早稲田大学教育学部まとめ(偏差値・最低点・就職先・受験方式・傾向と対策)

唐津校・

こんにちは!武田塾唐津校です!

本日は、早稲田大学教育学部の特徴、問題傾向と対策について紹介していきたいと思います。

*本情報は当社調べです。詳しい内容はHPをご覧ください。

早稲田大学について

早稲田大学日本最難関レベルの私立大学です。知名度も高く、知らない人はいないと思います。

早稲田大学には政治経済学部や法学部、近年人気の高い国際教養学部や社会学部などの文系学部のほか、
先進理工学部などの理工系学部、スポーツ科学部といった多種多様な学部があります

歴史もあり、非常に多くの学生が在籍しています。

早稲田大学は各界の有名人も数多く輩出していることでも有名です。

早稲田大学
は、主に4つのキャンパスがあります。

【早稲田キャンパス】
東京都新宿区西早稲田にある早稲田大学のメインキャンパスです。
早稲田大学-早稲田キャンパス1

キャンパス構内には、創設者の大隈重信の銅像や大隈講堂
政治経済学部法学部教育学部商学部
社会科学部国際教養学部の各学部棟や各研究施設などがあります。

【戸山キャンパス】
東京都新宿区戸山にある早稲田大学のキャンパスです。
早稲田大学-戸山キャンパス
文化構想学部文学部の各学部棟、各研究施設があります。

【西早稲田キャンパス】
西早稲田キャンパスは早稲田キャンパス、戸山キャンパスと並ぶ早稲田大学の東京都心部の理工系のキャンパスです。
西早稲田キャンパス – 早稲田大学
理工系が中心で、基幹理工学部創造理工学部先進理工学部の各学部棟、研究施設があります。

【所沢キャンパス】
埼玉県所沢市に位置します。
所沢キャンパス – 早稲田大学
人間科学部スポーツ科学部の学生がここで授業を受けます。

参照:
早稲田大学HP
早稲田大学早稲田キャンパス
早稲田大学戸山キャンパス
早稲田大学西早稲田キャンパス
早稲田大学所沢キャンパス

教育学部の特徴

教育学部
メインキャンパスの『早稲田キャンパス』に学部棟や研究施設があります。

その特徴として「教員免許の取得を卒業要件としない」ことが挙げられます。
教員養成はあくまで選択肢の一つとして、教育学部でありながら、先生にならないという人が多くいること
つまり、はじめから進路を固定しないことが最大の特徴です。

そして、早稲田の教育学部
文系・理系にわたる7学科2専攻7専修からなっています。

【教育学科】
 教育学科の下にはさらに教育学専攻初等教育学専攻に分かれています。

・教育学専攻
 教育学専攻は以下の3専修制となっています。

 1, 教育学専修
   教育に関して広い内容を、歴史的、哲学的、行政的な方法や比較の方法で教育や研究を行います。
 2, 生涯教育学専修
       青少年・成人・高齢者を中心とする社会教育活動を行うための理論と実践を研究します。
   3, 教育心理学専修
       教育活動に直結する心理学の問題のみならず、心理学の全分野を学びます。

・初等教育学専攻
 
初等教育学専攻は小学校教員養成を主な目的とした専攻です。

【国語国文学科】
 この学科では主に日本文学について学びます。各時代の文学および言語に関する幅広い科目と、関連する漢文学に関する科目が開講されています。

【英語英文学科】
英語教員養成だけに限らず、1年生の時から段階的に英語を用いて学問を学び、高度な英語力を養うことを目的としています。
「英語学」「英文学」「英語教育」「英語コミュニケーション」について学ぶことができます。

【社会科】
 社会科の下にはさらに地理歴史専修公共市民学専修の2専修に分かれています。
 
 ・地理歴史専修
  1,2年次に地理、歴史を網羅的に学んだあと、3年次以降でさらに専門的に深めていくカリキュラムです。
  
 ・公共市民学専修
  幅広い社会科学の知識を持って市民社会を支える人材を育成を目的とします。

【理学科】
 理学科の下にはさらに生物学専修地球科学専修の2専修に分かれています。
 
 ・生物学専修
  生物学全般にわたって深く、広く学習できます。

 ・地球科学専修
  この専修では地球を物質に見立てて、地質学や岩石学などの側面から地球を科学的に研究していきます。

【数学科】
 高校数学を基礎学力とし、現代数学について深く学んでいきます。

【複合文化学科】 
 新しい学科で、文化現象をサブカルチャーまで含め、多面的に分析します。
 英語以外の外国語(ドイツ語・フランス語・中国語・ロシア語・スペイン語から選択)学習し、多面的に物事を見る力を養います。
 文系理系の枠を超えて、課題に取り組む学部です。

