【英文法の勉強】文法の問題集でつまづいて先に進めない人へ

京都駅前校・

受験相談の声

英文法の勉強 が進まない…そんな時はどうすればいいの?そんな疑問にお答えします!

 

こんにちは。京都駅の予備校・塾といえば、武田塾京都駅前校です(^^)/

6月に入り、近畿地方もとうとう梅雨入りが発表されましたね…!

雨にもマケズ、受験生たちは毎日自習に来てくれています!

 

英文法の勉強 が進まない…そんな時はどうすればいいの?そんな疑問にお答えします!

 

さて、この記事を見ているあなた!

4月から武田塾のルートで英語の勉強を進めていると、そろそろ基礎のどこかでつまづいていませんか?

単語や熟語が覚えられない、構文が正しく取れない、などの様々な悩みがあると思いますが、そんな中でもつまづいている人が最も多いのは文法でしょう。暗記だけでなく正しい理解が必要とされる為、その理解につまづいてしまう人が多いようです( ;∀;)実際に受験相談でも英文法の勉強で悩んでいるという声をよく耳にします。

というわけで今回は英文法の勉強法についてお話ししていきます!

 

英文法の参考書といえば?

文法の参考書といえば、武田塾でお馴染みなのは【NextStage】ですよね。

この【NextStage】でつまづいている人は、下記の①②どちらかのタイプに当てはまるでしょう。

 

①理解できているつもりだが、本当は理解できていない人

②理解ができていない自覚のある人

 

①のタイプの人は要注意です!理解できているつもりという場合、答えと解説を理解せず丸暗記してしまっている場合が非常に多いです…( ;∀;)間違った理解で先に進めると、基礎が固まらない状態で先に進めることになります。そうなると【NextStage】の問題は解けても、初見の文法問題はもちろん長文の中の文法にも全く対応できなくなってしまいます(*_*;

「自分は英文法は大丈夫!」と思う人でも、一度先に進むことを止めて今まで勉強した範囲の理解度をチェックしてみましょう。そして英文法を本当に完璧にしてから先に進めてください。

チェック方法は【読んだ範囲が理解できている?できていない?】でお伝えしているので、こちらをご覧ください(^^)/理解度チェックをして行く中でで理解が足りていない範囲が出てきた場合は、その範囲を勉強し直すようにしましょう!

 大学受験の予備校・塾・個別指導は逆転合格の武田塾京都駅前校!

②のタイプの人は、理解度のチェックをする前に理解するための勉強方法を身に着ける必要があります。というわけで、ここからはその勉強方法について説明していきます(^^)/

 

英文法の勉強 ~理解するための方法~

【NextStage】などの文法問題集は英語の基礎を固めるために必須の参考書の一つで、問題数が非常に多く、この1冊さえ完璧にできれば入試に必要な文法の知識を網羅できるというのが特徴です。文法問題集には【NextStage】以外にも【アップグレード】【Vintage】等もあります。

どれも優れた文法問題集!なんですが…残念ながら共通の欠点があります…( ;∀;)それは解説が少ないこと!

これらの文法問題集は開くと左のページが問題、右のページが解説という仕様になっているのですが、左ページ1つの問題に対して右ページ解説が1~2行しかありません。苦手な単元だと説明が不足していると感じることが多いでしょう。それゆえ、理解できていないという自覚がありつつも【NextStage】だけを見てどうすることもできない…という状態に陥ってしまいます。

そこで、それを解決するために使ってほしいものが【Forest】【Evergreen】などの講義系参考書です!

 

講義系参考書の使い方

講義系参考書と聞くと「難しそう」「余計わからなくなりそう」と思う人も多いと思います。しかし、それは大きな勘違いです( ;∀;)これらの講義系参考書は難しい説明がつらつらと並べられているものではなく、ほぼ全ての単元をとても分かりやすく、丁寧に説明してくれているんです!また、後ろの索引から自分の疑問点を調べられるようになっているので、非常に使い易い構成となっています(^^)/

 

 

これらの講義系参考書を使うにあたって気を付けてほしいことは、書いていることを全部覚えようとしないことです!【Forest】【Evergreen】などの講義系参考書はいわば「英文法の辞書」です。理解することは必要ですが暗記する必要はありません!

もしも【Forest】【Evergreen】などの講義系参考書を使っても、理解できず先に進めない、という場合は【NextStage】を一度止めて別の参考書を使いましょう。【NextStage】は高校レベルなので、それが全くできない人は高校レベルに入る前の基礎に欠けがある可能性が非常に高いです。先にその基礎の欠けを埋めてしまいましょう。

ここで使ってほしい参考書は【大岩の英文法 超基礎文法編】です!

 

【大岩の英文法 超基礎文法編】の使い方

【大岩の英文法 超基礎文法編】は高校レベルに入る前の基礎の参考書で、高校英語の基礎力をつけたい人や英語が苦手な人に読んで欲しい一冊です。

非常にわかりやすく丁寧な解説が特徴的で、中学英語が身についていれば十分理解することができるレベルです。【NextStage】は難しかったという人こそ、高校英文法の第一歩として使って下さい!

この【大岩の英文法 超基礎文法編】を使うにあたって気を付けてほしいことは、問題を解くことだけを目的としないことです!わかりやすく丁寧な解説をしっかり読み込んで理解して下さい!

【大岩の英文法 超基礎文法編】には講義ごとに問題がついているのですが、そのほとんどが4つの選択肢から選ぶ問題のため、「なんとなく」で正解できる問題がでてきます(;'∀')それでは意味がありませんよね。問題が解ければOKではなく、講義部分の内容を理解した上で解答の根拠を自分の言葉で説明できる状態を目指して下さい!

そしてこの状態で1冊完ぺきに理解出来たらNextStageに戻りましょう。【大岩の英文法 超基礎文法編】をやる前とやった後ではNextStageの理解度が大きく変わってくるはずです。その時は講義系参考書を併用することも忘れないでくださいね!

 

さいごに

上記の方法で英語の文法を勉強してもやっぱり理解できない、という場合はどこか勉強方法が間違っているはずです。大岩の英文法の理解度が甘くなっていたり、講義系参考書が使いこなせていなかったり…。そんな時は武田塾京都駅前校の無料受験相談に来てください。あなたの勉強方法を確認してアドバイスさせていただきます!

この無料受験相談では、勉強の相談や入塾の説明など、様々な相談に対応させていただいています。英語の文法以外でも、何か勉強で困っていることがあれば何でも相談してください(^^)/お申込みはこちらから。

 

「一人で相談に良くのが不安…」という方は是非お友達・ご両親と一緒にお越しください(*'ω'*)

 


 

武田塾の夏期講習【夏だけタケダ】が6月1日からスタートします!詳細はこちらから!

【毎年大好評の夏だけタケダが今年も始まります!!】

 


 

京都駅の予備校、京都駅の個別指導といえば!

大学受験の逆転合格専門塾【武田塾京都駅前校】

 〒600-8233
 京都府京都市下京区不動堂町482番地 YMビル3F
 (JR京都駅・近鉄京都駅、徒歩7分!)
 TEL:075-353-5333

 

武田塾では無料受験相談を実施中!
大学受験のお悩みを個別で伺い、一緒に解決していきます!無料受験相談は1人1人と丁寧にお話しさせていただくための完全予約制です。「一人で相談に行くのが不安…」という人は是非お友達・ご両親と一緒にお越しください(*’ω’*)

  • 武田塾オンデマンド
  • 武田塾の無料受験相談