早稲田大学法学部まとめ(偏差値・最低点・就職先・受験方式・傾向と対策)

唐津校・

こんにちは!武田塾唐津校です!

本日は、早稲田大学法学部の特徴、問題傾向と対策について紹介していきたいと思います。

*本情報は当社調べです。詳しい内容はHPをご覧ください。

早稲田大学について

早稲田大学日本最難関レベルの私立大学です。知名度も高く、知らない人はいないと思います。

早稲田大学には政治経済学部や法学部、近年人気の高い国際教養学部や社会学部などの文系学部のほか、
先進理工学部などの理工系学部、スポーツ科学部といった多種多様な学部があります

歴史もあり、非常に多くの学生が在籍しています。

早稲田大学は各界の有名人も数多く輩出していることでも有名です。

早稲田大学
は、主に4つのキャンパスがあります。

【早稲田キャンパス】
東京都新宿区西早稲田にある早稲田大学のメインキャンパスです。
早稲田大学-早稲田キャンパス1

キャンパス構内には、創設者の大隈重信の銅像や大隈講堂
政治経済学部法学部教育学部商学部
社会科学部国際教養学部の各学部棟や各研究施設などがあります。

【戸山キャンパス】
東京都新宿区戸山にある早稲田大学のキャンパスです。
早稲田大学-戸山キャンパス
文化構想学部文学部の各学部棟、各研究施設があります。

【西早稲田キャンパス】
西早稲田キャンパスは早稲田キャンパス、戸山キャンパスと並ぶ早稲田大学の東京都心部の理工系のキャンパスです。
西早稲田キャンパス – 早稲田大学
理工系が中心で、基幹理工学部創造理工学部先進理工学部の各学部棟、研究施設があります。

【所沢キャンパス】
埼玉県所沢市に位置します。
所沢キャンパス – 早稲田大学
人間科学部スポーツ科学部の学生がここで授業を受けます。

参照:
早稲田大学HP
早稲田大学早稲田キャンパス
早稲田大学戸山キャンパス
早稲田大学西早稲田キャンパス
早稲田大学所沢キャンパス

法学部の特徴

法学部は早稲田大学の中でも歴史ある学部です。
メインキャンパスの『早稲田キャンパス』に法学部の学部棟や研究施設があります。

問題解決・分析能力やコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力を養い、
国際的に活躍できる『リーガルマインド』を持った人材を育成を目標としています。

履修カリキュラムとして、
主専攻副専攻が用意されており、

主専攻には、司法・法律専門職、企業・渉外法務、国際・公共政策があり、
興味や将来の進路に向けて主体的で系統的な履修が可能となっています。

副専攻には、英語圏地域研究、フランス語圏地域研究、思想・言語・表象研究などがあり、
言語能力を身につけ、言語文化圏について、総合的に学習をすることができます。

そして、1年を春学期(春セメスター:4月~)と秋学期(秋セメスター:10月~)の2セメスターに分け、
セメスターごとに各科目の授業が完結する制度である『セメスター制』を導入しているため、
海外留学のプログラムに参加しやすく、外国語教育がかなり充実しています。

参照:早稲田大学HP
   早稲田大学法学部HP

法学部の偏差値

法学部の偏差値は67.5です!

共通テスト利用だと、
得点率85%は必要になってきます。

法学部の受験方法

法学部の受験方法は
一般選抜か共通テスト利用が主な受験方法です。

一般選抜

3教科(150点満点
【国語】国語総合・現代文B・古典B(50)
【外国語】コミュ英I・コミュ英II・コミュ英III・英語表現I・英語表現II(60)
《地歴》世B・日Bから選択(40)
《公民》政経(40)
《数学》共テ(40)
●選択→地歴・公民・数学から1科目

数学に関しては、共通テストを受けなければなりません。

共通テスト利用

共通テスト

5~6教科6~7科目(800点満点
【国語】国語(200)
【数学】数IA(100)
【理科】物基・化基・生基・地学基から2,または物・化・生・地学から1(100)
 ※理科は,「基礎2科目」または「発展1科目」から選択
【外国語】英・独・仏・中から1[リスニングを課す](200[100])
《地歴》世B・日B・地理Bから選択(100)
《公民》現社・倫理・政経・「倫理・政経」から選択(100)
●選択→地歴・公民から1科目

