やる気がなくても勉強できる!?「一生使える、仕組み化の考え方」編

刈谷校・

やる気がないからできない時、どうしたらいいのか。

サムネイル (27)

「部活だるいな…休もうかな…」と感じていても、実際、部活に行ってしまえば、案外、なんともないものです。やってみると、案外集中できたり、熱中できたりしませんか。「行く前はめんどくさかったけど、やってみたらそんなことなかった」という経験はありませんでしょうか。

さて、今回は、やる気が起きないから勉強できなかった、という悩みに答えていきましょう。

私達はよく、やる気という言葉を使います。しかし、このやる気はとても厄介なものです。今日はやる気にについてちょっと考えてみましょう。

大阪大学の令和三年度入試の英語でこんな問題があります。

長期に渡ってなにかに取り組む場合、前向きな姿勢を保ち続けるのが難しいことがあります。そのような状況になった時、具体的にどうすれば抜け出すことができるでしょうか。あなた自身もしくは他の人の経験を一つ例に挙げて、70語程度の英文で述べなさい。
令和三年度入試-大阪大学 英語 [III]

みなさんも自分に引きつけて、考えてみてください。

「やる気がない」には、仕組み化と脳科学でアプローチする

入塾して1ヵ月を迎えるとこんな相談が増えます。「先生、やる気が起きなくて勉強ができません。」これに対する私の答えは簡単なものです。やる気が起きないという悩みに関しては2つのアプローチがあります。1つ目はやる気を使わないで勉強を進める方法です。そして2つ目は脳科学的なアプローチです。

アプローチとしては2つありますが、ぶっちゃけいうと、最終的に勉強ができれば良いので、しっくりくる方を選んでいただいて、勉強を継続できるようにしてもらえればいいと思います。

よって、今回のブログは二本立てで書かせていただきます。まず前編として、やる気を使わなくても持続できるコツをお伝えしようと思います。続いて、後半は脳科学的なアプローチからやる気を引き起こす方法をお伝えできればと思います。

人間はそもそも怠け者である

まず、やる気を使わなくても勉強が継続できる方法をお伝えします。そもそも、人間は怠け者であるという前提に立つと自分のいろいろなところを許すことができるので、心が軽くなります。まずは、自分は怠け者であるということを受け入れてください。怠け者でいいのです。この怠け心をいかにしてコントロールするかというのが、受験、またその先、大人になったときに大切になってきます。そして、これはみんな知らないので、早く知れば知るほど、まわりより、お得になっていきます。

やる気は最大瞬間風速なので継続はできない

すこし思い返してみてください。あなたがやる気を起こして行動するのはなんでしょうか。
想像できましたか?やる気を起こして行動するということは、逆に言えば自分にとってちょっとしんどい、または無理なことなはずではないでしょうか。ということは、そもそもやる気がないときには行動することができません。やる気と言うのは最初に行動を起こすときにはとても大切な要素になります。しかし、その行動を継続するときにはあまり役に立ちません。そのため、やる気を勉強開始のきっかけとすると、勉強は継続しないのです。

無料受験相談

やる気を使わないために、仕組みを自分で作る

そうなると、やる気を使わないでも努力ができる方法というのが重要になってきます。私はそれを「仕組み化」と呼んでいます。例えば、社会人になれば社会人のお付き合いと言うものがあります。夜遅くまでお酒を飲んだりとか、接待などもあります。そんな時は、次の日の仕事を考えるとちょっと悲しい気持ちになったりします。でも、社会人はちゃんと朝起きて仕事をすることができます。

私の家は教室から1時間ほど離れています。電車に揺られて出社すると、そこでスイッチが入り、机に向かう頃にはちゃんと仕事ができるようになっています。大人と言うのは、自分が怠け者だと言うことをよく知っています。だから会社に出社する、机に向かう、と言う仕組みを使って仕事ができるようにしています。大人は知らず知らずのうちにやる気を使わなくてもやるべきことが出来るような仕組みを整えているのです。

