【受験生の声】「どこから分からないのか」を見極めよう!

津島校・

こんにちは、武田塾津島校 校舎長の伊藤です。

 

今回の投稿では、津島校に通う生徒さんが何気なく言った、

「分からないところが分からない」

この悩みについて、取り上げていきたいと思います!

 

授業は「分からないところが分からない」状態に陥りやすい!?

私自身も高校生の頃に「分からないところが分からない」になった経験があるので、
気持ちはよーーーく分かります。

 

私の場合は、数Ⅰ・Aと高校1年生の頃に受けていた物理基礎が特にそうでした。
数Ⅰ・Aが分からないので、そのあとに勉強する数Ⅱ・Bも結局分からない状態でした。

数字を扱うならまだしも、突然記号が出てきたり、公式が全部記号だったりするので、この定義や意味を覚え、使えるようにしていないから問題が一切解けなかったのです。

 

 

なぜこのように、分からないところが分からなくなるのかと言いますと、
「授業が進んでしまうから」です。

どんなに分かりやすい授業をしてくれる先生でも、授業を受けた全生徒が100%理解できるように解説して全員の成績をアップさせることは恐らく不可能です。

生徒には、授業のどこかで「あれっ?どういうこと?」と、理解が止まる瞬間があります。

 

ですが、先生はその場では気付かないですし、気付いてくれていたとしても授業を進めることを止めて、みんなができるまで先に進まないなんてことはしません。

ということで授業は進みます。

当然、内容が分からない状態で進み続けるので、その先の内容もずっと頭に入りません。

それが続いていくことで、分からないところがどんどん増えていき

次第に最初に「あれっ?」って思ったこと自体も忘れてしまう。

「分からないところが分からない」

の完成です。

 

特に高校授業ではこの現象が起きやすいです。

なぜならば、中学校までと異なり、授業では扱う範囲も授業のスピードも難易度も大きく上がるからです。

 

だからこそ、「授業の受けっぱなし」

この状況をまずは打破していく必要があるのです!!

 

分からないところを分かるようになろう!

ここまで、授業が進んでしまうことで「分からない」ところがそのままになってしまい、
「授業の受けっぱなし」になっているという内容をお伝えしてきました。

 

今まで授業を受けてきた範囲で漠然と分かっていないことが多くて、

「何が分かってないんだろう…」

「何から始めたらいいか分からない…」

そんな悩みをお持ちの方はぜひ今のうちにその悩みを解決させちゃいましょう!

 

そもそも、今の状況の元を辿れば必ず、

「分からなくなったキッカケ」「分からなくなった原因」があるはずです。

 

そこを自分自身で見つけていくために、自分の理解度を分類していきます。

①「分かる」上に「できる」問題

②「分かる」けど「できない」問題

③「分からない」上に「できない」問題

 

まずは一つひとつの問題をこの3つに分けてみましょう。

 

具体的にやり方をお伝えします!(あくまで一例です)

ステップ①:まずは範囲を決めて問題を解いてみる

ステップ②:解き終わったら答え合わせ

ステップ③:間違えた問題の解説を読む

ステップ④:解説の内容が理解・納得できるかどうかで問題を分ける

 

ステップ②の時点で、

正解した問題は「分かる」上に「できる」問題で、
不正解の問題は「できない」問題であると分類できますね。

※ただし、勘で正解した問題は復習の必要があります。

「できない」問題の中で、「分かる」のかどうかを解説を読んで確かめます。
このステップ④を踏むことで、今の自分の定着率を分類することができるのです。

 

あとは、「できない」問題は繰り返し復習し、
「分からない」問題は、講義系の参考書を読み返す、先生、友人に質問するなどをして「分かる」ようにしていくことから始めましょう。

 

このように、「自学自習」を最初に進めていき

 

「わかる」ようにして、「できる」まで「やってみる」、武田塾の勉強方法です!

 

武田塾では勉強方法から教えていきます!

今回は「分からないところが分からない」を解消すべく
勉強方法をお伝えしました!

 

武田塾では、このように生徒一人ひとりに合った個別の指導を行っております。
もちろん、分からない問題の解説や疑問点の解消もしっかり行い、そのうえで今回のような勉強方法までレクチャーすることができます。

 

また、個別に志望合格に向けたカリキュラムもお渡しすることができますので、
武田塾を利用して下さる学生さん全員が志望校合格できるよう本気でサポートさせて頂きます。

 

まずは、無料の受験相談にぜひお越しください。

今みなさんが抱えている不安が解消できるよう、対応させていただきます。

無料受験相談