大学入試でリスニング対策必須の私大はあるの?【音読・シャドーイング法】

門前仲町校・

こんにちは!

東京都江東区門前仲町・木場・東陽・南砂・豊洲、中央区佃・月島・勝どきエリアからの問い合わせや塾生が多い、

授業をせずに効率良く偏差値を上げる!

大学受験専門個別指導予備校、武田塾門前仲町校です!

 

今回は受験相談でも相談の多い

『リスニング対策って武田塾ではどうやっているの?』

『私大しか受けないけどリスニング対策は必要?』

『英検・TEAPの対策って出来るの?』

 

「リスニング対策」というテーマでお話ししていこうと思います。

5111145_s (1)

大学入試でリスニング対策必須の私大はあるの?

基本的に私大の一般選抜入試でリスニングが必須になる大学はほとんどありません

英語の独自試験がなく、共通テストの結果を利用もしくは併用する

上智大学、青山学院大学、立教大学等を受験する場合には対策が必須といえます。

共通テスト利用入試で受験しようとする場合、ここでリスニングを必要としている大学はかなり多くあります。

自分の志望校の入試方式を確認して対策を実施しましょう。

またTOEICや英検など外部検定が使える大学が増えてきました。

入試は一発勝負ですが、検定試験は複数回受験することができて、その中で一番良い点数を使えます。

高1・高2のうちから挑戦しない手はありませんね。

(外部検定試験入試については上記記事で詳しく解説しています。)

 

リスニングが苦手「音声が聞き取れない!」…考えられる理由は大きく分けて2つ!

(髙田先生も現役時題、リスニング対策には苦労されたようです…!)

知らない単語が多すぎて聞き取れない!

→リスニング対策の前に単語の学習に立ち戻ったほうがいいかもしれません。

もう一度自身の使っている単語帳の単語をテストし再確認してみましょう

日本語に無い英語の音が聞き取れていない!

→耳を鍛えて聞き取れる音を増やしてスムーズに内容理解できるようになりましょう!

・音読

・オーバーラッピング

・シャドーイング

共通テストのリスニングや英検二級までの学習ならここまでの対策で対応可能です

・ディクテーション

・リプロダクション

さらに英検準1級・1級を目指す場合にはこちらの学習も追加することがおすすめです

 

リスニング対策方法と具体的なやり方紹介

英語のリスニングのイラスト

リスニング学習用の教材選び

既に読んだことがあり、内容がわかっている文章がおすすめです

武田塾では主に「速読英熟語」を使用しています。こちらは別売りのCDも販売されています。

自宅で学習する際には早送りやスキップ、再生速度が変更できるという点でCDが使いやすいかもしれません。

また長文の対策で使用する「solution1」などの参考書はQRコードでDL可能な音源がついています。

 

音読と聞くとスピーキングの学習のように聞こえるかもしれませんがリスニングの練習をするために最初にやるべき学習が音読です

英語の語順と日本語の語順は全く異なります。

繰り返し音読することで、だんだん慣れていき英語を英語の語順のまま理解できるようになります。

スクリプトを見ながら音声を聞き、発音を確認しながら何度でも繰り返しましょう

オーバーラッピング

オーバーラッピングは「英語の音声に重ねて音読する」学習方法です。

(overlapには「重なる」という意味がありますね)

音声を聞きながらスクリプトを音読し、最終的にCDのスピードに耳がついていけるようにすることが目的です

音読で英語の語順のまま理解ができるようになったら、次は同じ文章を使ってチャレンジしてみましょう。

シャドーイング

シャドーイングは「スクリプトを見ずに音声を流し続けながら耳から入ってきた英文を口に出していく」学習方法です。

音声は流しっぱなしなので常に聞きながら発音をする同時並行になります。

また、自分の声を録音して発音やイントネーションを確認しながら進めることでさらに効果が上がります。

 

慣れてきたら文章の内容も意識して自然と頭の中に英文が入ってくる状態になるまでシャドーイングを続けましょう。

 

英語がそもそも聞き取れていなければ自分で発声することはできません

シャドーイングができるということは英語が聞き取れるようになる!ということです

スピードが上がれば「リーディングも早くなる!」「イントネーションや発音もよくなりスピーキングも上達する」

という効果があります。

 

ディクテーション

ディクテーションは「口述筆記」「文字起こし」をする学習方法です

まずは英語の音声を流して聞こえたとおりに文字を書いてみます。
「I have dog」と聞こえたらその通りに文字を書き起こします。

その後スクリプトと照合して「I have a dog」のように抜けている・聞き間違い箇所等をチェックしていきます。

書きとれていない=聞き取れていないということがここで確認できます。

音声を聞き取って書き起こしも行うので時間もかかる学習方法です。

音読、オーバーラッピング、シャドーイングの練習を十分に行い「もう全体が聞き取れる状態になってから正確にリスニングする力を養いたい!」という場合に行いましょう

リプロダクション

こちらは英検1級以上やTOEIC900点のレベルを目指すような人向けの練習です。

音声を聞いて丸ごと1文再現する…という勉強方法です

学校の先生に「リピートアフターミー」と言われて英文を復唱するのとやることは同じです。

 

ですが、1文が2・3行と長くなるととても復唱するのは難しくなります。

英文を単なる単語の羅列ではなく、まとまりで意味を理解しなければ頭の中で記憶しておくことが難しいでしょう

またその文を発声するため

文章を正確に組み立て直す力を付けることにつながります。

文が長くなると意味を追いづらくなってしまうという場合にも効果的なので英語力を強化したい!という上級者の人はチャレンジしてみてください。

(↑詳しいリスニングの勉強方法を解説してくれている動画です)

 

練習すればするほどリスニングは確実に上達を実感できるので地道に練習をかさねて実力をつけていきましょう!

 

Twitterはじめました/

 

武田塾門前仲町校では、

東京都江東区門前仲町・木場・東陽・南砂・豊洲、有明、中央区佃・月島・勝どきエリアなどから多くの生徒が通塾しています。

東京大学・筑波大学・横浜国立大学・千葉大学・首都大学東京・埼玉大学
東京工業大学・一橋大学・東京外国語大学・お茶の水女子大学・横浜市立大学・東京農工大学・東京学芸大学・電気通信大学・東京海洋大学などの国公立大学をはじめ、
早稲田大学・慶応義塾大学・東京理科大学・上智大学といった難関私立大学や、MARCH(明治大学・青山学院大学・立教大学・中央大学・法政大学)に逆転合格を目指して通っている生徒が数多く在籍しています。

 

門前仲町校で一緒に勉強して、第一志望合格を勝ち取りましょう。

無料の受験相談をおこなっております!

・成績が伸びていない…。
・苦手科目があるんたけど、何をやれば良いの?
・どんなペースで勉強すれば良いかわからない!

などなど、受験にまつわるあらゆるお悩みに個別にアドバイスさせていただいております!

関連リンク

 

お気軽にお問合せください♪

お問合せ・お申込みはこちら↓↓↓
無料受験相談

 

 

お電話でのお問合せもお待ちしております♪

===============================
日本!授業をせずに偏差値を上げる大学受験専門塾
【武田塾 門前仲町校】
〒135-0048東京都江東区門前仲町2-2-2市川ビル2F
TEL:03-3642-9984
===============================
武田塾生の1日 動画