1冊を完璧にする 単語帳や長文系や理系の問題集系の仕上げ方

小牧校・

こんにちは、小牧駅から徒歩3分の大学受験予備校の武田塾小牧校です。

武田塾では1冊を完璧にするために勉強方法や毎日どんな宿題をするのかを決めて勉強を進めています。

ただ問題が解けるだけ、訳がわかるだけで完璧と思っていると高校受験も大学受験も失敗します。

1冊を完璧にするために最低限これだけは気を付けて勉強をしてほしいというものを紹介します。

 

目次

  1. 暗記系参考書
  2. 長文系問題集
  3. 理系演習系問題集
  4. 完璧にするには書き込みが必要
  5. 他人からみて完璧を目指そう

 

1 暗記系参考書

英単語

発音→1つの訳→品詞→その他の訳→派生語

順番は多少前後しても問題はありません。

発音

発音できなければリスニングで聞いても単語が認識できないので出来るようにしてください。

ある程度の文字幅と最初の数文字で何の単語なのかを認識出るようになるくらい見慣れる発音し慣れるようにしましょう。

最後の1文字までしっかり見ないとわからない状態で発音をしているとテストや模試では時間が足りなくなってしまいます。

品詞

文法問題や英作文を考えるときに品詞を理解していないと、どうしてその順番になるのか理解が出来なくなります。

スペルが同じで違う品詞になる単語などもあるので英単語を覚えるときは品詞を覚えましょう。

注意すべきは中学校で覚えた単語

高校で覚える単語で難しいものほど意味が少なくて使い方も限られています。

苦労させられるのは中学校の時に覚えた単語です。

はっきりいって使い方が多すぎて困ります。

紙の英語辞典で調べてみれば見開き2ページ3ページにわたって説明がされている単語だらけです。

当然中学校の時に習った使い方以外も大学受験では出てきます。

高校で覚える単語以外でも知らない使い方をしている単語は調べましょう。

歴史系

歴史的事実なので今後変わることは新たな発見がない限りはありません。

覚えることに慣れましょう。

問題を解いて間違えた時に、そのことがわかるように書き込みなどをして関連性がわかるようにすること。

用語だけを覚えていてもテストや入試では通用しないことが多々あります。

自分では気づかない見方を用語に対してしていて、参考書に書かれていない場合は書き込むことをしましょう。

用語に関しては自分で説明ができること、問題が作れるようになるレベルでようやくちゃんと完璧にできたと言えます。

覚えることは大事ですが、歴史的背景を元に問題を作る側の心理まで予想できるくらいやり込みましょう。

化学・生物・地理

テストで暗記系を聞かれる場合に英語と比べると文脈が一切ない場合がほとんどです。

いきなり「これは正しいか誤っているか」という問題がほとんどです。

本当に覚えているかどうかの勝負になることが多いです。

英単語や英熟語並みに見て覚える習慣を付けておくと楽です。

2 長文系問題集

英語も国語も長文の問題は1度解くと1週間2週間くらいは答えを覚えていて復習をしても全問正解が当たり前となってしまいます。

長文系の完璧はテーマの知識や解き方や出題のされ方まで把握する

①どんな話題に関しての長文を問題として解いたのか

②その中でどんな問題があったのか

③自分はどの問題を間違えたのか

④どんな間違えた方をして何に気を付けなければいけなかったのか

⑤音読をする

最低でもこの5つは必ず把握しておかないと、新しい長文問題を解くときに活かすことができません。

英語の長文演習は単語熟語文法構文音読の全てを使って解く演習です。

それに加えて、国語力がなければ英語は解けません。

現代文の長文に関しては日本語で書かれているので特に①と④に関しては徹底的に分析をしましょう。

設問の意味や選択肢の読解までしなければ確実に正解を選ぶ判断ができないのが現代文です。

長文系は正解するまでの過程が非常に大事です。

完璧にするために得られるものを貪欲に吸収しましょう。

3 理系演習系問題集

解答に関しては減点の可能性がない記述が書けるようにしましょう。

同じ問題集に掲載されている類題には必ず掲載意図があります。

同じ解き方で解く問題を掲載をすることは計算問題以外ではほぼありません。

必ず違いがあるはずなので、その違いを把握してください。

違いが判ると同じテーマでも類題がどれくらいあるのかを理解しやすくなります。

1問が長い大問の場合は小問が誘導になっていることが多いです。

どんな誘導問題が用意されていて、どのように利用して後半の問題を解くと楽に解けるようになっている問題だったのかを把握しましょう。4

4 完璧にするには書き込みが必要

1冊を完璧にするためには最低でも1カ月はかかります。

1カ月以内に終わったとしても定着はしていません。

脳に定着させるためには1カ月以上の期間をかけて何度も思い出して定着させる必要があるからです。

時間をかけて行うようにしなければ長期記憶に変わることはありません。

1カ月以上必要となる場合は1カ月以上前のことを復習で思い出す必要があります。

復習で見直すときにすぐ思い出すために必要

書き込みを見ることによってどんな問題をどう間違えたのかをすぐ思い出せるようになります。

書き込みが無ければ間違えたチェックがあっても、なんで間違えたのかを思いだすことが出来ない場合もあります。

説明に書いてあることは当たり前に大事なことだけど、自分は覚えてなくて間違えたのか、覚えているけれど別の考え方と間違えたのか、どうして間違えたのかまで覚えておくことは大変です。

完全に忘れていて、もう一度解きなおして同じ間違い方をする保障もありません

書き込みがあれば再度解きなおす時間もかからず、確実に間違え方を思い出すことができて復習が終ります。

復習なので初見のように解きなおす必要はありません。

途中で思い出したら問題を解きなおしている意味は終わります。

それならば書き込みをヒントに間違え方も問題も素早く思い出した方が圧倒的に早いです。

その早さがなければ長い期間をかけて勉強したものを素早く見直すことができません

気合と根性で広い範囲を勉強するのは非効率なのでやめましょう。

5 他人から見て完璧を目指そう

自分で完璧にできたと思っていても自分の基準であって、勉強がもっと出来る人からすれば関連性も見えてない単発の知識として把握していることはよくあります。

自分では出来たつもりでもテストで解いてみると出来ていないから受験生同士で差がついています。

参考書を1冊完璧にしていると他人から見ても聞かれても完璧だと言われるように勉強しましょう。

 

 

 

武田塾小牧校には小牧市内の学校から毎年たくさん通っています。小牧中学校、小牧高校・小牧南高校、小牧市内から名古屋市・春日井市・江南市・一宮市・犬山市の高校に通う生徒が通っています。

スケジュール管理、ノート・参考書チェック、確認テストを受けて確実に身に着けていく勉強を継続して成績を伸ばしています。

自分のチェックが甘いんじゃないか、自分ではできたつもりだったのに、自分では早いつもりだけど実際は遅い?と思ったり、小牧市内の集団授業塾・個別指導塾・1対複数の個別指導塾についてお悩みでしたらお気軽に受験相談にお申込みください。

 

無料で武田塾の勉強法を学べる!

武田塾では『無料受験相談』を実施しております。

  • 志望校に逆転合格する勉強法
  • あなたにぴったりの参考書紹介
  • 武田塾の詳細や料金説明など

入塾義務はございませんので、お気軽にお近くの武田塾までお問合せください。

無料受験相談

偏差値30台・E判定から志望校に逆転合格

愛知県小牧市中央2丁目148
小牧ステーションビル3階301
TEL:0568-44-1086

小牧市の個別指導塾・予備校なら武田塾小牧校

タグ:,