【旧AO入試】総合型選抜について独断と偏見で語ります

出町柳校・

【旧AO入試】総合型選抜について独断と偏見で語ります

annie-spratt-4-4WPFLVhAY-unsplash

この記事は約5分で読めます

こんにちは!

左京区の京阪「出町柳駅」から徒歩2分のところにある、学習塾・予備校の武田塾出町柳校の平井です!

今回はですね

昨今話題の総合型選抜についてお話していきたいと思います。

高校生の皆さんはですね

受験方式が昔とどんどん変わってきて

激動のど真ん中にいるので

毎日変化との戦いでボロボロになったゴボウみたいになってると思うんですけど。

まあ大きく方式が変わったのって2つかなと思ってまして

まずは共通テストですね。

単純暗記で乗り切れたセンター試験から思考力まで試される共通テストに

変わりましたと。

あとはやっぱり総合型選抜ですね。一芸入試といわれたAO入試から変わって

総合型選抜が導入されたんですね。

導入されたはいいんですけど

総合型選抜って結局なんやねんみたいな

こういう風に思ってる人も多いと思いますと。

なので今回はですね

総合型入試とは何ぞやという話と

総合型入試は本当に良い制度なのかを

私の独断と偏見で語っていけたらなと思います

それでは一緒に見ていきましょう。

無料受験相談

1,総合型選抜とは

lycs-architecture-U2BI3GMnSSE-unsplash

総合型選抜って何ぞやってところなんですけど

まずAO入試と違うところはざっくり言うとですね

学力が重視されるかされないかの違いですと。

AO入試は学力はそこまで重視されてなくてその他功績が重視されたんですけど

総合型選抜は学力もプラスアルファで重視されるようになりましたと。

総合型選抜は

「大学側が自信の学校理念と合致する生徒を入学させるために行う選抜」

と思ってもらえたら大丈夫です。

試験形式としては基本的に

志望理由書・調査書、面接、小論文によって行われますと。

ただ学校によっては学力試験の実施やグループワークなど選考内容は多岐にわたります。

めちゃくちゃ大事になってくるのがアドミッションポリシーの確認ですね。

アドミッションポリシーっていうのは

大学が出してる「こんな人に入学してほしいぜ」みたいな基準ですね。

ここをめちゃくちゃ読み込んで

それに沿った経験や目標などを面接なり小論文で書き出していくみたいな

こういう対策が必要になってきますと。

無料受験相談

現状特になにか秀でた実績がなくても狙える

総合型選抜となると

部活で全国に行ってたり数学オリンピック出てたりみたいな

こういうスーパーマンしか無理みたいに思ってる人結構いると思うんですけど

実は全然そんなことなくてですね

しっかりと傾向と対策を踏まえてた受ければ

全然合格できる可能性はありますと。

ただ普通の一般試験とは対策の方法が全然変わってくるので

総合型も一般も両方受けるというのは

あまり良くないですと。

2,総合型選抜は良い施策なのか

jason-goodman-wVh5grSMYaY-unsplash

ここからはまあ私の独断と偏見のお話なんですけど

総合型選抜は本当に良い施策なのかという事について

話していきたいと思いますと。

そもそもですね、AO入試もそうなんですけど

何で導入されたかというと

学生の多様性を広げるため

なんですね。

従来のペーパーテストだけだと評価基準が学力に偏ってしまうので

他の評価基準を設けようと。

それで導入されてきたのがAO入試なんですね。

そして今年になって総合型選抜になって

この枠が徐々に増えていると。こういう状況になってます。

まあ多様性というのはめちゃくちゃ大事だと思いますと。

ただですね、この総合型選抜が本当に多様性を広げることに貢献しているかって言われると

案外微妙なんじゃないかと思ってるんですね。

これ何でかっていうと

総合型選抜っていわば

大学行くのに目的があって、ボランティアとか部活とか勉強を両立してる

なんかキラキラスーパーマンみたいな

こういう人たちばっかり受かっていくんですね。

これは多様性なのかなと疑問に思いましたと。

それに対して結構ディスられてる学力テストのほうはですね

どんな人間であれ点数さえ取ってしまえば受かるんですね

金持ちだろうが貧乏だろうが性格が崩壊してようが成人だろうが

点数だけが評価基準なので

こっちのほうが多様性あるんじゃないかと思います。

今や教材のコストも非常に低くなっていますし

勉強法などはyoutubeでたくさん流れてます。

なので金銭的に余裕がなくても全然勉強はできますし

圧倒的に不利だとかそういうのはないですと。

なので案外ペーパーテストは多様性を担保してくれる仕組みなんじゃないかなと

そう思います。

無料受験相談

3,総合型でなく特化型、または試験をなくしちゃう方がいいのでは

changbok-ko-F8t2VGnI47I-unsplash

総合型じゃなくて特化型のテストなんかあったら

面白いんじゃないかなと思っていてですね。

例えば勉強は嫌いで出来ないけどサッカーだけめっちゃ頑張ってるけど

チームとしては結果残せてないみたいな人がですね

リフティングの回数だとかドリブルのテストみたいな

サッカー1点特化のテストで受験するとか

他の教科は全然できないけど数学だけめちゃくちゃできるみたいな人は

数学の問題だけで特化して受験するだとか

あらゆる物事について1点特化で評価するっていう

こういう入試があれば多様性は担保されるんじゃないかと思います。

あとはもうテストを全廃にしてしまうのもいいんじゃないかと思ってまして。

日本って大学に入るのは難しいんですけど

卒業するのは結構簡単なんですね。

なので逆にですね

誰でも入れるけど、単位何個落としたらだとか

テストの点数何点以下は退学みたいな

こういう制度作ったら多様性も担保されて質も上がるんじゃないかと。

そう思ったりしてます。

4,さいごに

いかがだったでしょうか!

今回は

総合型選抜について独断と偏見で語りました。

色々受験の形が変わって不安に思うかもしれませんが

学力系のテストに関してはしっかり本質を理解する勉強法をしていれば

何の問題もなく突破できます。

本質を理解するって何なのかという事についてよくわからないという方は

武田塾出町柳校の無料勉強相談をご利用ください!

フランクな個別カウンセリングなのでお気軽にお問い合わせください

下のボタンから約1分でお申込できます。

無料受験相談

【武田塾ってこんな塾です!】

出町柳校では、随時無料受験相談を行っております。

下記の無料受験相談フォームにご入力いただくか、出町柳校(0563-65-0789)に直接お電話ください!

無料受験相談電話番号
075-708-8303
(受付時間 14:30~21:30)

住所
〒606-8204
京都府京都市左京区田中下柳町3-15
aymマンション1F
最寄り駅
京阪本線 出町柳駅 徒歩2分
叡山電鉄 出町柳駅 徒歩1分
通塾エリア
吉田、下鴨、御所南、東山本町、銀閣寺道、修学院、松ヶ崎、岩塚、岩倉
塾の種別
完全個別指導,自立学習,大学入試,予備校,塾
image (5)