高校2年生 選択科目の決め方 国公立編

寝屋川校・

こんにちは!合格一直線武田塾寝屋川校、校舎長の吉原です。

本日は無料受験相談にお越しいただいた方から寄せられたご相談を皆さんにもご紹介したいと思います。

高校2年生でこの時期に大学受験を意識している方の中には選択科目の決め方で迷っている方も少なくないと思いますのでこの記事が参考になれば幸いです。

今回の記事では国公立志望の方を対象としています。

私立大学を志望する場合は次回の記事をご覧ください。

高校2年生 選択科目の決め方 国公立編

選択科目は志望校によって意味合いが変わってくることが多いので、志望校別でご紹介したいと思います。

国公立志望の決め方

国公立を志望している方の場合、センター試験のみで利用する科目が選択科目になることが多いかと思います。

文系志望の方の場合は英語・数学・国語・社会2科目・理科基礎2科目が必要になることが多いです。

英語と数学と国語は基本的は必須科目であることが多いので、選択科目は社会2科目と理科基礎2科目をどのように選択するかがポイントです。

理系志望の方の場合は英語・数学・国語・社会1科目・理科2科目が必要となることが多いです。

英語・数学・国語は文系と同じく必須科目で社会1科目と理科2科目をどのように選択するかがポイントです。

基本的には自分が好きな科目を選択する

これは志望校別に限った話ではありませんが、選択科目には自分が好きな科目をおすすめします。

当たり前の話ですが、嫌いな科目より好きな科目のほうが勉強に対してモチベーションを保つことができますし、国公立志望の方であれば複数教科の勉強の息抜きとして好きな科目の勉強をすることができます。

選択科目の目標点をもとに決める

志望校や必須科目の成績によって変わってきますが、選択科目の目標点をもとに判断することが望ましいでしょう。

特に社会科目では目標点によってどの科目を選択するかが変わってくる場合が多く、選択科目でも高得点を取らなければいけない場合は世界史と日本史を選択する事をおすすめします。

理由としてはこれら歴史科目は勉強に要する時間が他の社会科目に比べると非常に多いですが、覚えていれば高得点を取りやすい科目です。

受験者数の違いがあるので一概には比較はできませんが、満点を取る方が多い科目です。

逆に社会ではある程度の点数が取れればいいという方には、地理や倫理・政治経済などの公民科目をおすすめします。

理由は歴史科目に比べると圧倒的に暗記量が少なくて済みますので、社会科目に割く時間を抑えることができます。

選択科目の勉強のために主要科目の勉強が疎かになってはいけないということです。

主要科目の対策に見通しが立たない場合は選択科目には時間を割かずに点数が取りやすい科目をおすすめします。

高校2年生のこの時期から受験を意識している方であれば、志望校によりますが比較的時間がありますので歴史科目で高得点を取る選択も可能でしょう。

どの科目が自分で判断がつかない場合は武田塾の無料受験相談にお越しいただければ一緒に考えることができますのでお気軽にお越しください。

以上、高校2年生 選択科目の決め方 国公立編についてでした。

寝屋川近辺で塾や予備校を探している受験生の皆さん!
武田塾寝屋川校では無料受験相談を行っています。
無料受験相談では、
受験勉強の進め方・志望校の選び方・参考書の選び方や使い方など
受験勉強に関するお悩みご相談を受け付けておりますので、お気軽にお問合せください!

寝屋川校 無料受験相談

京阪寝屋川市駅より徒歩2分!
寝屋川市、枚方市、守口市、門真市、四条畷市、大東市、交野市、旭区、鶴見区、城東区
などが通塾圏内です!

武田塾寝屋川校
〒572-0042 大阪府寝屋川市東大利町14-6
丸喜ビルヂング3階
TEL 072-813-8899

タグ: