大学受験の科目の優先順位って何?定期テストの対策はどこまで必要?

一之江校・

 


一之江校(塾・予備校)の詳細はこちら↓

誘導バナー_一之江校

こんにちは!

都営新宿線 一之江駅にある、大学受験予備校・個別指導塾の武田塾 一之江校です!

 

受験相談でよく質問をされる内容について書いてみました。

今回は、『各教科の優先度について』です。

悩んでいる方は参考にしてください!

 

 

どの教科から勉強を始めれば良いのかわかりません。

 

相談内容の一部

母「本人は文系に進みたいみたいなんですけど、数学の試験が赤点ギリギリで・・・」

「不安なので数学もやらせたいんですが、何を優先すれば良いのでしょうか。」

 

生徒「どうせ受験で数学は使わないし・・・」

「単位を落とさなきゃいいかなって感じです・・・」

 

具体的な改善方法

受験までの時間から考えましょう。

高1、高2で受験まで多少のゆとりがあって、推薦入試も視野に入れる可能性が少しでもあるのであれば、定期テストの対策から始めた方が良いです。

受験で使わないし、苦手科目だからといって放置していると、万が一推薦入試で受験をする場合に不利になるケースもあります。

 

また、中学生も定期テストの対策を重点的にやりましょう。

高校入試では、内申点も非常に重要になってきます。

苦手科目だからといって諦めるのは勿体ないですよ。

 

逆に、受験までの時間にゆとりがない場合、受験科目に絞って勉強をするというのも選択肢の一つです。

その場合の科目の優先順位ですが、私立大学志望で

文系の場合、英語>国語>社会

理系の場合、数学>英語>理科

というイメージです。(あくまでイメージです。志望の学部や得意科目によって変動します。)

 

国公立大学志望の場合ですが、基本的には2次試験で使う科目から優先的に取り組みましょう。

文系の場合は、英語>数学>国語

理系の場合は、数学>英語>理科

というイメージでしょうか。(あくまでイメージです。志望の学部や得意科目によって変動します。)

 

国公立文系志望なのに国語や社会よりも数学を優先する理由は、単純に習得まで時間がかかるからです。

「共通テストでしか使わないから、夏以降でいいや・・・」

と考えていると間に合わないケースが多いので気をつけましょう。

 

自分の状況だと何を優先するべきなの?

具体的にアドバイスがほしいという方は無料受験相談にお越しください↓

無料受験相談

 

 

最後に

受験までの時間は長いと思っていてもあっという間に過ぎ去ってしまいます。

受験直前になって後悔をしないように、計画的に勉強を進めていきましょう。

 

『受験勉強を頑張りたいけど、誰かにサポートしてもらわないと…

『絶対にこの大学に逆転合格したい…』

『勉強のやり方があっているのかわからない…』等、

もし、上記のような悩みを持っていたら、

是非、無料受験相談におこしください!

 

↓↓↓無料受験相談はこちらをクリック!↓↓↓

無料受験相談

武田塾一之江校オフィシャルサイト

——*…*——*…*——*…*——*…*——

日本初! 授業をしない塾 武田塾一之江校

参考書最強を唱え、無駄な授業を撤廃。

偏差値30台からの、逆転合格。最速の勉強法を知りたい方は、「無料受検相談」まで!

一之江で個別指導塾・予備校を探すなら

『日本初!授業をしない』武田塾。

〒132-0024
東京都江戸川区一之江8-17-4
第6モロビル 2F
都営新宿線 一之江駅 A3b 徒歩2分
TEL:03-6231-5534
FAX:03-6231-5534
Mail:ichinoe@takeda.tv
URL:https://www.takeda.tv/ichinoe/

無料受験相談受付中!

武田塾一之江校で受験相談

——*…*——*…*——*…*——*…*——

関連記事

thumbnail

  目次 推薦入試と一般入試 どちらを受けるべき? 推薦入試と一般入試 どちらを受けるの? 推薦入試の特徴・メリット・デメリット 推薦入試の特徴 指定校推薦 公募推薦 AO入試 推薦入試のメ…