参照:早稲田大学HP
   早稲田大学教育学部HP

教育学部の偏差値

教育学部の偏差値は62.5-67.5です!

受験方式や学科によって異なります。

教育学科
 教育学専攻
  教育学専修      67.5
  生涯教育学専修    65.0
  教育心理学専修    67.5
 初等教育学専攻 A方式 67.5
         B方式 65.0
国語国文学科       65.0

英語英文学科       65.0

社会学科
 地理歴史専修      65.0
 公共市民学専修     65.0

理学科
 生物学専修       62.5
 地球科学(地学以外)  62.5
 地球科学(地学選択)  62.5

数学学科         62.5

複合文化学科 A方式   65.0
       B方式   65.0

*A方式は文系系、B方式は理系系です。
次の受験方法に詳細を載せています↓

教育学部の受験方法

教育学部の受験方法は
一般選抜が主な受験方法です。
文系と理系で受験方式がわかれます。

教育、国語国文、英語英文、社会、複合文化/文科系A方式

3教科(150点満点
【国語】国語総合・現代文B・古典B(50)
【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(独・仏選択可)(50)
《地歴》世B・日B・地理Bから選択(50)
《公民》政経(50)
●選択→地歴・公民から1科目

【注!】
英語英文学科の外は英語必須です。
国語国文学科の国語
英語英文の英語
複合文化の外国語の得点は調整後の得点の1.5倍になります!

教育<初等教育学>、理、数、複合文化/理科系B方式

3教科(150点満点
【数学】数I・数A・数II・数B(備考参照)・数III(50)
【理科】「物基・物」・「化基・化」・「生基・生」・「地学基・地学」から1(50)
【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(独・仏選択可)(50)

【注!】
数学科の数学の得点は調整後の得点の2.0倍になります。
複合文化の外国語の得点は調整後の得点の1.5倍になります。
数Bについて「確率分布と統計的な推測」を除く範囲です。

教育学部の入試問題と受験対策

一般選抜は3科目すべて50点ずつの計150点満点です。
合格最低点は学科で異なりますが、最低でもおおよそ90点で6割以上は必要になります。
特に難しいとされる学科では合格最低点が120点/150点となり、かなり難易度が高いです。

今回はA方式、B方式の必須科目となる、「国語」「外国語」「数学」の3科目を紹介したいと思います。

国語

早稲田大学教育学部の国語は国語総合問題・現代文・古典(漢文も含む)で、
大問3~4問、時間は90分です。

現代文
は、評論文と随筆の組み合わせが多いです。
2題出題されることが多く、文章の内容は多岐の分野にわたります。

そして、古典に関しては
幅広い出題の古文と漢文の各1題、あるいは、「古文・漢文融合問題」が1題出題される場合もあります。

「国語総合問題」は小問として出題され、
その内容として、漢字・語句・慣用句(表現)・四字熟語・故事成語・文学史(必出)等の幅広い分野から出題されます。
また、文語文法や和歌修辞等、そして、多様な「古典常識」も問われます。
さらに、「漢文」では背景となっている「思想」や「歴史」までもが出題される場合もあり、広く知識を持っておく必要があります。

<対策>
・知識問題について
 教育学部では前述のように「文学史」が必ず出題されます。独自に知識を持っておくことが必要です。
 また、漢字は書きとりだけではなく四字熟語・慣用句(表現)・故事成語・誤使用の多い語句の意味等も押さえておかなくてはなりません。
 自分が現段階でどのくらいの知識を持っているか知り、それぞれ対策をしましょう。

・現代文
 文章を読んでいくうえで理解し、定着させ、自分の解答方法に応用するために肝心なのは、たくさんの難しい文章に触れ、しっかり復習することです。
 間違った問題は考え方のどの部分で間違ったのか原因を追究し、問題をクリアしていくことで解答の方法を身に付けることが重要です。

