【数学・苦手分野勉強法】苦手を克服するための手順!

宇治校・

こんにちは!

武田塾宇治校の中川です!

受験勉強は進んでいますか?

受験科目の中で数学が苦手な方も多いのではないでしょうか?

今回は数学の苦手分野の勉強法についてお話ししたいと思います。

数学の苦手分野勉強法

PAK15_notepenhikkiyougu20140312_TP_V

数学には様々な分野があります。

特定の分野だけ苦手という方も多いと思います。

ベクトルだけはどうしても苦手、
確率はどうしても苦手で出題された時点で点数が取れないという人も多くいると思います。

特定の分野だけが苦手な方向けに、
その特定の分野が苦手な状態をどう克服すればいいのかをご紹介します。

参考書のレベルを分野ごとに変える

数学の勉強を基礎問題精講から始めた場合でも、
確率だけは「やさしい高校数学」から始めないといけないケースも多くあります。

「やさしい高校数学」は、
確率、ベクトル、数列の概念的分野が苦手な方におすすめです!

計算の分野は「基礎問題精講」で問題ありません。

ですが概念的分野のように考え方が大事な分野は、
講義系参考書が重要になってきます。

なので得意な分野と苦手な分野で、
参考書を分けて勉強するほうが理解が深まる可能性があります。

苦手な分野はワンランクハードルを下げて行うことで、
あやふやな状態で進むことを防止できます。

「やさしい高校数学」のほかにおすすめの分野別参考書は、
「細野真宏の本当によくわかる本」シリーズです。

「細野真宏の本当によくわかる本」シリーズは、
ベクトルは簡単で確率は難しめの参考書ですが分野別の参考書としておすすめしています。

克服する必要があるかどうか検討

武田塾のルートで言う日大レベルの範囲では苦手がではなかったものが、
MARCH、早慶、地方国公立レベルになってくると、
理解できなくなった範囲が出てくるケースもあります。

2次試験や一般入試はどう苦手分野を克服していけばいいかというと、
まずはその苦手分野を克服する必要があるかどうかを検討しましょう。

例えば証明問題が苦手な状態でも、記述の試験ではない場合は、
それほど時間をかけて苦手を克服する必要はありません。

こういったケースであれば、やらなくていいケースもあります。

なので必要となった時に分野を絞って特定の問題集を使って勉強しましょう!

国公立の数学を演習する参考書

「国公立標準問題集 Canpass 数学」をやっている方がいるとします。

ある程度できている分野もあれば、演習量が不足している分野もあると思います。

そういった際は「実戦 数学重要問題集」で、
苦手分野の演習量をカバーして対策しましょう!

また該当分野に特化して演習量を積める参考書としては、
「10日で極める」シリーズもおすすめです。

ベクトルや確率など特定の苦手分野は、
ある程度出題パターンは限られています。

なので絶対に克服できないことはありません。

苦手を克服するためには、
考え方をしっかり理解すること、
良く出題されるパターンを押さえておくことが重要です。

共通テスト対策

共通テスト対策であれば、
苦手分野に特化してセンター試験の過去問を、
10年分やりこむことで苦手を克服する方法もあります。

まとめ

数学の苦手分野は参考書を分野ごとに変えて、
必要であれば特定の問題集を使って勉強しましょう!

出題されるパターンを押さえて苦手を克服しましょう!

 

無料受験相談受付中!

・勉強しているのに成績が伸びない。
・そもそもどうやって勉強を進めたらいいの?
・集中力が続かない。
などなど、受験に対する悩みは尽きないと思います。

どんな些細なことでも気になることがあれば、ぜひ受験相談に来てください!!
悩みを僕にぶつけてください!一緒に解決しましょう!

受験相談では、
1日で英単語100個覚える方法
逆転合格プログラム
などなど、受験に役に立つ情報をご紹介します!

受験相談のお申し込みは、下記専用フォームから!

無料受験相談

 

タグ:,

予備校・塾をお探しなら『日本初!授業をしない。』 武田塾 宇治校へ