実は、これは大学受験でも同じです。成績が良い、偏差値が高い人がいます。皆さんは、そういう人を見ると、頭がいいのかなと感じるかもしれません。確かにそういう要素もあるでしょう。

「やりたいこと」を「やりたいとき」に「やる」お医者さんはいない

しかし、想像してみて欲しいのです。理系の最難関と言えば、医学部医学科が代表的なので、ここではお医者さんを想像してみましょう。

例えば、手術中に大量出血をしているとしましょう。あなたが想像するお医者さんはその時に、「あ、すみません、ログインボーナス稼ぐので、ちょっと出てきます」といって、大出血をほったらかしにして、手術室を出ていき、スマホゲームのログインボーナスを稼ごうとするでしょうか。おそらくしないと思います。やりたいことではなく、やるべきことをやる。お医者さんはそうやって人一倍自分を律することができる人だと考えられます。実は、成績が良いとか偏差値が高いと言うのは、自分を律する、あるいは自分の怠け心をコントロールすることができる人なのです。もちろん、地頭がいい、というのもあるでしょうが、たとえ頭が良くても、手術中にゲームのログインボーナスを稼ぐような人は医師にはなれないでしょう。
このように、「やりたいこと」ではなく「やるべきこと」をやると言う自律心こそが、偏差値の大部分を占めています。旧帝大や、医学部医学科に合格する人はこの自分を律するということが人一倍できる人です。この自分を律する、自分ルールを守るにはどうしたら良いのでしょうか。

やる気のせいにすると自分が傷つく

まず、自分が決めたことをできないと言う時、自分の精神力が弱いと考えてはいけません。そう考えると自己嫌悪に陥ってしまいます。そうではなくて、やる気がなくても行動ができる仕組みが作れていなかったと仕組みのせいにしましょう。そうすることで、「約束が守れない自分」を嫌いになるのではなく、「仕組みに穴があった」「まだ改善の余地があった」と考え方を変えることができます。

私が自分に課している2つの自分ルール

例えば、私は自分に2つのルールを貸しています。

1つ目は自宅にテレビをおかないということ、そして2つ目は休日は起きたら15分以内に家を出るということです。

テレビを置かない

私は早稲田大学の出身です。友人十数名がNHKや民法などのテレビ局に就職しました。そして、彼らは例外なくとても優秀でした。私より優秀なそんな彼らが、知恵を絞って、チャンネルを替えられないように工夫しています。就職活動を通じて、どんな人がテレビ番組を作っているのか知ってしまったため、私はテレビの電源を消すということは至難の業だと思いました。勝てない勝負はしない、と考えて家からテレビを追い出しました。すると、帰宅後にテレビをつけることはしなくなり、代わりに勉強をしたり、仕事をしたりするようになりました。

起きて15分以内に家を出る

また、休日になるとどうしても気が緩んでしまい勉強をしなかったり、仕事をしなかったりしてしまいます。そのため、朝起きて15分以内に家を出て、近くのスタバなどで仕事や勉強をするようにしました。スタバではさすがにゲームはできません。また床に寝そべることもできません。このように、環境というテーブルに自分を乗せることでやるべきことを、また、もう1歩進んでやったほうがいいことやるようにしています。この環境に、自分を投げ込むということはとても大事なことです。

あらかじめ行動を決める大切さ=「スケジュール化」

人間は元来、怠け者です。みんな怠け者です。だから、環境の力を使って、この怠け心をコントロールします。多くの人はやる気を行動の原動力としていますが、このように、やるべきことをやるという環境に自分を投げ込む仕組みを作ることで、やる気に左右されず努力を継続することができます。その結果、周りから一目置かれる存在になります。

