【合格体験記】偏差値47から半年で福島県立医科大学合格!!

福島校・

こんにちは、武田塾福島校です。

今回は、福島県立医科大学に合格したM.Mさんの合格体験記をお伝えします。

 

先輩の合格体験記を参考にしてみてください!

 

278603669_400017154988341_6930713382660777209_n

名前: M.Mさん(写真左)

高校:山形県立米沢興譲館 卒

合格大学福島県立医科大学看護学部  
     武蔵野大学看護学部

入塾時期:2021年8月

 

Q. 武田塾に入る前の成績は?

A. 入塾時期:2021年8月 偏差値45~47

数学→公式をうまく利用できないため解き方の根拠の目途が立たない

英語→単語力、文法力がないため長文を読むのに時間がかかってしまう

理科→基礎が身についていない

Q. 武田塾に入ったきっかけは何ですか?

A. 高3の6月マーク模試の結果があまりにも悪く、自分に合った勉強方法も確立していなかったため。

家からのオンライン授業でも受講できるという点でも良いと思った。

Q. 武田塾にはいってから勉強法や成績がどのように変わりましたか?

A. ただただ机に向かう時間が長いだけの勉強から、計画的に勉強を進められるようになった。
同じ参考書を完璧になるまで繰り返し利用することで自分の苦手なところが明確になり、対応しやすくなった。

数学→1度解いても分からなかったり間違えたりした問題を解きなおすことで、初見の問題を解いても解き方の目途を立てられるようになった。

英語→単語は似たような綴りや同じ意味の単語を参考書に書き込んで自分だけの1冊を作り、文法も早めに固めておいたということで共通テストにも対応できた。

理科→基礎知識を定着させました。生物については一連の流れとして覚えることで力をつけた。化学も計算ミスなどはどこでつまづいたかをしっかりと振り返るようにした。

Q. 担当の先生はどうでしたか?

A.校舎長は勉強のアドバイスやスケジュールの組み方を親身になって教えてくださりました。志望校を決める際にも私の得意科目を生かせるように考えてくださり、相談もしやすかったです。

数学 英語の先生は基礎固めの対策をしっかりとってくださり、書き込みの大切さも教わりました。共通テスト前は私の緊張を和らげるために話を聞いてくださったり応援メッセージを書いて頂いたこともあり、とても励まされました。

生物化学の先生は、確認テストや学校での分からない問題を図に書いて分かりやすく丁寧に教えてくださいました。私が分かりにくいところは例を用いてイメージしやすくしてくださったりもしました。とても穏やかで優しい先生です。

Q. 武田塾での思い出を教えてください!

A. ほぼオンラインの受講でした。

家からの受講でも塾の時間はいつも家に入る感じとは異なり、緊張感をもって集中して取り組めました。

また、何度か塾を訪れた際には他の受験生をみて、自習室で頑張っている姿に私も励まされました。

Q. 好きな参考書ランキングベスト3!

第1位:システム英単語

どんなところでも読めるのがいいです。

英語はやっぱり単語力だと思うのでまずはこれで力を付けました。

 

第2位:リードLightノート生物

単元ごとにまとめてあるページがあるので復習がしやすいです。

この参考書に取り組む際には、参考書には書き込まずノートに解いてみて何度も使えるようにするのがおすすめです。

 

第3位:肘井学の読解のための英文法

基礎問題から入試問題まであるのでレベルに応じて使うことが出来ます。

 

Q. 来年度以降の受験生にメッセージをお願いします!

継続は力なり!!

武田塾とは?

武田塾は「授業をしない」という独自のスタイルで、偏差値30台・E判定からでも短期間で難関大学に逆転合格を可能にする予備校です。

校舎にて行われる特訓は「先生1名:生徒1名」の完全個別指導。1週間の自習計画を作成し、どのように進めていくか勉強のやり方を指導します。1週間後に自習内容の定着を確認する確認テストをテストを行い、そのテスト結果をもとに次の1週間の自習計画・宿題を作成します。

成績を上げるには自習が一番良い」という考えで、生徒自身が一人で効率よく勉強できるようになることを目標にしています

 

なぜ授業を行わないのか?

そもそもなぜ授業を行わないのかというところからお話しします。

結論から言うと、授業を受けるだけでは成績を上げるのが難しいからです。

高校では、1年間で概ね1000時間もの授業を受けます。

「こんなにも長い時間授業を受けているのか!?」と驚かれたと思います。

しかし年間1000時間授業を受けても、その分成績が上がったとなかなか実感できないですよね。

 

なぜ成績が上がらないのか?

年間1000時間も授業を受けているのに、

なぜ成績が上がらない理由はなんでしょうか?

それは、勉強が「わかる」の段階で終わってしまっているからです。

多くの人が、授業を受けて「わかった」状態になり、解けるようになった気になってそのまま次に進んでしまっているのです。

 

どうしたら成績が上がるのか?

 

01

学習には、わかる→やってみる→できる、の3つの段階を踏むことが重要です。

授業を受けて(わかる)、復習を行い(やってみる)その後同じ問題や類題を自力で解けるようになる(できる)まで繰り返す。この一連のサイクルが習慣付いている人は、成績が上がっていきます。

そして武田塾では、日々「完璧にできる」ようになるまで徹底的に勉強してもらいます。

この「完璧にできる」ようになるということが非常に重要で、1つのミスが命取りになる難関大学受験においては、日々の学習の完成度を完璧にするか否かで合否が分かれます。

今からやって間に合うの?

PAK105215423_TP_V

成績の上げ方が分かったから、今日から実践してみようと思っても、すでにできている人との差は埋まりません。

他の人と同じ授業を受けて今日から復習を始めても、以前からしっかり復習等を行ってきた人との差は平行線のまま縮まらないのです。

 

効率よく勉強するしかない

02

できる人との差をひっくり返して逆転合格するには、より効率よく勉強するしかないのです!!

そこで武田塾では、市販の参考書を使用して自学自習で勉強してもらいます。

参考書を使えば、授業の何倍ものペース勉強を進めることができます。また聞き漏らしなどのリスクもありません。気になる箇所があれば、いつでも何度でも読み返すことができます。

参考書を使いながら授業の何倍もの速さで、わかる・やってみる・できるの3ステップを踏んでいけば、逆転合格が可能になるのです。

 

武田塾福島校でのサポート体制

武田塾で使用する参考書は市販のものなので、通塾せずに自力でやろうとすればできるかもしれません。

ただ、世の中に大量に出版されている参考書の中から自分に最適なものを選び、学習ペースやスケジュール管理、定着度の確認などすべてを自力で行うのは相当な労力が必要です

そこで武田塾福島校では、下記のようなサポートを細かく行っています。

・各自のレベルにあった参考書の選定

・1日単位のカリキュラム作成

・日々の学習内容の確認テスト

・テスト結果に対する個別指導とフィードバック など

 

メンタル面もしっかりサポート

022Yamasha17103_TP_V

勉強をしていて、精神的につらくなったり落ち込んだりしたことはありませんか?

受験で追い込まれて不安になったり、つらく心が折れそうになると本当に大変ですよね。

松戸校では、一人一人のメンタル面もサポートするために、確認テストが連続で不合格の子や宿題をやってこない子などを対象に面談を行っています。

面談では皆さんの身体と心の健康を維持できるように個別にヒヤリングを行い、何かしらの兆候があれば即対応を行っていきます。

 

このように松戸校ではスケジューリングからメンタル面までサポートを徹底して行いますので、皆さんはカリキュラム通り勉強を進めて、完成度を上げていくことに専念することができます。

 

以上が武田塾の概要ですが、福島校についてもっと詳しく知りたい、今現在こういう状況だけどどうしたらいい?など気になることやお悩みがあると思います。

そこで武田塾福島校では受験相談も随時行っております。

受験相談では、実際の校舎の様子や雰囲気を直接見ていただき、勉強についてのお悩みや、具体的な勉強方法などお困りの点、疑問点に個別にお答え致します。

何となく気になるので見てみたい、などでも大歓迎です!

下記お申込みよりお気軽にお申し込みください。

武田塾 こんな方におススメ!

自分一人だとサボってしまいそうな人

・勉強の方法がわからない人

・大手の塾や予備校に通ったけど、伸びなかった人

・短期間で成績を上げたい人

こちらの4つにあてはまる方、ぜひ武田塾の無料受験相談にお越しください。

 

無料受験相談実施中!

女鹿校舎長

武田塾では、無料受験相談を随時実施しております。

志望校に逆転合格する勉強法
あなたにぴったりの参考書紹介
武田塾の詳細や料金説明 などなど…

受験や勉強に関するお悩みがある方は、ぜひお気軽に近くの武田塾までお問い合わせください。

無料受験相談

//////////////////////////////////////////////////

武田塾 福島校
福島県福島市本町2-8 リード本町ビル4階
電話 024-524-3811
E-mail fukushima@takeda.tv
URL https://www.takeda.tv/fukushima/

//////////////////////////////////////////////////