【冬期講習】高2以下対象冬だけタケダ・高3既卒生対象かけこみタケダ11月より開講

小牧校・

こんにちは、大学受験予備校の武田塾小牧校です。

今年も冬だけタケダ・かけこみタケダを開講します。

目次

  1. 冬季講習の紹介
  2. かけこみタケダ
  3. 冬だけタケダ
  4. 冬期講習を受ける目的
  5. 冬期講習でできるようになること
  6. 毎年の受講生を見て思う事

 

1 冬期講習の紹介

武田塾に通っていない生徒を対象にした冬期講習です。

入会金無料で冬だけタケダでは1カ月、かけこみタケダでは受験終了までの期間であれば入会金無料で武田塾に通える冬期講習です。

夏だけタケダとの違いは高3・既卒生はかけこみタケダになることです。

コースは通常の武田塾にあるコースを選択することができます。

冬だけタケダは1カ月だけ入会金無料で通ってみたい人。かけこみタケダは受験学年で追い込まれていて自分で何をするのかを考える時間も勉強時間にあてたい人におすすめです。

 

2 かけこみタケダ

<対象>
・高校3年生、既卒生などの大学受験生(外部生限定)
※高校受験生・中学受験生は「冬だけタケダ」での受講となります。
 
<期間>
申込期間:2021年11月1日(月)から2022年1月31日(月)
受講期間:2021年11月1日(月)から2022年2月28日(月)の間で1カ月間に4週受講。1カ月単位(当月1日~末日という意味ではありません)で受験終了まで更新が可能です(最終月は週割。ただし2022年2月末を越えない)
※例 11/11~12/10→12/11~翌年1/10→1/11~2/6まで(2月1週目まで:各校舎の校舎カレンダーによる)という取り方になります。
 
<概要>
入会金無料
基本的に、受験科目全科目を受講を必須とします。(一部科目のみの受講を希望される場合は原則として通常入塾となります)
 
※受講終了後、来年度も武田塾で継続する場合は、別途入会金が必要となり、「通常入塾」となります。特に国立後期志望などで2022年3月以降に特訓を受けたい場合には、3月以降は通常入塾が必要です。
※受講期間終了後に特訓を振り替えることはできませんので、期間内にすべての特訓が実施できるようにしてください。
 

3 冬だけタケダ

<対象者>
小学生、中学生、高校1・2年生(外部生限定)
※今年度すでに受験しないことが決定している方でも、高校3年生・既卒生は「かけこみタケダ」での受講となります。
 
<期間>
申込期間:2021年11月1日(月)から2022年1月31日(月)
受講期間:2021年11月1日(月)から2022年2月28日(月)の間で1ヶ月間。
※受講開始から1カ月間の間に4週の受講をしていただきます。
 
<概要>
入会金無料。
1ヶ月分の特訓料金で4週分(初回特訓1週+通常特訓3週)を受講できます。
 
※受講終了後に継続する場合は、別途入会金が必要となり、「通常入塾」となります。
※受講期間終了後に特訓を振り替えることは(正規入塾後も含めて)できませんので、期間内にすべての特訓が実施できるようにしてください。
 

4 冬期講習を受ける目的

受験学年・高校2年生

武田塾は大学受験予備校ですので大学受験に向けて武田塾のやり方を1カ月通って実践することによって合格のイメージを持つことができるかどうかが目的になります。

高校1年生・中学生・小学生

大学受験目的ではない方は学校や塾では教えてくれない復習の仕方や暗記の仕方、参考書や問題集の使い方、模試や定期テストで点数を取るための方法を学んで理解して実践することが目的になります。

 

5 冬期講習でできるようになること

冬だけタケダ

自力で解けるまで勉強をする習慣(身に付ける勉強方法)

勉強を毎日していてもテストなどで点数が上がらない人は、勉強をしていても自分でできるまでしていない人がほとんどです。

勉強の目的を勉強時間に置いていたり、理解(わかる)するところで止まっている人によくある勉強の仕方です。

今の時代の塾・予備校はわかりやすい授業を提供することができています。

しかしテストを解くのは生徒本人ですので、生徒が自分でできるまでするということが大事になります。

自分の基準で大丈夫というのがずれていることがほとんどなので、武田塾の特訓ではできる人の基準で勉強を進めていきます。

目標から逆算をして毎日しなければいけない量を判断すること

受験は高3の後半にあります。

推薦・一般を含めた入試日に間に合うように勉強をした人が合格していきます。

武田塾では志望校に応じてカリキュラムを組みます。そして合格に必要とする勉強の量はスタートした時点で過去問対策以外は決まります。

いつまでにどれだけのことをできるようにならないといけないのかを自分で理解できるようにします。

かけこみタケダ

11月から一般入試までは残り2カ月です。

かけこみタケダではできることよりも入試までにできるようにならなければいけないことをしていきます。

そのために、受験学年になってから積み重ねてきた勉強が結果に繋がらない人が武田塾の勉強方法で原因を把握して、入試までにどのように間に合わせるのかを教えます。

 

 

 

1 毎年の受講生をみて思う事

かけこみタケダ

勉強時間を確保すること、そして武田塾が求めている問題の完成度に届かない生徒が多いと感じています。

勉強時間に関しては、志望校合格に必要となる勉強量に対して勉強時間が足りない状況にもかかわらず、学校の勉強を優先している人が多いです。

自分の志望校に合格するために動く決意がないとかけこみタケダを受講しても合格は厳しいです。

問題の完成度に関しては、個別指導では問題の説明をしてもらうのですが、その説明が全然文章でできない、片言になっている、説明が遅いなどといった状況です。

解ければいいだろうと考えて勉強をしていて模試などで使いこなせずに成績がピンチにもかかわらず完成度を上げる前に自分で

 

冬だけタケダ

 

 

 

武田塾小牧校には小牧高校・小牧南高校、小牧市内から名古屋市・春日井市・江南市・一宮市・犬山市の高校に通う生徒が通っています。

スケジュール管理、ノート・参考書チェック、確認テストを受けて確実に身に着けていく勉強を継続して成績を伸ばしています。

自分のチェックが甘いんじゃないか、自分ではできたつもりだったのに、自分では早いつもりだけど実際は遅い?と思ったり、小牧市内の集団授業塾・個別指導塾・1対複数の個別指導塾についてお悩みでしたらお気軽に受験相談にお申込みください。

 

無料で武田塾の勉強法を学べる!

武田塾では『無料受験相談』を実施しております。

  • 志望校に逆転合格する勉強法
  • あなたにぴったりの参考書紹介
  • 武田塾の詳細や料金説明など

入塾義務はございませんので、お気軽にお近くの武田塾までお問合せください。

無料受験相談

偏差値30台・E判定から志望校に逆転合格

愛知県小牧市中央2丁目148
小牧ステーションビル3階301
TEL:0568-44-1086

小牧市の個別指導塾・予備校なら武田塾小牧校