と塩基の価数
・中和、塩
・電離度
・代表的な強酸・弱酸
・代表的な強塩基・弱塩基
・強弱と電離度の関係
・塩の種類(正塩など)
・塩の水溶液の性質(酸か塩基か)
・弱酸、弱塩基の遊離反応、具体例も
・phとは
・指示薬、どういう時にどれが使えるか
・実験器具の形と特徴

とても大事な範囲。無機と有機でもバリバリ使う知識が入っている。一度覚えた後も頻繁に復習しよう。

6章:酸化還元

・酸化や還元の定義
・電子的な定義
・酸化数の数え方
・酸化数の増減と酸化剤還元剤の判断法
・酸化剤/還元剤(反応前と反応後の暗記)
・半反応式の作り方
(・過マンガン酸カリウムや二クロム酸カリウムでの陽イオンの処理)
・イオン化傾向とは、イオン化傾向の暗記

こちらも酸塩基と同じくらい大事な範囲。完璧にすれば無機や有機の範囲で活躍します
マークだとそこそこ誘導があるので、暗記が完璧でなくても大丈夫だったりしますが、二次で化学使う人や高得点狙う人はカッチリ覚えておきましょう。

理論化学は、まず用語の定義や現象を理解しよう!

以上です!理論化学はとにかくこの「化学基礎」範囲をまず100%にして下さい!
その後は、有機や無機とのバランスを考えつつ、理論の対策を進めましょう。

この先の範囲はチェックリストは作っていませんが、「暗記だけとにかく済ませたい!」という方向けに、勉強法をお伝えしておきます。

<やり方>
1:宇宙一わかりやすい高校化学(理論化学)を用意する
2:計算問題のページは飛ばして読んでいく
3:紙面の左側の「ココをおさえよう」と「赤字」「黒太字」の所を覚える
4:その際、右側の図も含めて説明出来るようにしておく
5:覚えたら、自力で説明できるかを自分でチェックする(章末のチェックリストなどを活用する)

これで用語定義や現象の理解はバッチリになるはず!
凝固点降下、溶解度積、緩衝液なども説明が出来るようなれば、問題も解けるはずので、頑張って下さい!

武田塾岐阜校では無料受験相談を行っています!
学校の勉強で困っている方や、志望校対策したいけど、何をしたらいいか分からない、という方はいつでもご相談下さい!


受験に関するあらゆる悩みに、無料で個別アドバイスをさせていただきます。

*好評により、現在枠に制限を設けております。
 お問い合わせ後は校舎より日程調整のお電話をさせていただきます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

日本初!授業をしない武田塾 岐阜校

〒500-8175
岐阜県岐阜市長住町2丁目7番地
アーバンフロントビル 6階

TEL 058-215-0572

受付時間
<月~土曜日>
自習室利用可能時間 10:00~21:30
電話受付対応時間 10:00~21:30

武田塾岐阜校HPはコチラ

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