難しく感じるかもしれませんが、社会人になれば、みんなこれができるようになっていきますので、みんなにもできるはずです。逆に社会人になる前に、もっと言えば大学受験の時に、これをマスターしまえば、大学受験でも成功しますし、就職活動でも有利になるでしょう。
ここに挙げた事を真似するだけで、周りとはだいぶ差がつくと思います。しかし、より、圧倒的に周りと差をつけたいのであればもう一工夫しなければなりません。

「自分の時間」もスケジュールに落とそう

それはスケジュール化です。
1週間に一回時間を作って今週の予定を決めてしまいましょう。「この日のこの時間はこれをする」と予定をあらかじめ決めてしまいます。例えば、私であれば、日曜日の午前中はプログラミングの勉強をすると決めています。これはやってもやらなくてもいいことですが、勉強すると仕事が楽になるので、自分で勉強すると決めています。また、最近はNeon Abyssというゲームにちょっとハマっているので、日曜日の20:00-21:30はゲームの時間にしています。このように、「自分の時間」もスケジュールに落として行くことが大切です。

私の行動原理=「先約優先」

そして、もう一つ、自分との約束をしています。それは、「先約優先」と言うことです。先にあった約束を守る、ということです。そして、周りにはそれを宣言しています。そうすると、逆に、「先約は必ず守る」「付き合う人や損得で約束をずらさない」という信用につながっていきます。そして、私のスケジュールを抑えようとして、あらかじめ予定を聞いてくれたりします。

もちろん、とても重要なイベントであるお葬式などは最優先です。これは、先約関係なく最優先事項として予定に組み込みます。冠婚葬祭は人生のハイライトです。冠とは、成人式や還暦のお祝いなどです。婚は結婚です。祭はお祭りですね。冠婚葬祭というのは人が生きていく中でもっとも優先順位が高いものだと思っています。ですので、なるだけお祝いしたり、悼んだりする瞬間を共有したいと思っています。ただ、このうち、お葬式だけがあらかじめ予定が決まっていないので、お葬式は全てに優先されると言う判断基準で動いています。

自分の時間にも優先順位の付け方のコツがあるのですが、今回のブログが少し長くなってしまったので、続きは別稿にします。あれ、武田塾で普段やってること、たくさんありましたね。

武田塾をうまく使って、自律心を鍛えていってほしいなと思います。

 

今回の記事はお役に立てましたでしょうか?

我々、武田塾刈谷校は、ひとりひとり皆さんに向き合い、丁寧なお手伝いをしたいと思っています。
個別指導塾なので、合格者数何名!なんてことはしませんが、
ひとりひとりの人生に向き合いたいと心から思っています。
一人ひとりが人生の主役だと思っています。

大学受験は、志望校受験率4%、第一志望合格率1.3%の厳しい異世界ですが、「やりきった!」と納得できる入試をしてほしいと思っています。

情報と戦略で、逆転合格を狙っていきましょう。

受験で悩んでいるあなた!
無料受験相談にお申し込みください。
皆さんの受験の悩みにお応えします!

お申し込みはこちらから!

武田塾刈谷校では、やけに大学受験に詳しいスタッフが、しっかり丁寧に進路指導をしています。

武田塾の逆転合格のメソッドときめ細やかな面談による万全のバックアップ体制で、一緒に逆転合格を目指しましょう!

無料受験相談

住所
〒448-0028
愛知県刈谷市桜町4丁目31
常慶ビル 2F
最寄り駅
JR刈谷駅
名鉄 刈谷駅
通塾エリア
刈谷市、安城市、大府市、豊田市、知立市、碧南市、高浜市、東浦町、豊明市、西尾市

主な通塾学校

【公立高校】刈谷高校、刈谷北高校、知立東高校、安城高校、安城東高校、碧南高校

【私立高校】岡崎城西高校、星城高校

【通信・単位・定時制】刈谷東高校、N高校、NHK学園高校

 

塾の種別
完全個別指導,自立学習,大学入試,予備校,塾