受験生の冬休みの過ごし方

新浦安校・

 

センター試験の受験生はセンター対策が最優先

 受験生は冬休みの過ごし方次第で志望校に合格するチャンスを広げることができます。特に、センター試験の受験生は冬休みがセンター直前期に当たります。センター試験対策を最優先にして冬休みの勉強を進めましょう。

 冬休みに入るにあたって、センター試験の各科目で取るべき点数を確認しておきましょう。とるべき点数から逆算して、自分がどの科目を重点的に勉強すべきなのかを把握してください。特に、数学や国語はセンター試験で時間不足になりやすいです。これらの科目の得点が目標値に達していない場合は、解答スピードを上げたり、苦手分野を克服したりする取り組みを冬休み冒頭から積極的に進めていってください。

 センター試験対策では、苦手分野がなくなってきた段階で過去問演習にどんどん取り組んでいきましょう。過去問演習をすることで、新たな弱点に気づける場合もあります。また、年度によって難易度が異なるため、平均点を見ながら自分の実力が上がっていることを確認していきましょう。難化した場合、易化した場合のいずれでも、志望校に合格できるレベルの得点を確保できるようにしたいところです。過去問演習では制限時間がスタートしたらまず、問題全体に目を通して平均的な年度と難易度に差があるかどうかをチェックするようにしましょう。そして、難易度が高めと判断した場合は基本的な問題でのミスを減らす意識を特に強く持つなどして、合格ラインを確保する練習をすると良いです。

 

 

国公立2次試験・私大入試対策は英数を重点的に

 センター試験以外にも、国公立大学の2次試験や、私大入試の対策をする必要がある人が多いはずです。こうした大学独自の試験に向けては、主要科目となる英語・数学の対策を重点的に進めておきましょう。

 英語では、英作文や英文和訳、長文読解といった応用問題での得点力を磨いておきましょう。応用問題の得点力は一朝一夕に身につくものではありません。そのため、単語や文法の勉強ばかりするのではなく、応用問題にも冬休み中に積極的にチャレンジしましょう。可能であれば、学校や塾の先生に添削してもらうと効率よく得点力を上げることができます。自分で採点をする場合は、模範解答と自分の解答を良く見比べたうえで、どこを改善すれば得点アップの近道なのかを考えてください。難しめの問題が出た場合はいかにして部分点を稼ぐかなど、入試本番での得点を少しでも上げられるような勉強をしてください。

 数学では、基本的な計算処理などを確実にこなせるようにしたいところです。くり返し問題演習を行って、自分が計算ミスをしたり、処理の方向性を誤ったりするポイントを見つけ出しましょう。苦手な処理が出てきた場合は、複数の問題集を併用するなどして類題に数多く取り組んでください。冬休みの学習では、実力を上げることだけでなく入試本番に向けて自信をつけることも大切です。自信が持てない分野を冬休み明けに残すことがないよう、気になる点については徹底して反復学習をしておくべきです。

 

 

暗記分野はこまめに復習しておこう

 勉強時間を長くとりやすい冬休みには、思考系の問題に取り組むことが多くなります。すると、ついつい英単語や社会の年代など、暗記分野が手薄になります。暗記分野はいったん完成したと思っていても、定期的に復習しないと知識が抜けていってしまいます。そこで、暗記分野は毎日こまめに復習しておきましょう。

 復習の方法としては、毎日勉強をスタートさせる際に英単語を、勉強を終える際に社会の年号をといった形で、勉強の前後に復習を取り入れるとスムーズです。あわせて、思考問題や過去問演習に取り組む際のスキマ時間を活用していくと、他の勉強計画に与える影響を最小限に抑えることができます。

 ただし、復習をする中で大きく知識が抜け落ちている部分が出てくることもあるでしょう。大幅な知識の抜けが発覚した場合は、しっかり時間を取って覚え直しをしてください。覚え直しの時間を確保するためにも、思考問題や過去問演習に取り組む学習計画に、あらかじめ空き日程を設けておくと安心です。

 

 

得意科目の勉強はモチベーションアップに活用

 冬休みは1か月足らずと短いほか、センター試験が近いなどの事情もあって高いモチベーションを維持しやすいでしょう。それでも、なかなか過去問演習での得点率が上がらなかったり、友達と話す機会が減ったりすることでやる気が出なくなってくることが考えられます。とはいえ、勉強から離れてしまうと、他の受験生に後れを取るのではないかという不安が出てきます。

 そこで、モチベーションアップには得意科目の勉強を活用しましょう。冬休みには、残された苦手科目や苦手分野を克服しつつ、入試本番に向けた傾向把握・対策を進める必要があります。そのため、得意科目の勉強にかける時間は短くなるはずです。しかし、モチベーションが下がってくることがあれば、得意科目に取り組み、気持ちよく勉強を進める流れを取り戻してください。得意科目の中でも、すでに解いたこともある過去問を解き直すなどの学習をするとリフレッシュしやすいです。

 

 

 


takedajuku1

武田塾は生徒と徹底的に向き合います!! 生徒ひとりひとりに合わせて勉強計画を立て、毎回宿題を出し、ペース管理をします。その先にあるのは『逆転合格!!!』私たちは最高の合格率を保証します。
逆転合格への武田塾勉強システムをもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください!

 ☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟

http://www.takeda.tv/


  • 武田塾の無料受験相談