”これからどのように勉強を進めればいいのか”現状と目標から逆算して計画を立てる

寝屋川校・

こんにちは!合格一直線武田塾寝屋川校、校舎長の吉原です。

本日は直前期によくある相談についてご紹介したいと思います。

センター試験まで残り50日を切りましたが、どのように勉強をしていけばいいかについてです。

”これからどのように勉強を進めればいいのか”現状と目標から逆算して計画を立てる

多くの受験生がこの時期には焦りを感じながら受験勉強に励んでいるかと思います。

極力たくさんの勉強時間を確保して出来る限りの勉強をするべきですが、がむしゃらに勉強するのではなく効率的な勉強を心がけましょう。

効率的な勉強法を確認するためには、現状の整理と目標の確認をしなければいけません。

現状の整理

現状の整理に必要なのは基本的にセンターや志望校の過去問の点数です。

今回は国公立志望の方のセンター対策に絞ってお話しします。

国公立受験者はこの時期は優先してセンター試験の過去問などをもとに現状の成績を確認しましょう。

志望校によってセンター試験で取らなければいけない点数は違います。

6割を目標としている方もいれば、8割を目標としている方もいるかと思います。

目標に対して現状の成績をまず確認することが効率的な勉強に必要な情報となりますので、センター過去問を一通り解いて点数を出しましょう。

目標の確認

現状の整理が出来たら次は目標の確認をしましょう。

現状をもとに志望校に必要な点数を確認し、場合によっては志望校を変更する事も検討しなければいけません。

例えば現状でセンター試験の合計点が500点で、目標点が800点である場合、残り約50日で300点も点数を上げなければいけません。

もちろん不可能ではありませんが、相当な努力が必要ですしそこまで成績を上げることが出来る可能性は高くはありません。

志望校を変えろということではありませんが、現実的な目標設定をしたほうが勉強意欲も湧く可能性が高いですし、この時期にある程度の選択肢を把握しておくことも重要です。

勉強計画を立てる

志望校をある程度決めることが出来れば目標点を決めることができます。

その目標点をもとに、残り期間でどの様な勉強をするかを計画する必要があります。

例えば現在500点取れている方が、600点を目指している場合は残り期間で100点あげることを考えて勉強計画を立てる必要があります。

100点あげるための勉強計画としては受験科目を全体的に底上げして100点あげる方法もあれば、弱点科目に絞って集中的に100点あげることもできます。

全ての方に当てはまるわけではありませんが、センター試験の対策としては英語・国語・数学の優先的に対策をすることが効率がいい場合が多いです。

理由としては配点が他の科目の2倍あることと、二次試験の試験科目である場合が多いからです。

当然ですが、これはすべての方に当てはまることではありませんので、センター試験の試験科目や二次試験の試験科目などをしっかりと調べてから計画を立てましょう。

最後に

この時期の勉強計画の立て方のポイントとしては目的意識を持って立てることです。

漠然と勉強をして点数が上がるのを祈るのではなく、何をすれば何点上がるのかを意識して勉強する必要があります。

また、残り期間が限られているのですべてを対策することが難しい場合もありますので、計画的に点数を落とすことも考えるようにしましょう。

以上、”これからどのように勉強を進めればいいのか”現状と目標から逆算して計画を立てるについてでした。

寝屋川近辺で塾や予備校を探している受験生の皆さん!
武田塾寝屋川校では無料受験相談を行っています。
無料受験相談では、
受験勉強の進め方・志望校の選び方・参考書の選び方や使い方など
受験勉強に関するお悩みご相談を受け付けておりますので、お気軽にお問合せください!

京阪寝屋川市駅より徒歩2分!
寝屋川市、枚方市、守口市、門真市、四条畷市、大東市、交野市、旭区、鶴見区、城東区
などが通塾圏内です!

武田塾寝屋川校
〒572-0042 大阪府寝屋川市東大利町14-6
丸喜ビルヂング3階
TEL 072-813-8899