甲南大学のおすすめの併願校・滑り止め校はどこ?徹底解説!

出町柳校・

甲南大学のおすすめの併願校・滑り止め校はどこ?徹底解説!

Konan_University3

HPより引用

この記事は約5分で読めます

こんにちは!

左京区の京阪「出町柳駅」から徒歩2分の所にある、学習塾・予備校の武田塾出町柳校の平井です!

今回はですね、

甲南大学を志望する生徒がどう併願校を選べばよいのか

を徹底的に解説していきます!

「志望校は甲南大学に決まったけど、併願校はどこを受けたらいいですか?」
「そもそもみんな平均で何日程受験してるのでしょうか?」
「浪人したくないけど、どう受験校を選べばいいか分からないです...」

そのような方々も多いのではないでしょうか?

読み終わる頃には上のすべての疑問にお応えできていれば嬉しいです!

無料受験相談

 

1,まずは併願校選びの基礎(前提)をざっくりと知る

element5-digital-OyCl7Y4y0Bk-unsplash

前期入試を受験する日程の平均は「8日程」!

前提として、私立の前期入試を受験する受験生は平均で8日程受験する、

ということは押さえておきましょう。

こちらは平均になりますので、実際にはこれ以上でもこれ以下でも構いません。

受験料の問題もありますので、ご家庭の事情によっても変わってくると思います。

もちろん、一つでも多くの合格通知を得るには、受験の数が多いに越したことはありません。

この記事では平均8日程受けるのを前提として、併願校選びを考えていきます。

ホームランだけではなくヒットも狙う!

次には「どのレベルの大学」「どれだけ(何回)」受験するのかを考えていきます。

自分にとって志望校(いわゆる、挑戦校)ばかり受験するのは、

ホームランだけ狙ってバットをフルスイングし続けるようなものです。

当たれば大きいですが、当たらない可能性が大きいです。

浪人を避けたいのであれば、しっかりとヒットを狙っていく。

そういう戦略が大切になります。

その戦略の一つが「ダイヤモンド型受験」と言います。

河合塾や受験雑誌「蛍雪時代」でも勧められている戦略です。

「ダイヤモンド型受験」とは!?

ダイヤモンド型受験とは、

自分が受験する大学を

「挑戦校」・「実力校」・「安全校」の3つに分け、

それぞれ受験する配分をダイヤモンド型に例えた受験方法のことです。

下の画像がダイヤモンド型受験の一例になります。

ダイヤモンド型受験(簡易)

8日程受験すると考えるなら、そのうちの

2日程挑戦校 (D,E判定 or 偏差値+2.5以上)

4日程実力校 (B,C判定 or 偏差値±0~-2.5)

2日程安全校 (A判定 or 偏差値-5以下)

に配分していきます。

実力校であるC判定の大学は合格の確率が50%なので、

4日程も受験すれば全落ちするのは6.25%(16分の1)の確率になります。

より確実にヒットを狙えます。

2回の安全校受験のうち、

1回は共通テスト利用で受けておけばインフルエンザ対策になります。

一般入試も受けておけば、

共通テスト利用の合格最低点が上がってしまったときのリスクを回避でき、

しっかりと安全校を押さえられるのでオススメです。

2,この戦略を”甲南大学”に当てはめてみる

engin-akyurt-bPiuY2ZSlvU-unsplash

それでは実際にこの

「ダイヤモンド型受験」を甲南大学に当てはめてみます!

今回はもしあなたが河合塾基準で

法学系を目指す偏差値52.5の生徒

であった場合の話をしていきます。

なお、このブログでは関西の大学に焦点を当てていますので、

あえて関東の大学は外しています。

また、見やすさを考慮して、法系以外の学部も表から外しています。

もちろん、同じ甲南大学であっても、

学部によっては実力校枠や安全校枠に入ってくることもあります!

 

【例】甲南大学の法学系を目指す偏差値52.5の生徒の場合 

挑戦校(偏差値55以上)

・甲南大学 法部 (偏差値55)

実力校(偏差値52.5~50.0)

・京都産業大学 法学部 (偏差値52.5)
・京都女子大学 法学部 (偏差値52.5)
・龍谷大学 法学部(偏差値52.5)
・大谷大学 政治経済学部(偏差値52.5)
摂南大学 法学部(偏差値50.0)

安全校(偏差値47.5以下)

・大阪経済法科大学 法学部(偏差値47.5)
・桃山学院大学 法学部(偏差値47.5)

いかがでしょうか?このように挑戦校・実力校・安全校を当てはめていけば、

併願校選びがかなり楽になったのではないでしょうか?

これを例として、あなたも併願校選びを考えてみてください。

3,最後は必ず過去問を解いて判断する

gabrielle-henderson-5HqtJT2l9Gw-unsplash

さて、これである程度どこを受験したらいいのかが分かりました。

でも、偏差値だけで最終決定するのは危険です。

それは、大学によって入試問題の形式や難易度が異なるためです。

併願校の目星をつけた後は、必ずそれらの大学の過去問を解き、

自分と相性の良い問題を出題する大学を見つけましょう。

直前期の貴重な時間を割かないといけないので、「そんな時間ないよ!」と思う人もいるでしょう

しかし、この時間を惜しんではなりません。

その時間を勉強に当てる以上に、合格の可能性が上がることをお約束します。

今までのことをまとめると、

・ダイヤモンド型を意識して併願校に目星をつける

・必ず過去問を解いてから最終的なジャッジをする

この流れを大切にしてください。

これらを実践すれば、あなたの合格の可能性はグンと上がること間違いありません。

あなたがひとつでも多く、勝利を掴み取ることができるように願ってます!

4,さいごに

さて、いかがでしたでしょうか。あなたの併願校選びの参考になりましたでしょうか。

こちらの記事は、実際に武田塾出町柳校で行われている面談の内容を一部紹介したものです。

実際の面談では、それぞれの生徒の希望や本人の成績を見比べながら、

より具体的なアドバイスをしていきます。

もし「自分のためのもっと具体的なアドバイスを聞きたい!」であったり、

そのほか受験や勉強、定期テストに関することで悩んでいることがありましたら、

ぜひ武田塾出町柳校の無料受験相談にお越しください。

下のボタンから1分ほどで申し込めます。皆さんとお会いできるのを楽しみにしております!

無料受験相談

【武田塾ってこんな塾です!】

出町柳校では、随時無料受験相談を行っております。

下記の無料受験相談フォームにご入力いただくか、出町柳校(0563-65-0789)に直接お電話ください!

無料受験相談電話番号
075-708-8303
(受付時間 14:30~21:30)

住所
〒606-8204
京都府京都市左京区田中下柳町3-15
aymマンション1F
最寄り駅
京阪本線 出町柳駅 徒歩2分
叡山電鉄 出町柳駅 徒歩1分
通塾エリア
吉田、下鴨、御所南、東山本町、銀閣寺道、修学院、松ヶ崎、岩塚、岩倉
塾の種別
完全個別指導,自立学習,大学入試,予備校,塾
image (5)