 そして、とくに教育学部の問題では、判別しづらい選択肢の問題が多いです。5択で文章の長い選択肢も多いので、根拠を確認しながら進める事が重要です。

・古文・漢文
 古文はまず、文法を徹底的に習得しましょう。その上で、多様な分野の文章に触れ練習を重ねることが大切です。
 また、和歌修辞などの古典常識の習得も必須です。
 漢文は文の構造・訓点・句法等の基礎知識を習得した上で、練習問題を通じて読解力を身に付けましょう。

英語

早稲田大学教育学部の英語は「読解問題が4題と会話文問題が1題」の出題です。
マークシート式、時間は90分です。

英文量が非常に多いです。1つ1つの英文の難易度はそれほど高くはありませんが、かなりの速読力が求められます。
設問内容は内容説明内容真偽などが中心ですが、
年によっては発音・アクセントの問題が出題されることもあります。

<対策>
・集中力
 90分で5題の出題形式のため、単純計算すると1題20分弱で解かなければなりません。
 そのため、速読力はもちろん文章の内容理解をスムーズにできるかがポイントとなります。  
 語彙力を高め、その上で文章を速く読めるための練習をし、段階的に対策しましょう。
 500~700語程度の文章を、1題1題集中して解く練習がおすすめです。

・語彙力
 例年、会話問題が出題されます。一般的な語彙だけでなく、
 日常会話でのみ使われる表現の文も含まれまれるため、会話表現もおさえておく必要があります。

数学

早稲田大学教育学部の数学ⅠA・ⅡB・Ⅲからまんべんなく出題されます。
例年、大問4題時間が120分です。

微分・積分必出で、数列、確率、ベクトル頻出です。
また、証明問題頻出です。

<対策>
・大問1を確実に得点すること
 大問1の小問集合は例年、比較的典型問題です。そして、大問2~4は時間がかかる問題で、記述力も求められます。
   『記述の練習』『苦手分野克服』『計算力』を意識して、練習問題に取り組みましょう。

・時間配分
 早稲田教育学部の数学は試験時間が120分と長いため、どの問題にどれだけの時間がかけられるのか作戦を立てておくことがポイントです。
 過去問で演習しましょう。

卒業後の進路

早稲田大学教育学部教員の道だけでなく、

国内トップ企業や外資系企業や官僚、起業、ベンチャー企業
など非常に幅広い範囲で活躍しています。

大学院への進学も多数あります。

参照:早稲田大学HP
   早稲田大学教育学部HP

まとめ

いかがでしたでしょうか?
早稲田大学教育学部は教員を目指すだけでなく、広く道を選択できる学部でした!

武田塾唐津校のブログでは、早稲田大学だけでなく、他の大学の紹介も行っていますので、
ぜひ見ていってください!

関連記事

早稲田大学商学部まとめ(偏差値・最低点・就職先・受験方式・傾向と対策)

こんにちは!武田塾唐津校です! 本日は、早稲田大学商学部の特徴、問題傾向と対策について紹介していきたいと思います。 目次 早稲田大学について 商学部の特徴 商学部の偏差値 商学部の受験方法 商/地歴・…

【唐津の塾探し】必ず見るべきポイント6選をご紹介

こんにちは!武田塾 唐津校です! &nbsp; 今回は塾探しをする上で、良い学習塾を見つけるための6つのポイントを紹介いたします。 武田塾唐津校の場合どうなのかも紹介していますので、合わせてご確認くだ…

【日本初!授業をしない学習塾】武田塾とはどんな塾なのか?

こんにちは! 武田塾 唐津校です! 開校から数か月が経ちました。 すでに多くの学生が武田塾の勉強法を用いて学習を進めています! 今回は改めて武田塾とはどんな学習塾なのか、ポイントを3つに分けてご紹介し…

【教室の魅力を徹底公開】武田塾 唐津校はどんなところ?

こんにちは 武田塾唐津校です。 開校して約半年(2021年11月時点)、多くの生徒たちが唐津校を利用し 勉強の習慣化、大学受験で戦える力を身に付けていっています。 これまで勉強の習慣化が図れていなかっ…