個別試験

ありません。

法学部の入試問題と受験対策

一般選抜の合格最低点は、150点分の92点です。(2021年度)
6割以上は確実に点数を取らないといけません。

今回は、一般選抜の必須科目である「国語」「外国語」について、問題と対策を紹介します。

国語

まず、問題の基本情報として、
・現代文・古文・漢文
・大問4題
・マークシートと記述
・試験時間90分
であり、難易度は早稲田の中でも高いです。

例年、現代文は評論が2題出題され、非常に高度な内容です。
そして、特徴として字数制限付きの説明問題です。字数は年度によって異なりますが、
記述問題が出題されています。

<対策>
・古文・漢文
 内容自体を理解できても、問題の選択肢が難しいです。
おおまかに内容を理解するだけでなく前後関係をよく見て、
正しい解答を導くようにしましょう。

・現代文
早稲田法学部の現代文は高度な内容の評論であるため、読み慣れていないと読解に時間がかかります。
普段から、難しい論理的な文章に多く触れておくことが必須です。

そして、説明問題は、時間的にも余裕が無く、難易度の高い問題です。
同様の問題に慣れることが重要です。

英語

まず、問題の基本情報として、
・大問7題
・マークシート
・試験時間90分
です。

例年、大問7題のうち3題は「文法」の出題で、空所補充2題と誤り指摘1題となっています。
そして、2題は「長文問題」で論説文が多くなっています。文章の量が非常に多いのも特徴の一つです。
残り2題が「英作文」です。自由英作文が出題され、グラフの説明や読み取り、それに関連したテーマでの自由記述です。
テーマは時事的、社会的なものが多くなっています。

<対策>
・英文法
レベル的には標準レベルの問題が出題されるため、基礎を完璧に
そして、過去問レベルは完全解答できるようにしていくことが重要です。

・長文
文章量が多いため「速読力」が求められます。
加えて、細かい文法の知識など、高い読解力が必要です。

1文ずつ正確に読み取り、段落ごと→文章全体の内容を正確に把握する練習をしましょう。

・英作文
ケアレスミスをなくすこと!英語ははっきり記す部分が多いです。

内容の質を高めることはもちろんですが、
日頃から、書き忘れなどのケアレスミスをしっかり防ぐことを意識し、
丁寧に英作文を書いていきましょう。

卒業後の進路

早稲田大学法学部は非常に就職に強いです!国内トップ企業や外資系企業や官僚、起業、ベンチャー企業
などに好印象をもたれることが多いです。

他にも、公務員や法科大学院への進学も多数あります。

参照:早稲田大学HP
   早稲田大学法学部HP

まとめ

いかがでしたでしょうか?
早稲田大学法学部は国内難関レベルの私立大学の中でも、特に人気の学部になっています。
法律はもちろん、外国語に関して、幅広く学ぶことのできる環境が整っています。

武田塾唐津校のブログでは、早稲田大学だけでなく、他の大学の紹介も行っていますので、
ぜひ見ていってください!

関連記事

早稲田大学国際教養学部まとめ(偏差値・最低点・就職先・受験方式・傾向と対策)

こんにちは!武田塾唐津校です! 本日は、早稲田大学国際教養学部の特徴、問題傾向と対策について紹介していきたいと思います。 目次 早稲田大学について 国際教養学部の特徴 国際教養学部の偏差値 国際教養学…

【唐津の塾探し】必ず見るべきポイント6選をご紹介

こんにちは!武田塾 唐津校です! &nbsp; 今回は塾探しをする上で、良い学習塾を見つけるための6つのポイントを紹介いたします。 武田塾唐津校の場合どうなのかも紹介していますので、合わせてご確認くだ…

【日本初!授業をしない学習塾】武田塾とはどんな塾なのか?

こんにちは! 武田塾 唐津校です! 開校から数か月が経ちました。 すでに多くの学生が武田塾の勉強法を用いて学習を進めています! 今回は改めて武田塾とはどんな学習塾なのか、ポイントを3つに分けてご紹介し…

【教室の魅力を徹底公開】武田塾 唐津校はどんなところ?

こんにちは 武田塾唐津校です。 開校して約半年(2021年11月時点)、多くの生徒たちが唐津校を利用し 勉強の習慣化、大学受験で戦える力を身に付けていっています。 これまで勉強の習慣化が図れていなかっ…